ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

生姜スープダイエットの正しいやり方と効果的な簡単レシピ【チューブでも可】

投稿日: 2018年11月18日

生姜スープ/生姜湯

管理栄養士の伊藤なみです。今回は生姜スープダイエットをご紹介いたします。
特に女性は冷え性の方が多いですが、冷えがなかなか痩せない原因の1つになっているかもしれません。

生姜は身体を温めてくれるイメージがあるかと思いますが、実はスープにすることでよりその効果は高まります。

生姜スープダイエットの方法とその効果、最後はレシピまでを詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

生姜スープダイエットとは?

生姜スープダイエットとは、生姜を入れたスープを毎食食事の1番始めに食べ、体内から身体を温めることで代謝を上げることで痩せやすい身体にする方法です。

生姜スープに置き換えて食事を行う方法ではありません。

特に女性は冷え性の方が多く、身体が冷えていると脂肪が燃えにくいので、なかなか痩せません。

冷え性の女性

平熱が36℃を下回っている方は、冷えの自覚症状がなくても冷えている可能性が高いです。

実は健康的な人の平熱は37℃くらいと言われています。
体内では化学反応によりそれぞれの臓器が機能しているのですが、平熱が37℃台のように高くなると、化学反応の速度が速くなりそれぞれの臓器が活発に働くようになります。

そうすることで免疫力も上がり、代謝も活発になるのです。
なかなか37℃まで平熱を上げるのは難しいかもしれませんが、35℃台の方は最低36℃台を目指しましょう。

体温が1℃上がると基礎代謝が12%上がると言われていますので、体温を上げれば同じ生活をしていてもどんどん痩せていきます。

体重50kgの女性で、一般的な活動量の方の基礎代謝はおおよそ1200kcalです。
1200kcalの12%は144kcalになり、何もしなくても体温を1℃上げるだけで消費されるカロリーが増えるので、体温を上げることで同じ生活をしていても痩せていきます。

関連記事

生姜ダイエットが痩せる理由とやり方の秘訣を管理栄養士が解説

生姜スープダイエットで効果が出る理由

生姜スープダイエットで効果が出る理由は3つありますので、順にご紹介いたします。

冷え性を改善する

冷え性が改善される

生姜は食べるとぴりっと辛味を感じますが、この辛味成分は「ジンゲロール」と「ショウガオール」というものです。
ジンゲロールは生の生姜に多く含まれ、強い殺菌作用と、発汗作用があります。
発汗作用があるということは身体を温め、冷え性を改善してくれるように思うかもしれませんが、実はジンゲロールは体の表面を温めるだけなのです。
冷え性を改善するためには芯から温める必要があるでしょう。

ジンゲロールが加熱されるとショウガオールに変わり、このショウガオールこそが身体の芯から温め、冷え性を改善してくれるのです。
ショウガオールの特徴は血管を広げ、血流を良くし、身体の中から熱を作り出すので、生姜を生のまま食べるよりスープにすることで冷え性改善効果が期待できます。

冷え性を改善して体温を上げることで痩せやすい身体になるので、ダイエットの効果が感じられるでしょう。

便秘を解消する

便秘が解消される

生姜を加熱することでできるショウガオールは胃腸を刺激する作用があるので、胃腸の働きが活発になります。

健康な人は胃でしっかり消化し、腸で栄養素を吸収していますが、胃で消化できていないと腸に負担をかけてしまうので、スムーズな排便ができません。
また、腸の働きが悪いとしっかり消化できていたとしても便秘になります。
ショウガオールはその2つの臓器に同時に刺激を与えてくれるので、ほとんどの場合で便秘が解消されます。

便秘が続くことで、身体がむくみ、血行が悪くなるので老廃物が上手く排泄できず、痩せにくい身体になりますので、冷え性と同時にダイエットを成功させるためには改善した方が良いです。

また、便秘により腸内の悪玉菌が増え、腸内環境が悪化すると腸から分泌される「セロトニン」というホルモンが出ません。
セロトニンは別名「幸せホルモン」と言われ、腸がきれいだとたくさん分泌されるので、幸せを感じやすく、ダイエットも前向きに取り組めることができるでしょう。

具材の栄養をまるごととれる

肉や野菜をいれた生姜スープ

生姜スープダイエットでは、生姜の他に肉や野菜などを入れて作ります。
ビタミンは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンがあり、ビタミンBやCなどの水溶性ビタミンは水に溶け出しますので、スープとして食べることで栄養を無駄なくとることができるのです。

和え物などを作るとき、下茹でし水気を切って調理すると思いますが、その場合水溶性ビタミンはほとんど流れてしまっています。
普段無駄にしてしまうことが多い栄養素をとることができるのは大きなポイントでしょう。

生姜に含まれるダイエット効果だけではなく、栄養バランスを整えることで上手く代謝でき、よりスムーズに無理なく痩せることができます。

スポンサーリンク

生姜スープダイエットの口コミでの評価

生姜スープダイエットでは1週間で3~4kg痩せた方や、すぐに痩せなかったという方も身体がポカポカし冷え性の改善を感じている方がほとんどでした。

生姜スープは痩せるという目的だけではなく、健康のために取り入れている方も多いようです。

キムチを入れたり、具材を変えたりしながら出来るので、飽きずに続けることができたとの声が多く、成功した大きなポイントであると考えられます。

また、調理が面倒になり、続かなかったという意見もあり、料理が苦手な方にとったら難しいダイエットかもしれません。

生姜スープダイエットを成功させる3つのポイント

生姜スープダイエットを成功させるポイントは3つあり、1つずつ順にご紹介いたします。

食べるタイミング

生の生姜

生姜スープを食べるタイミングは毎食食事の1番最初に食べるようにしましょう。
ご飯やおかずからではなく、生姜スープから食べてください。

理由は食前に食べることで食べ過ぎを防ぐことと、スープに入っている野菜の食物繊維によって血糖値の上昇を緩やかにするためです。

血糖値は急に上がると身体に負担をかけたり、太りやすくなるので、なるべく緩やかに血糖値を上げるようにしましょう。

具材選びにも注意を

具材は基本的になんでも良いのですが、土より下の野菜、とうもろこし、イモ類、マカロニ、春雨は糖質が多いので避けましょう。

糖質は身体のエネルギーになりますが、使い切れなかった分は脂肪として溜め込みます。
逆に糖質のエネルギーが足りなくなったら、体内の脂肪を燃やしてエネルギーに変えることができるのです。
そのため、糖質の食べ過ぎはダイエットにとってよくありません。

糖質の多い食材を避け、土より上の野菜や肉類、豆類などを具材として選びましょう。

また、生姜は生を使うのがベストですが、忙しくて難しい方はチューブタイプのものを活用し、無理なく続けるようにしてください。

まずは1ヶ月続けよう

生姜スープダイエットは体内へアプローチし、体質改善しながら痩せやすい身体を作ってダイエットします。
そのため、即効性を期待するのではなく、まずは1ヶ月続けてください。
続けることで必ず身体が変化し、痩せやすい身体になります。

生姜スープダイエットのメリットとデメリット

生姜スープダイエットのメリット

生姜スープダイエットのメリットは以下の通りです。

  • 冷え性が改善できる
  • 便秘が解消できる
  • 美肌効果
  • 美味しい
  • アレンジが出来るので飽きない
  • 食べないダイエットではないので、辛くない

生姜スープダイエットは冷え性改善や便秘解消ができ、それにより代謝が良くなり、お肌もきれいになります。

また、自分の好みの味付けができ、アレンジがアイデア次第なので、飽きずに続けることが出来るでしょう。

しっかり食べることができ、空腹を我慢しなければいけないような辛さもありません。

生姜スープダイエットのデメリット

メリットはたくさんありましたが、デメリットもありますので、しっかり把握しておきましょう。

  • 調理が必要
  • すぐに効果を感じられない場合がある

生姜スープダイエットでは基本的に調理が必要になるので、料理ができない、苦手な方にとったら、難しいダイエットかもしれません。
そういう方はインスタントのスープなどに生姜チューブを入れてダイエットを行うとよいでしょう。

もちろん自分で野菜や肉を入れスープを作ったほうが良いのですが、どうしても難しい場合はインスタントを活用することも1つの方法です。

また、すぐに体重が減るなどの目に見える効果を実感できない場合があるかもしれません。続けることで身体は必ず変わります。
まずは1ヶ月続けてみましょう。

簡単で効果的な生姜スープレシピ

レシピを見て生姜スープを作る人

生姜スープダイエットは続けることが大切ですが、作るのに手間がかかるとなかなか続きません。
そこで今回はとっても簡単なレシピをご紹介したいと思います。

豚肉の生姜スープ

材料(2人分)

  • 豚肉スライス(脂身が少なめのもの):50g
  • 白菜などのお好みの野菜:適量
  • ねぎ:15g
  • 生姜:1かけ
  • 水:300mL
  • 鳥ガラスープの素:小さじ1
  • しょうゆ:小さじ1
  • 塩コショウ:適量

レシピ

  1. 豚肉と野菜、ねぎは食べやすい大きさに切る。
  2. 生姜はすりおろす。
  3. 鍋に塩コショウ以外の材料を入れ、火が通ったら塩コショウで味を整えて完成。

生姜の効果の他に、豚肉のたんぱく質や野菜のビタミンがしっかり取れるレシピです。
豚肉とねぎを一緒に食べることでネギに含まれるアリシンがビタミンB1の吸収率を上げてくれます。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれるので、ダイエット中は積極的に摂取したい栄養素です。

作り方はとっても簡単ですが、もっと苦手な方は肉や野菜はキッチンバサミで切っても良いですし、生姜はチューブタイプを使っても良いです。
また、肉や野菜の種類、だしをコンソメや和風に変えても美味しくできますので、ぜひ作ってみてください。

関連記事

ウルトラ蒸し生姜パウダーで-3kgに成功!効果をあげた摂取方法とは?

まとめ

生姜スープダイエットは毎食生姜スープを食事の1番最初にとり、冷え性や便秘を解消して体内から体質を改善し、痩せやすい身体にするダイエット法です。

いろいろな具材や味付けを自分の好みによって変えられるので、飽きずに続けられます。

冷え性や便秘は健康にとってもよくありません。生姜スープダイエットで体内から体質を改善し、健康的にダイエットを成功させませんか?