ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

【体験談】トマトダイエットは妊娠中にも効果あり!トマトジュースでもOK

投稿日: 2018年12月15日

トマト

20代後半から体重が落ちにくくなった、幾度となくダイエットを試みるものの続かない、効果が出ない、食事制限の辛さに勝てないといった悩みは多いものです。そんな悩みを解決するのがダイエットの救世主トマトです。トマトは手に入りやすく、低カロリー、ビタミンも豊富な食材です。

今回は、手軽で無理なく続けやすい、美肌効果も期待できるトマトダイエットのやり方について著者の実体験を踏まえて紹介します。

スポンサーリンク

トマトダイエットとは

カットされたトマト

朝または夜にトマトを食べる、またはトマトジュースを飲むという簡単なダイエット方法です。お笑い芸人バナナマンの日村勇紀さんや女優の佐々木希さん、元AKBの小嶋陽菜さんが減量に成功したダイエット法として有名です。

トマトの食べ方は複数あります。
1食分をトマトだけに置き換える方法、朝か夜の食前にトマトを1~2個食べる方法、朝か夜の食前にトマトジュースを1杯飲む方法です。

1食分をトマトに置き換えると、1日の摂取カロリーを大幅に抑えることができるので、短期間での減量を目指す方にはおすすめです。
しかし味に飽きがきてしまうので、長期的なダイエットには向きません。

習慣に取り入れやすいのは食前にトマトを食べる、またはトマトジュースを飲む方法です。
トマトを食前に摂取することで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。
他の食材も食べられるので飽きにくく、リバウンドもしづらい方法です。トマトを毎食、摂取できればベストですが、朝食か夕食の前だけでも十分効果は得られます。

トマトダイエットは、カロリーの低いトマトで1日の摂取カロリーを抑えること、トマトに含まれる栄養成分で体質改善を行うことで、ダイエットを成功させます。
そのため、1週間で効果が出るという類のものではなく、最低1ヶ月~3ヶ月程度継続が必要なダイエット法です。
大幅な減量を望む場合は半年~1年以上の継続が必要です。

関連記事

トマトスープダイエットで-8kgに成功!アレンジ方法や連続のコツを解説

トマトダイエットの効果

トマトダイエットには食事の摂取カロリーを減らす効果があります。
女性の1日の摂取カロリーは1,800kcalで、1食600kcal程度になります。
そのうち1食を中トマト2個に置き換えると、80kcal程度なので、520kcalもカットできる計算になります。

またトマトには、ダイエット効果を促す栄養素が豊富に含まれています。

リコピンをトマトで摂取

まず、トマトの赤みを引き出すリコピンという栄養素です。
リコピンは1日に15mg程度の摂取が効果的とされています。トマトに換算すると2~3個程度またはトマトジュースをコップ1杯(180ml)程度です。
リコピンは、悪玉コレステロールの酸化を抑制し血流を改善します。
食事で摂取した栄養素は血液を通して体に作用するので、血流が改善されると代謝があがり、カロリー消費が活発になります。脂肪の蓄積も抑えられるようになります。
また、抗酸化作用が強く老化の原因とされる活性酸素を抑えてくれます。リコピンの抗酸化力は、β-カロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍ともいわれています。
老化を防ぐのみならず、免疫力を高め疲労を予防する働きもあり、疲れにくい体を作ることができます。

さらに、13-oxo-ODAというリノール酸が含まれており、血糖値を低下させる働きやリコピンと同様に脂肪を燃焼させる働きがあります。

他にも、ペクチンという水溶性食物繊維が便秘を解消します。
便秘は万病の元といわれており、ダイエットを妨げる要因です。
ペクチンによって便通が改善すると、栄養素の吸収が良くなりより一層、代謝があがりダイエット効果が見込まれます。リコピンの抗酸化作用やトマトに含まれるビタミンCと合わせて、美肌効果が期待できます。

スポンサーリンク

トマトダイエットの口コミでの評価

トマトダイエットの口コミを調査してみると、多くの方が成功しているのがわかりました。成功者の共通点を探すと毎日継続しているということが挙げられます。

まず効果として「5~10kg程痩せられる」とのことです。
半年~1年継続したところ、大幅な減量に成功したとの声が多いです。また、便通の増加や肌荒れ改善については、取り組みから1週間以内に実感した方が多いです。

トマトのアレンジレシピは豊富なので、ストレスなく長期的に摂取できたと感じている方が多いです。

また、失敗した方の口コミを見てみると、「トマトのサプリメントで代用した」、「短期間で効果が出なかった」というコメントが多かったです。

停滞期に入ると「味に飽きる」というコメントが多くありました。
結果を急ぐ人、調理法を工夫しなかった人が失敗している印象を受けました。

トマトダイエットの体験談

私は、妊娠中の体重コントロールでトマトダイエットに取り組みました。
元々身長160m、体重47kgだったので、出産時の体重は55kg~57kgが最適だと言われていました。
妊娠7ヶ月の時点で54kgだったので、食事の栄養を減らさずに、体重を落としたいとの理由で始めました。

取組んだ方法は、リコピンの吸収効果が高いとされる朝食前に、コップ1杯のトマトジュースを摂取しました。

トマトジュース

現在1ヶ月ほど継続できており、体重は54kgから53.2kgまで減りました。
胎児の増加分が600g程あった中での減量なので、実際は1.4kgの減量に成功したといえます。

トマトダイエットを初めて、一番感じたことはその手軽さです。
トマトジュースを1杯飲むだけなので習慣にしやすく、途中で味に飽きるということもありませんでした。

そして、元々便秘がちで2~3日に1度便通があれば良い方でしたが、毎日便が出るようになりました。多い時で1日2回の便通があります。

トマトのリコピン・ビタミンC・便通改善の効果で、両頬にあったニキビが無くなり、ひどかったアトピーも少し改善しました。

美肌効果を実感する女性

体のサイズは、妊娠中なのでわかりづらいのですが、顔と足がほっそりしてきました。
体重減少の効果とトマトに含まれるカリウムによってむくみが解消された効果だと考えられます。

栄養を減らさずに、体重コントロールができるので今後も継続する予定です。

関連記事

トマトジュースダイエットの効果とやり方!おすすめ商品とレシピを紹介

トマトダイエットのメリット・デメリット

トマトダイエットのメリットは、手軽で続けやすいことです。
一般的なダイエットはたくさん運動をし、厳しく食事制限を行えば実現しますが、大変な分ストレスとなりリバウンドしがちです。

トマトダイエットは、食前に食べるだけ・飲むだけなので習慣に取り入れやすく長期的に続けやすい方法です。

炒めたりスープにしたりと、料理レシピも豊富なので味に飽きもこず、ストレスも少ないのでリバウンドしにくいダイエット法です。

さらにトマトは体質を改善してくれるため、肌が綺麗になり代謝があがります。
その結果、肥満のみならず動脈硬化や脳卒中など様々な病気のリスクを減らしてくれる効果も期待できます。
ダイエットしながら無理なく健康になれるというメリットがあります。

 家計簿をつける女性

トマトダイエットのデメリットは、お金がかかることです。
トマトは夏が旬の食べ物ですから、時期によって価格が変動します。
安い時は1個100円以下で買えますが、高い時は150円~200円近くになることもあります。

毎日2個食べる場合、家計の負担となってきます。その際は、トマトジュースやトマト缶を利用するなど工夫が必要になります。

また、トマトに含まれるカリウムは体を冷やす効果があるので、生のトマトを大量に食べると下痢を引き起こします。

女性にとって冷えは大敵なので、トマトを加熱して食べるなど調理法に工夫が必要です。

まとめ

トマトダイエットは効果が出るまで時間のかかるダイエット法ですが、体の内側から健康に綺麗になることができます。

生のトマトだけでなく、調理法を変えたりトマトジュースやトマト缶を活用したりして、食事に上手に取り入れ減量を成功させましょう。