ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

【体験談】日生バイオの青汁「なんと!おいしい若葉のしずく」の味や効果を解説

投稿日: 2018年04月23日

執筆者: じゃじゃ馬

日生バイオの青汁「なんと!おいしい若葉のしずく」実物パッケージ

いま飲んでいる青汁に満足していますか?

私は、いままで野菜不足、ダイエット目的で数多くの青汁を飲んでいました。よくテレビコマーシャル、ラジオでも耳にする大手企業さんの青汁です。特に青汁の素材の中でも、栄養成分が幅広く含まれている「大麦若葉」を使っているものを選んでいます。

しかし、最近ではスムージーなどの、いわゆる様々な原材料を組み合わせた青汁や健康飲料が多く、一番の目的とする「大麦若葉」の健康効果(ダイエットサポートにつながる)の高いものを、やっと見つける事ができました。

スポンサーリンク

青汁「なんと!おいしい若葉のしずく」とは?

栽培期間、無農薬で北海道で栽培している大麦若葉を主原料としている「青汁」です。

私はたまたま、ふるさと納税の返礼品にも採用されていて、そこで初めて知りました。

まだ去年、発売したばかりのニューフェイスの青汁です。

この青汁、飲むという青汁としてだけではなく、料理やお菓子作りなどにも使える「新しい青汁」です。

なんと!おいしい若葉のしずくは、ただの青汁ではなく「原料を生搾り」した製法で作られている青汁なので、熱を加えて原料を「乾燥」させて粉末にした青汁よりも、熱に弱い栄養成分が多く含まれているので栄養も豊富で、生搾りで作っているせいか、水や使いたい料理(スープなど)にもさっととけるので、非常に飲みやすく、料理にも使いやすい青汁です。

びっくりしたのが、合わない料理やレシピが無い事です。

色が濃いので、苦味が強いかなと思いましたが、抹茶風味で、スティックの粉末のままの状態でも食べることが出来ます。正直、何かに混ぜるといったことが面倒なときは、そのまま飲んでいます。

また、いままでは青汁の主な原料として使われる事が多い「大麦若葉」は九州産のものが殆どでしたが、「北海道産」ではじめての青汁ということもあり、北海道の「食」のイメージから、とても好印象を受けました。

また、この青汁を製造販売している会社が、原料などの素材を熱心に研究している会社ということもあり、エビデンスがしっかりあるので信頼をしています。

飲み方
水や牛乳、豆乳に混ぜて飲んでいます。濃く作っても苦くなく、本当に美味しいです。
食べ方
ヨーグルトに混ぜたり、卵焼きに混ぜたり、スープに混ぜて食べています。
メーカー名
北海道にある日生バイオ株式会社さんの商品です。
成分
女性が気にされるようなビタミンC、食物繊維、葉酸、ビタミンB群も多く、栄養価の超優等生です。
カロリー
スティック1本3gで、11カロリーです。毎日3~5本飲んでも、気になりません。
値段
2,500円(税抜き)、2,700円(税込)です。安く販売されている青汁と「製法が違い」、特許原料を使っていることで「効果」も驚くほどあるので納得です。
買える場所
調べると、通販で主に販売しているようです。近くの薬局などに無いので、入手の仕方は大変かもしれませんが、通販サイトで調べるとすぐ出てくるのと、定期購入だけではなく、まとめ買いの販売もあるので、通販の勧誘をされることがなく買いやすいです。

青汁「なんと!おいしい若葉のしずく」の効果

この青汁に使われている原料「大麦若葉」は特許原料で、アンチエイジングやブヨブヨ対策に良いらしいので、周囲では、健康診断の血液検査で、具体的に嬉しい結果がでたなどの声もありました。

私自身も、3ヵ月以上飲んで、もちろん一緒に運動することも心がけることを行ったら、身体の調子も良くなりました。

スポンサーリンク

「なんと!おいしい若葉のしずく」の口コミでの評価

ずっと、どの青汁にも違いは無いと思っていましたが、この青汁は違いました。

まず「継続できる」飲みやすさ、美味しさであること。

そして、生搾り製法(コールドプレス製法)で作られているので、身体に吸収しやすいのもポイントが高いです。かつ、農薬不使用・無添加・ノンカフェインであり、自分の子供や親にもすすめたい青汁です。

よくドラッグストアで比較的安い青汁を買っていましたが、これは明らかに違いました。

脂っこい食事をよく食べるので、お茶がわりとしても飲んでいますが、朝もすっきり、私の毎日をイキイキとサポートしてくれます。

お陰で、ブヨブヨな身体も、いまではシャキっとスリムになっています。

やはり、このような商品は「続けない」と効果も出ないので、「続けられるおいしさ、飲みやすさ」が第一のポイントになりました。

「なんと!おいしい若葉のしずく」の体験談

 日生バイオの青汁「なんと!おいしい若葉のしずく」実物スティック

毎日、食事と一緒に、3食お茶の代わりに、この青汁を飲んでいます。生搾り製法の青汁なので、スープなどにもさっと溶かして料理にも使えるので、食事にもたまに使っています。

大好きなお菓子作りのときにも、抹茶の代わりにこの青汁を入れていますが、本当に抹茶のような味がして、とても青汁とは思えないほど、美味しくてびっくりしています。こんなに美味しいのに、きちんと効果も出ているので驚いています。

私は、160cm、体重56㎏、ウエスト周りは、67cm程で、周りからもプロポーションが悪いと、言われてきて悩んでいましたが、毎日すっきりで、どんよりする事もなくなり、青汁を飲むと同時に「歩く」運動も意識して継続したこともあり、いまは、体重52㎏、ウエスト63cmまで落とすことができました。

「なんと!おいしい若葉のしずく」の副作用や危険性

日生バイオの青汁「なんと!おいしい若葉のしずく」の成分表示

青汁を選ぶ時には必ず成分や、使っている原材料の表示を見てしまいますが、この商品は無添加、子供でも気にせず飲める様なノンカフェイン処方、大麦若葉のほかに、再エットサポート効果があるトクホにもなっている難消化性デキストリンが添加されているだけなので、全く副作用や危険性の心配もなく続けられることができました。

また、今後も続けて、今の身体の調子、スタイルを維持することが出来る様、飲み続けます。

ただし、この商品に限らず、ビタミンKの摂取制限の指導を受けている人は、摂取の仕方について確認が必要とのことです。

料理にも使えて、お子様にも使えることをうたっているので、神経質にならなくても安心して飲める青汁です。

まとめ

「なんと!おいしい若葉のしずく」でのダイエット成功のポイントは、毎日、3スティック意識して飲み続けること。

飲むことに飽きたら、料理にも使う!

運動も一緒にすること。

激しい運動はやる気がおきなかったので、歩くことをしていました!

私は偶々、ふるさと納税のサイトを見ていて知った、北海道にある小さな会社さんの青汁ですが、通販サイトでの商品開発ストーリーを読んで感動しました。

この青汁を作っている工場は、もう地元で活用されることのなくなった小学校の廃校を使っているのです。

地元の方、小学校の卒業生の想いをとても深く考え、また健康に役立つ商品をしっかりと研究をしている会社です。工場が小学校の廃校というのも驚きました。

そこで作っている「北海道産」「生しぼり製法(コールプレス)」「無添加」「無農薬で育てた大麦若葉」「ノンカフェイン」「大麦若葉と難消化デキストリン」しか使っていない青汁。いままで、沢山の青汁を飲んできましたが、こんな青汁は知りませんでした。

続けられる、抹茶風味の飲みやすい美味しさ。きちんと効果が出るようにと、原材料の栄養成分の吸収と鮮度を考えた独自の製法。

腸内の環境を整える難消化性デキストリンが、体内環境をしっかりとサポートしてくれるので、結果が出る。

ダイエット中はどうしても、栄養不足になりがちですが、低カロリーなのに、ダイエット中に必要なビタミンやミネラルも効率的に摂り入れることが出来るので、いままで、青汁を飲んでも効果がでなかった方は、ぜひ、純粋な大麦若葉の生しぼり青汁を飲んでみて欲しいです。

ダイエットのサポートだけでなく、体調を整えてくれるので、野菜が苦手な人でも、料理や牛乳やヨーグルトなどに混ぜて、楽しく美味しく続けられます。

そして、この商品を作っている会社さんの感動ストーリーもぜひ調べて、深く知って欲しいです。心があたたまる素晴らしい青汁です。