ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

酢キャベツダイエットを1ヶ月続けて-3kgに成功【1日100gを目安に摂取】

投稿日: 2019年01月31日

執筆者: もずとろ

酢キャベツ

テレビや雑誌でも話題になった「酢キャベツダイエット」。美味しく手軽に、食前に食べるだけでダイエットができると話題のダイエット法です。

私自身も162cm、57kgから1ヶ月で54kgなりマイナス3kgダイエットに成功しました。

作り方も簡単で、味のバリエーションを変えたり、調理法を変えることができるので自分好みの味にすることができ、飽きずに続けることができました。

スポンサーリンク

酢キャベツダイエットとは

酢キャベツダイエットとは、キャベツを食べやすい大きさにカットし、お酢につけたものを食前に食べるだけの簡単ダイエットです。キャベツとお酢があれば簡単に作ることができるので忙しい人や運動が苦手な人にも手軽にチャレンジすることができます。
お酢の種類はなんでもよく、りんご酢や黒酢・バルサミコ酢など好きなお酢で作ることできるので飽きずに続けることができます。

脂肪を溜めこみやすくする「デブ菌」を減らし、痩せやすい体質に変える「やせ菌」を増やすことで、リバウンドしにくく美味しくダイエットすることができるというのが、酢キャベツダイエットのコンセプトです。
また、置き換えダイエットとは違うので、普段食べている食事量を変えずに酢キャベツをプラスすることでダイエットになると話題です。

酢キャベツダイエットの効果

「デブ菌」を減らしてくれる

腸内菌

「デブ菌」とは、不規則な生活習慣や食生活の乱れで増える悪玉菌で、このデブ菌が増えることで痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

酢キャベツダイエットはキャベツに含まれる豊富な食物繊維で便秘を解消してくれる他、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる、ダイエットに効果的な食材です。また、お酢に含まれるクエン酸が消化吸収を防ぎ、腸のぜんどう運動を促す働きがあり、「デブ菌」を減らして「やせ菌」を増やして痩せやすい体にしてくれます。

ダイエットをしているのに満足感がある

ダイエットといえば、食事を減らさなければならなかったり、炭水化物や糖質を減らすなどの食事制限が多くなります。酢キャベツダイエットは、食事量を減らすことなく普段の食事に酢キャベツを加えるだけなので、ストレスもなく満足感が生まれます。
また、キャベツは良く噛まなければ飲み込むことが困難なため、良く噛むことで満腹中枢が刺激され満足感がでます。つまり、酢キャベツを良く噛んで食べることにより満腹中枢が活性化して普段の食事が結果的に減ることでダイエットに繋がる効果を期待できます。

運動なしでも痩せられる

私は運動嫌いで会社も車通勤なのでほとんど運動することがありません。このダイエットをしてからも特に運動や筋トレをしていないのですが、1ヶ月でマイナス3kgの減量に成功しました。酢キャベツダイエットは普段の食事法を変えただけで痩せれるのも魅力的です。

もちろん、酢キャベツダイエットにプラスして運動をすることでよりダイエットの効果を早く実感することができるので、エレベーターを使わず階段を使うようにしたり、筋トレをプラスしたり意識して身体を動かすようにするのも効果的です。

スポンサーリンク

酢キャベツダイエットの口コミでの評価

酢キャベツダイエットの口コミをみると、キャベツは年中スーパーに売られており値段も高くないので経済的。置き換えにする必要がないので続けやすい。という喜びの口コミが多数見受けられました。また、簡単で美味しいという意見も多く、食べ応えがあるので、主食を酢キャベツにしている人は体重の減りも大きいことがわかりました。美味しく罪悪感がなく手軽にダイエットに取り組めるのも魅力です。

しかし、お酢は好き嫌いがあるのでお酢が苦手な方は、お味噌汁に入れたりレモン汁や酸味の少ないお酢に切り替えるなどしてチャレンジしている人もいます。中には2週間でウエストマイナス5cm、2ヶ月で体重マイナス7kgという驚きの減量結果の人もいました。

酢キャベツダイエットの作り方

キャベツを切った断面 1/2玉

キャベツ1/2玉(450g前後)にお酢200ml~300ml。塩を小さじ1/2加えても可。ポリ袋に入れて半日ほど冷蔵庫で寝かせれば完成です。

2週間程度日持ちするので、時間があるときに作り置きしておくと手間も少なく簡単に食べることができます。もし、ストックがなければみじん切りにしたキャベツをお酢に浸してそのまま食べても大丈夫です。

オリーブオイルや塩コショウ、レモン汁など少し味を変えると飽きずに長く続けることもできます。

酢キャベツダイエットの体験談

私自身も酢キャベツダイエットを体験して1ヶ月でマイナス3kg痩せました。元々食べることが大好きで、ジャンクフードや甘いものが特に好きです。

私はキャベツを千切りにすることが面倒だったので、フードプロセッサーでみじん切りにしてお酢に半日ほど寝かせてお酢ごとスプーンで食べるようにしていました。(みじん切りにすることで塩がなくても食べやすいです)

キャベツをフードプロセッサーでみじん切りにして瓶で酢漬けしている

昼は会社なので、朝と夜ご飯の前に酢キャベツを食べるようにしました。時間のあるときに作り置きをして、あとは食前に食べるだけとダイエットをしている感覚もなく減量できたので今後も続けていきたいです。

酢キャベツダイエットのメリット・デメリット

食前に食べるだけで減量できるダイエット法ですが、メリットとデメリットをまとめてみました。

酢キャベツダイエットのメリット

食前に酢キャベツを食べることで、満腹感がでるのでその後食べる炭水化物などの糖質を抑えることができます。また、低コストで味も美味しいので続けやすく腸内環境の改善にも効果的で、便秘の人にもおすすめです。

脂肪を溜めこむ「デブ菌」を酢キャベツの効果で減らし、脂肪を燃焼しやすくする「やせ菌」を増やしてくれます。また、腸内に「やせ菌」が増えることで太りにくくしてくれるのでリバウンドがしにくいのも魅力です。

身体の内側から健康的になる酢キャベツはダイエットが終わってからも定期的に取り入れていくと良いでしょう。

酢キャベツダイエットのデメリット

キャベツは良く噛むことが重要なので、噛むクセがついていない早食いの人は噛むことがストレスに感じることがあります。

もともと腸内環境が良く、痩せ~標準体型の人は結果が出るまで時間がかかる可能性もあります。

酢キャベツダイエットの成功ポイント

酢キャベツダイエットで減量を目指すポイントは、必ず毎日食べるようにして継続することです。1週間程度ですぐに結果がでるものではないので何より続けることが重要です。

それに、酢キャベツを食べる際にはよく噛むことも大切です。良く噛むことで血糖値の急激な上昇を防ぐこともできるし、満腹感もでます。そうすることで、普段の食事量が次第に減っていき、早く体重を落とすことにもつながります。

また、キャベツは1日100gを目安に摂取しましょう。キャベツ1玉にたいしてだいたい1/8くらいです。

みじん切りなどで細かく切った方がお酢となじみ食べやすくなります。

ダイエット以外の嬉しい効果

減量以外にも酢キャベツを積極的に取り入れることで、嬉しい効果がありました。

まず、酢キャベツダイエットをしてから10日くらい経ってからおならの臭いが無臭になりました。これは「デブ菌」が減少している証拠です。

もともと便が固めでコロコロした便でしたが、これも酢キャベツダイエットを始めてから便が少し柔らかくなりました。また、顔のニキビができにくくなったり化粧乗りが良くなったりと肌にも嬉しい効果がありました。

まとめ

なによりも美味しく手軽にダイエットができる酢キャベツダイエット。すぐに減量の効果を期待せず、焦らず最低2週間は続けるようにしましょう。これは腸内細菌がおよそ2週間で変化する期間になります。

腸内環境が整うと、便秘改善や肌のターンオーバーが正常化され美肌になるなどの嬉しい効果もあります。

お酢とキャベツの組み合わせに飽きたら、バルサミコ酢やレモン汁などで味付けを変えることも可能です。お酢が苦手な人はチャーハンに入れたりお味噌汁の具にして食べても効果があります。自分で無理のない範囲で美味しく手軽にダイエットをしてみましょう。