ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

夕食時が効果的!大豆ダイエットで-5kg痩せた成功するやり方・ポイント

更新日: 2018年11月03日

小皿と匙に盛られた大豆

大豆ダイエットを実践して-5kg痩せることができた体験談を元に、効果的なやり方や成功させるコツを詳しくお伝えします。

大豆食品を使ったダイエットは、食材も豊富にありますし、調理方法もバラエティに富んでいるので、いろいろな味を楽しみながら綺麗にダイエットができます。

大豆ダイエットのやり方の説明から、実践して成功した人・失敗した人のそれぞれの理由、筆者が実際に挑戦してみて分かった大豆ダイエットを成功させるポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

大豆ダイエットとは?

大豆食品

大豆ダイエットとは、大豆を加工した食品を積極的に摂取するというとても簡単なダイエット方法です。大豆で作られている食品は、豆乳や豆腐、納豆などいろいろありますので、飽きないで行えます。
食べながら痩せられるというのが最大のポイントです。

例えば、豆腐のカロリーは、木綿豆腐半丁で100kcal程度しかないので、カロリーカットを期待できます。

カロリーだけではなくて大豆に含まれている成分がダイエットを助けてくれる効果があるということで、危険性もなく健康的にダイエットを成功させることができます。

豆腐やおから等は、比較的腹持ちも良い食材なので、ダイエットが続かなくて、リバウンドを経験するという危険性も少ないです。

大豆ダイエットの効果は3つ

大豆ダイエットは、様々な要素が関係して体重を落とすことが出来ます。
太っている原因は人によって異なりますが、様々な原因の対処に向いているダイエット方法です。

大豆に含まれているカロリーや成分で総合的にダイエット効果を引き出すことができるのです。

カロリーを大幅カットできる

カロリーカットのイメージ

大豆ダイエットの効果ですが、まず最初にカロリーを抑えることができるので、普段主食でかなりのカロリーを摂取している人にとっては、短期間で効果が体感できます。

特に豆腐や納豆はカロリーが少ないので、毎日一回の主食を豆腐に変えてダイエットに短期間で成功することも可能です。

その他にも大豆に含まれている成分に注目することができます。

大豆レシチンがダイエットに効果的

例えば大豆に含まれている大豆レシチンは、中性脂肪を減らすという効果がある成分ですから、ダイエットに最適であるということが分かります。

さらに、この成分は血行促進を助ける効果もありますので、むくみを防いで痩せるという結果も期待できます。

大豆オリゴ糖で腸内環境を良くする

大豆オリゴ糖は豆腐にたくさん含まれていますが、腸内の善玉菌やビフィズス菌を増やすことに貢献してくれる成分です。

豆腐(冷奴)

腸内環境が良くなればお通じが改善されるので、便秘が原因で太っていた人は、大豆ダイエットをすることで老廃物をスムーズに排出でき、結果としてダイエットに成功する場合が多いです。

スポンサーリンク

大豆ダイエットの口コミからわかる成功の秘訣

大豆ダイエットの口コミに関して調べてみると、かなり多くの人が成功しています。

成功している人たちの共通点を探してみると「調理方法を工夫することによって成功した」「お米を食べないでも空腹感を感じない」という点が挙げられます。

まず、「調理方法を工夫することによって成功した」という人の口コミを確認してみると、インターネットの大豆料理レシピを参考にしている人が多いです。

やはり大豆を中心とした料理を毎日食べていると、必ず飽きてしまう時が来るということです。

しかし、そこで辞めてしまうとダイエット効果を継続することができないので、いかにして調理方法を工夫するかということがポイントになりそうです。

工夫している人たちのアイデアの中には、醤油やポン酢、味噌などさまざまな調味料を駆使しながら毎日の大豆料理に変化をもたらしています。

納豆や豆腐、おから料理もアイデア次第で飽きずに楽しむことができるようです。

例えば、豆腐をメインとして大豆ダイエットをする場合、中には湯豆腐だけで成功したという人もいますが、特に若い人は湯豆腐だけでは長続きせずに、調味料を工夫しながら豆腐を焼いたり煮たりして、食事を楽しみながらダイエットをしていることがわかります。
大豆ダイエットは工夫して楽しみながら続けるということがポイントです。

関連記事

湯豆腐ダイエットで1ヶ月に5kg痩せた方法!効果的なのは1日2食の置き換え

「お米を食べないでも空腹感を感じない」という人の共通点に関してですが、ほとんどの人が豆腐を中心にして大豆ダイエットを行っています。

お米の代わりに木綿豆腐を半丁程度食べて、その他に大豆料理や豆乳を飲むという方法が多いです。

関連記事

豆乳ダイエットで-20kgに成功!正しい飲み方なら必ず痩せる?

最初は空腹感に耐えることを覚悟している人が多いですが、ゆっくり味わって食べることによって、空腹感はほとんど感じず、思ったよりも満腹感が長持ちするという感想が多いです。

空腹感に関してはもちろん個人差がありますが、口コミの多くで空腹感に耐える必要がなかったと書かれているので、豆腐という食材の腹持ちの良さが証明されています。

関連記事

豆腐ダイエットで成功する秘訣!管理栄養士推奨のやり方とは?

逆に失敗してしまった人の口コミを見てみると、毎日湯豆腐にしていたので途中で飽きてしまったとか、納豆と豆乳で続けようとしたが長続きしなかったなど、やはり調理に工夫をしなかった人の失敗例が多いです。

さらに、これは極端な例だと思いますが、冷奴など大豆系の食材を食べているとお酒を飲みたくなってしまい、結局ダイエットに成功できなかったという失敗談もありました。

大豆製品を食べ続けてダイエットするという簡単な方法ですが、長く続けるためにはそれなりの工夫が必要ですし、誘惑に負けないメンタルの強さも必要だということを学び私自身も大豆ダイエットにトライしました。

大豆ダイエットの体験談

私の大豆ダイエットの体験談ですが、もともとは身長162センチの、体重が55キロという体型でした。

置き換えダイエットにする必要もないのですが、なるべく短期間で結果を出したいと思ったので、夕食のお米を豆腐に置き換えてやってみることにしました。

擦り下ろした生姜を豆腐に乗せている

もともと夕食にカロリーの高いものを食べる傾向がありましたので、夕食を豆腐中心のメニューに代えて、3ヶ月間頑張ってみることにしました。
そして、朝には豆乳を忘れずに飲みました。

豆乳を飲む女性

大豆製品の調理法

大豆製品の食べ方に関しては、豆腐料理の口コミを中心に見て学んでいたので、湯豆腐にしたり豆腐ステーキにしたりと、その日の気分に合わせていろいろな調理方法で工夫してみました。

個人的には豆腐ステーキにして味噌ダレを上にかけるというのがとても美味しかったです。

味噌ダレで少しカロリーは上がってしまいますが、以前の食事と比べれば確実にカロリーは低いのであまり細かいことは気にせずに、豆腐料理を食べるということに集中して続けました。

豆腐ハンバーグ

ネギなどの薬味も添えながら味を楽しみながら、毎日料理をしていました。

その他には、納豆や豆乳も飲みましたし、豆腐に飽きた時は、おからを調理して食べたりもしました。

3ヶ月間の大豆ダイエットの結果

3ヶ月間、大豆ダイエットを続けているうちに、いつもより体調が良くなっていく事に気付きました。
もともと便秘がちだったこともあり、お通じが良くなったのも体調改善と大きく関係していたんだと思います。

肝心のダイエット効果についてですが、3ヶ月間で目標だった5キロのダイエットに成功しました。

そこまで大変だったわけでもありませんし、毎日料理を楽しみながら、思ったよりも簡単に痩せられました。

便秘が解消されたのも関係しているのかもしれませんが、ウエストが3センチ細くなったのが最大の収穫です。

メジャーでウエストをはかるダイエットに成功した女性

大豆ダイエットのメリット・デメリット

大豆ダイエットのメリットは、健康的に痩せられることです。
豆乳には女性に必要な成分もたくさん含まれていますし、便秘を解消することもできるので肌つやも良くなりました。
豆腐料理は工夫すればとても美味しくいただけるので、我慢しないでやせられるというのが本当に素晴らしいです。
また、豆腐や納豆は安く購入できるので、ダイエットに使うお金はあまりないという人でも、むしろ食費を安くしながら成功することができます。

デメリットを強いて挙げるとしたら、料理が嫌いな人にとっては苦痛になるダイエットかもしれません。
失敗談の口コミにもありましたが、調理するのが面倒くさいので豆腐や納豆だけになり、湯豆腐や冷奴ばかり食べるようになると長く継続するのは困難です。

まとめ

大豆ダイエット成功のポイントは、食材や味つけ、調理方法を工夫して、楽しみながら続けるということです。それさえできれば必ずと言っていいほど痩せられます。

私は大豆ダイエットをしてみて、ダイエットは辛いというイメージがなくなりましたし、工夫次第で楽しみながらできるものだということがわかりました。

やはり夕食のカロリーが高くなる傾向がありますから、夕食に大豆中心の料理を作って実践するのが効果的です。