ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

姿勢矯正ダイエットで-7kgに成功!正しい姿勢を作るポイントとは?

更新日: 2018年11月02日

横向きの立つ姿勢

ダイエットに日々取り組んでいる人も多いですが、そもそも気になるお腹まわりや腰等の脂肪や無駄なお肉がつく原因は、骨盤のゆがみや姿勢等が大きく関係しています。

つまり日々の姿勢は痩せる上でも重要なポイントとなります。

正しい姿勢に矯正する事で、痩せるだけでなく立ち姿等も綺麗になり、身体も健康的になれるので、是非今からでも本記事を参考に取り組んでみてください。

スポンサーリンク

正しい姿勢とは?

日々、何気なく生活している中で、気づけば猫背になっていたりしませんか?

猫背の女性

また背筋は伸びているから姿勢は良いという人でも、腰からお尻にかけて反り返っている、つまりお尻が突き出しているといった事はありませんか?

正しい姿勢とは、確かに背筋が真っ直ぐ伸びている事も一理ありますが、腰が反り返っているのは正しい姿勢のうちに入らず、重心や負担に傾きが起こっている可能性もあります。

簡単に言うと、顎も少し引き気味で視線が真っ直ぐである、背筋は腰から真っ直ぐ伸びている、壁や柱に背中とかかとをつけて立った時に、腰の部分に空間が大きくできないといったといった部分が目安になります。

姿勢の矯正方法

姿勢は1日正しただけでは治らず、常に意識して継続していく必要があります。特に猫背の人はとてもつらい状況になりますが、それだけ背骨からゆがんでいる証拠です。

猫背等を直し正しい姿勢に矯正する事で、痩せるという事に繋がるのはもちろんですが、体内の機能も活発に働くようになり、消化器官にも良い影響を与えます。

無理なく正しい姿勢で居られる、自然に居られる事ができるようになった頃には、姿はもちろんですが理想の体型に近づく事ができていると思います。

まずは、常に意識して顎を引き、背筋を伸ばし、視線を真っ直ぐな状態にする事に慣れましょう。難しい場合には、天井から糸で頭から引っ張られているようなイメージを浮かべてみると、意外と身体が真っ直ぐになりやすいのでおすすめです。

関連記事

姿勢を正すと痩せる理由と器具なしで姿勢を良くする方法

スポンサーリンク

姿勢を正すと自然と負荷がかかる

悪い姿勢と良い姿勢で歩く女性

姿勢を正していると、自然と下腹部等に負荷がかかります。

強力な負荷ではありませんが、その負荷を利用して下腹部に意識を集中させていくと、突き出ていたお腹がへこみます。

キープするのが理想ですが、初めのうちは背筋を伸ばしたりする事に意識しすぎて下腹部の事を忘れてしまいがちなります。

気づいたらとりあえず下腹部にも意識を集中させてみる事を繰り返していきましょう。

下腹部に集中すると必然と背筋も真っ直ぐになろうという働きが起きてきます。それを感じるようになれば、筋肉が記憶していき下腹部もへこんだままになっていきます。また、負荷がかかる事で燃焼もしている為、少なからず有酸素運動的な役割はし続けています。

骨盤のゆがみと脂肪

骨盤のゆがみが凄い女性

姿勢が悪いと、身体の重心はズレて、その位置で身体のバランスを取ろうとする。つまり猫背の場合ですと前かがみの状態で重心を取ろうとする為、骨盤等で上半身の体重を支える事になりゆがみにも繋がります。

また、骨盤で主に重心を取ろうとすると、支えるだけのパワーを必要とする為、脂肪やお肉がそのまわりに付着していきます。

腰まわりに浮き輪のように脂肪やお肉が目に見えてついてしまっている人は早めに姿勢を戻す事が痩せるに繋がるという事になります。

但し、腰まわりの脂肪やお肉は1番最後に付着していき、絞り落とす時は1番最後まで落としにくいという厄介なものです。重心を正しい位置に戻す為に姿勢を正しながら、適度な運動等も必要となります。

関連記事

落ちにくい腰回りの肉を落とす簡単で効果的な4つのダイエット法

歩き方にも注意

悪い姿勢と良い姿勢で歩く女性

姿勢と歩き方はリンクしており、歩き方が悪い人は姿勢が悪いと同じです。歩き方も意識していると姿勢も正しくなろうという働きをします。

靴のラバーや底の部分を確認してみて下さい。かかと部分の減り具合で重心の傾きや歩く時の偏りがわかります。

身体はどうしてもラクな姿勢を取りたがる傾向にあり、歩き方も同じで例えばかかとの外側の部分がすり減っている場合には、外側へ外側へと蹴り上げながら歩いている等になります。それでバランスを取っているという事になりますし、左右ですり減り具合に大きく違いがある場合には、身体がどちらかに重心が傾いているという事にもなります。

基本的には、膝から下を曲げて歩行という歩き方は正しくはなく、かかとからつま先まで真っ直ぐ地面を徐々に押し蹴りながらかかとで真っ直ぐ着地、その時に膝は曲げすぎないのが重要となります。気づいた時に少し意識して歩いてみましょう。

関連記事

痩せる歩き方は姿勢と体幹が重要!効果をあげる5つのポイントとは?

姿勢矯正ダイエットの効果

自身も適度な運動を取り入れながら姿勢矯正ダイエットを試みてみた1人で、当時は酷いくらいの猫背で顎が前に突き出ているようなかがみ姿勢で、脚もO脚でした。その為、お腹まわりにはしっかり支える為の浮き輪、贅肉が付着していて慎重は153センチと小柄なわりに、体重が47キロという少し肥満傾向にありました。

見た目的にはお腹は服で隠していても、顔にもお肉がついていてポチャッとした印象。もちろん、座ればお腹は鏡餅のように段になり、線の痕が残っていました。

姿勢を正す事に意識をして、日々下腹部も意識して歩き方も気づいた時には改善しながら、適度な運動と言っても仕事と家事の両立からほとんど時間はなかったので、自宅にてフラダンスのようなものを数分テレビを見ながらおこなう程度でしたが、1年半くらいかけて姿勢もほとんど意識しなくても真っ直ぐには保てるようになり、下腹部もへこみ、体重は40キロと7キロ減量できました。

成功したからといってリバウンドさせてしまうのは勿体ないので今でも継続していますが、姿勢を正していると、やはり猫背の時より若々しく見え、自信溢れる凛とした立ち姿で女性としてもかっこよく見られています。

関連記事

フラダンスダイエットの効果とは?【痩せる踊り方を学ぼう】

継続とその他で取り入れるべき事

姿勢を正す事だけが目的ではなく、姿自体を美しく改善するといった点で、成功してしまうと気が抜けやすくはなります。

しかし継続する事で維持でき、その継続は費用がかかるわけでもなければ、時間がかかる、手間がかかるというものでもありませんので、是非継続していただきたい事ではあります。

また、その他には適度な運動も必要ですし、食生活も見直す事は「痩せる」といった点では重要となります。

もちろん、痩せるダイエットだけでなく健康面を考えても運動と食事は常についてまわるものであり、暗黙の了解である項目です。それを毎日気遣いながら姿勢を正して生活する事で、徐々に改善されていきます。

痩せる事と維持する事、そして姿を美しく若々しく有り続けるという事を念頭において取り組んでいきましょう。

関連記事

猫背さん必見!姿勢改善ダイエット【効果的な筋トレで姿勢を正す】

まとめ

いかがでしたか?

姿勢矯正で痩せる、ダイエットするにも成功へ繋げるには「意識」「集中」「筋肉の記憶」等が重要であり、その内訳として歩き方や運動、姿勢の本当の正しさ等があります。

いずれにしてもダイエットしていく中で、ついてまわるのは食生活や運動といった生活習慣もあります。

まずは本当に正しい姿勢というものがどんなものなのかを日々取り組みながら、慣れてきたら運動や食生活にプラスアルファして歩き方等の見直しなど進めていきましょう。

また、ダイエットでも他の事でも言える事ですが、1日2日で効果を劇的に実感する事はできないものです。

極端に改善しようとすればそれだけ身体に負担がかかり逆効果となります。

無理なく継続していける為にも徐々に長いスパンで考えながら健康的に改善していくという事が大切であり、それが成功した後にリバウンドや体調不良等を引き起こさない予防策とも言えます。

ダイエットでは途中で効果が一時的に実感できなくなる停滞期もありますが、姿勢矯正ではダイエットだけが目的ではなく、姿全体と身体の中から綺麗になる、身体のバランスを取るという事も含まれています。

やればやっているだけ必ず何らかの効果は日々少しずつでも変化していますので、コツコツ頑張って美しい身体のライン、立ち姿等を目指しましょう。