ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

夕食をワンプレートに置き換えて1年で-20kg痩せた方法【時々のご褒美が重要】

投稿日: 2019年01月27日

1つのプレートに乗せた食事

私はもともと太りやすい体質で、一時期身長170cmでありながら、体重85kgとかなりの肥満体型でした。そこでダイエットしようと始めたのがワンプレートダイエットです。

1年間かけて体重は当初からマイナス20kgの65kgとなりました。

ワンプレートダイエットはお皿を一枚用意するだけで始めることが出来るし、時間をかければ確実に痩せることが出来る、おすすめのダイエットです。

スポンサーリンク

ワンプレートダイエットとは?

ワンプレートダイエットとは、一枚だけのお皿にご飯とおかずを盛り付けて食べるというダイエットです。

一枚のお皿に盛り付けることのできる量には限度があるため、自然と食事の量に制限をかける事が出来る方法です。また、綺麗に盛り付けるとカフェのランチのような見た目になるため、楽しんで実施する事ができます。

ワンプレートダイエットの効果

ワンプレートダイエットは適度な量の食事を取って、長期的な視野で痩せることを目指す方法です。

食べすぎが防止されますので、やり続けていれば確実に体重が減りますし、長い時間をかけて無理なく痩せていくのでリバウンドのリスクが低く、健康的なダイエット方法です。

ワンプレートダイエットの口コミでの評価

ワンプレートダイエットの口コミを調べると実践者の多くが成功していました。

成功者の多くはワンプレートダイエットを前向きに楽しむ方でした。例えば綺麗に盛り付けるために色々な食材を使用する事でしっかりした栄養バランスの食事になったとか、食べる量がしっかり把握できるようになったという意見がありました。
また、特定の食材を制限したり、特定の食材のみ食べる方法と違い、無理なく出来るという意見も多くありました。

失敗した方は短期間で結果が出ずモチベーションが維持できなかったという意見や、自炊が大変で続かなかったようです。

ワンプレートダイエットの体験談

私がダイエットをしようと思った理由は、健康診断で若くして悪い結果が出たためでした(現在35歳です)。冒頭で書いた通り、その時の体型は身長170cmで体重85kgとかなり肥満気味で、食事は食べたいだけ食べる、おかわりもする、間食もするという不健康極まりない人間でした。

そこで食事量を管理しようと始めたのがワンプレートダイエットです。特に食事量が多かった夕食をワンプレートに置き換えました。

4分割されたプレートに盛られた料理

プレートは4分割されているものを使用し、ご飯、サラダ、主菜、副菜を盛り付けて、あとは味噌汁だけという食事にしました。
盛り付ける量は腹八分目となる程度とし、主菜、副菜は栄養バランスが偏らないように、特に制限は設けずに普通通りのものを食べました。

朝食はヨーグルトとグラノーラ、昼食はラーメン等のハイカロリーで栄養バランスの偏ったものは避けて、定食を食べるようにしました。これを1年間かけてじっくり実施しました。

当然間食も辞めましたが、時々甘いものが食べたくて仕方なくなったので、週に一度だけ朝食をスイーツに置き換えてストレス発散していました。これはダイエットとしては遠回りに思えますが、長く続けるに当たって非常に重要なポイントであったと思います。人間我慢だけを続ける事は出来ないもので、時々のご褒美は必要不可欠です。

ベリーのパンケーキ 美味しそうなスイーツ朝食

さて、ダイエットを始めてから最初の1ヶ月は空腹感が酷く、また体重にも大きな変化がなかったため、なかなか辛い日々でした。しかしそれは2ヶ月目から大きく変化していきました。毎日のように体重は少しずつ落ちていき、見た目にも明らかな変化が出てきました。顔は小さくなり、お腹周りもどんどんスッキリしていきました。そうなってからは体重計に乗るのが毎日楽しみで仕方なくなり、空腹感も「今自分は痩せていっているんだ」という喜びとなりました。

半年くらい続けた頃には体重はマイナス10kgの75kgとなっていました。その頃一時的にダイエット停滞期におちいって、体重がなかなか変わらないという事もありました。ダイエット自体は変わらず続けつつも、モチベーションが下がり気味になってしまったため、なんとかならないものかと考えた結果、服を買ってストレス発散することにしました。体重が10kgも下がると今まで持っていた服はサイズが合わなく、着れなくなっていたためです。その結果、かなりの出費となってしまいましたが、これが大きな気分転換になりました。今までより細身の服を買う事が非常に楽しいのです。

ダイエットに成功して身体のシルエットが変わった男

試着した時に自分の細くなったシルエットを見て、再びモチベーションが上がりました。そこから更に半年間、徹底的にこのダイエットを続け、体重は当初からマイナス20kgの65kgまで減量することが出来ました。最終的に服は再び全て買い換えることになりました。周りの方からは、顔も若返って見えると言われるようになりました。

長い時間をかけて無理なく痩せたため、大きく体調を崩す事はなかったし、今もリバウンドは特に起こっていません。その後受けた健康診断では悪い結果は出ず、健康体となることが出来ました。

スポンサーリンク

ワンプレートダイエットに向いている人・向かない人

「ルールを守ろう」と書かれた看板

このやり方は、決めたルールを長期間守り続けることの出来る人に向いています。

ワンプレートダイエットは、要するに食べすぎない事で太らないようにする、あるいは体重を減らすという方法なので、単にワンプレートに盛り付けるというだけでは成功しないのです。

盛り付け量を気をつける、間食をしない等、食事量をしっかりと管理しなければいけません。

他に、自分の行動について楽しみを見出せる人にも向いていると思います。
ワンプレートに食事を盛り付けると、見た目がオシャレになるため、食事の準備自体が楽しくなります。そうなると料理自体も見た目にこだわるようになって色々なものを作るようになってきます。
メインの目的はダイエットですが、それ以外の部分に楽しみを見出すと自然と長く続ける事ができる訳です。

逆にすぐに結果が欲しい人や、飽きっぽい人には向いていないと思います。即効性の効果があるやり方ではありませんし、ワンプレートに盛り付けるというのが面倒くさいという方もいるかと思います。

ワンプレートダイエットを続けるための注意点

長く続けていく際の、注意点としては周りに流されないようにする事です。

お酒の席を避ける人

普段生活する中でどうしても、自分の決めた食事スタイルを貫くことが出来ないタイミングがあります。友人や恋人、家族と外食をする場合や、職場でおやつを配られたりする場合などです。周りの雰囲気で食べ過ぎてしまうという事が頻繁にあるとダイエットは失敗してしまうため、外食であっても食事量は意識し、間食も極力控える必要があります。

また家族の理解を得る必要もあります。自分以外の方が食事を用意している場合は、ワンプレートで用意してほしいという要求は面倒がられる可能性が高いです。自分の分は自分で取り分ける等の工夫が必要です。

更に、ワンプレートであるからといって栄養バランスをおろそかにしてはいけません。ダイエットの目的は健康な体になる事です。量だけ少なくして体重だけ減るような結果になるのは好ましくありません。

ワンプレートダイエットのメリット・デメリット

ワンプレートダイエットのメリットはしっかり正しいやり方で続けていれば、確実に結果がでる点です。また、健康を害しにくい点、リバウンドしにくい点もあります。

逆にデメリットはすぐに大きな効果を期待できない点です。他に、友人との食事会に参加しづらくなるという点もあります。外食をするとどうしても食事量が増える事が多いためです。

まとめ

ワンプレートダイエットを成功させるためには、すぐに効果が出なくても気にせずやり続ける必要があります。

ただし、長く続けるために時々ストレス発散することがポイントです。

ワンプレートダイエットは食事制限ダイエットの一種ですが、食事量の管理方法がシンプルでわかりやすい方法です。正しくやれば健康的に痩せることが出来るため、非常におすすめです。