ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

夜キャベツダイエットの効果と成功の秘訣【切り方・食べ方・調味料が重要!】

更新日: 2018年11月03日

キャベツを切った断面

ダイエットだからといって、きつい食事制限や運動をするのは大変です。
夜キャベツダイエットでは空腹感を感じにくいので、自然と食事量が減り、ダイエットに繋がります。
また、キャベツには身体にとって、良い栄養素が豊富に含まれているので、健康にもなれるんです。

夜キャベツダイエットの効果や成功させるポイントを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

夜キャベツダイエットとは?

夜キャベツダイエットとは、夕食前にキャベツを生のまま1/6個食べるというシンプルな方法です。
夕食前にキャベツをよく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激します。
1/6個はだいたい100gくらいですが、そのカロリーは28kcalくらいです。

痩せる原則は、摂取カロリー<消費カロリーです。
これを守ることができれば、体重は減っていきます。

低カロリー食材のキャベツで満腹中枢を刺激し、夕食の量が減ると摂取カロリーを大幅に減らす事ができるので、特に運動をしなくても体重は減るでしょう。

ただ単に食事制限をするわけではなく、満腹感を感じることができるので、ストレスが溜まりにくく続けやすいのも結果に繋がるポイントです。

夜キャベツダイエットの効果

夜キャベツダイエットの効果には、満腹中枢を刺激して食べる量が減るということ以外にもあり、キャベツに含まれる成分には、身体にとって良いことばかりなのです。

便秘解消効果が期待できる

便秘が解消され喜ぶ女性イラスト

キャベツには食物繊維が豊富に含まれ、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

キャベツの食物繊維は
・不溶性食物繊維:1.4g
・水溶性食物繊維:0.4g
です。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、腸内の汚れを絡めとり、排便を促します。
また、水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で、便のかさが増します。

便秘を解消するためには、両方の食物繊維が必要で、キャベツには両方の食物繊維が含まれているため、便秘解消効果があるのです。
キャベツを食べるときに水分をたくさん取ると、水溶性食物繊維の働きがよくなり、より便秘解消効果が期待できます。

便秘が解消されると、お腹がスッキリするだけではなく、もう1つ良いことがあります。
それは、腸管から分泌されるセロトニンというホルモンの分泌量が増えるということです。

セロトニンは別名「幸せホルモン」といい、分泌量が増えれば増えるほど、脳が幸福感を感じやすくなります。

うつ病患者さんの脳内を調べると、セロトニンが極端に少ないようです。
腸内環境が整うと、セロトニン分泌量が増え、幸福感を感じやすくなり、ダイエットも前向きに頑張れるでしょう。

美肌も手に入る

美肌効果を実感する女性のイラスト

夜キャベツダイエットでは、キャベツを生のまま食べるので、栄養素が壊れません。
キャベツにはビタミンCがたくさん含まれ、ビタミンCは抗酸化作用が強い栄養素です。
アンチエイジング効果やコラーゲンの生成を助けるため、お肌が若返ります。

また、体内に老廃物がたまると吹き出物ができてしまうのです。
食物繊維によって便秘が解消されると体内の老廃物が排泄され、吹き出物が出来にくくなり、美肌に繋がります。

キャベツにしかない胃粘膜保護効果

胃もたれで調子が悪い女性

キャベツにはビタミンUという栄養素が含まれ、別名「キャベジン」と言います。
胃酸の分泌量を正常にしたり、胃の粘膜を保護、修復してくれるのです。
この効果はキャベツにしかなく、キャベツ特有の効果になります。

普段ストレスを感じている方や、なんとなく背中が痛い方は胃が荒れていることから、反対側の背中に症状が出ているのかもしれません。

私自身も学生時代に背中が痛く、病院の先生に相談したところ食前にキャベツを食べるように言われました。
1~2日続けていると、びっくりするくらいあっさり痛みは消えたのです。

現代はストレス社会と言われ、知らず知らずにストレスを感じている方は多いかと思いますので、予防としてもキャベツはおすすめです。

スポンサーリンク

夜キャベツダイエットの口コミでの評価

夜キャベツダイエットの口コミでの評価を調査すると、1ヶ月で7kg、3ヶ月で8kgと痩せるペースはバラバラですが、成功者が多数おられました。
手軽で味付けを変えやすいので、飽きずに続けられたことや、無理な食事制限をするわけではありませんので、満足感が得られ、続けられたことが成功した理由のようです。

失敗してしまった方は、キャベツを食べたからといって夕食をたくさん食べてしまっていました。
また、ドレッシングなどの調味料をたくさんかけている方もあまり体重が減らなかったようです。
キャベツを食べたら、なんでもどれだけ食べても良いということではありませんし、ドレッシングも種類によっては大さじ1杯で100kcal近いものもあります。
食べ方にも注意が必要です。

関連記事

キャベツダイエットで-4キロに成功した方法【効果的で失敗しないコツとは?】

夜キャベツダイエットを成功させるポイント

夜キャベツダイエットを成功させるポイントは3つです。
成功させるためには、この3つのポイントがとても重要なので、しっかり読んでください。

5cm角のざく切り

夜キャベツダイエットのキャベツは5cm角のざく切りに切りましょう。
5cm角はかなり大きいので、よく噛んで食べることができます。

満腹中枢が刺激されるまでには時間が必要なので、10分以上かけてしっかり噛んで食べてください。
最初は時計を見ながら食べたり、口に入れたら30回以上噛むなど意識することが大切です。
しっかり噛むことを習慣化させましょう。

生のまま食べる

生のキャベツ

キャベツは調理したりするのではなく、生のまま食べてください。

生で食べることにより噛む回数が増えることと、ビタミンCやビタミンUなどの栄養素を壊さず摂取できるからです。

調味料は低カロリーなものを選ぶ

ヘルシーなキャベツも、マヨネーズやサウザンアイランドドレッシングなどをかけて食べると高カロリーになってしまいます。
それでは摂取カロリーが増え、ダイエット効果が期待できません。

おすすめはノンオイルドレッシングや、塩コショウなどシンプルな味付けです。
私はよく、ブラックペッパーと岩塩をつけていただきます。
とっても美味しいのでおすすめです。

また、飽きてきたら塩コショウにカレー粉を混ぜると、一気に味が変わります。
キャベツ自体が強い味がする食材ではないので、いろいろ試して楽しみましょう。

夜キャベツダイエットのメリット、デメリット

メリット

  • 運動が必要ない
  • 手軽で簡単
  • いろいろな味付けで食べることができる
  • 満足感がある

夜キャベツダイエットはメリットが多く、夕食前にキャベツを食べるだけなので、とても簡単で続けやすいダイエットです。
夕食前にキャベツを食べることで、満腹中枢が刺激され、自然と食事量が減ります。
そのため、摂取カロリーが減り、ダイエットができるので運動は必要ありません。
運動が苦手な方にも取り組みやすいダイエットと言えます。

デメリット

  • キャベツの価格が高騰してしまうことがある
  • 外食時にざく切りにしたキャベツを食べることが難しい

デメリットはキャベツの価格が高騰してしまうことがあり、その年の気象状況により、高いと普段の倍くらいの価格になってしまいます。
価格変動がある食材なので、いつも低価格というわけにはいかないのが残念なところです。

また、外食時にざく切りにしたキャベツを、食べることは難しいと思います。
その場合は生野菜のサラダを先に食べるようにしましょう。
そうすることで、満腹感を少し得られるはずです。
ダイエットを続けるためには息抜きも大切なので、外食時は少し緩く考え、楽しみましょう。

まとめ

夜キャベツダイエットは夕食前に生のキャベツを1/6個食べることで、満足感を得ながら食事量を減らす事ができます。
そのため、摂取カロリーが減りダイエットに繋がります。

口コミでも成功者が多数おられ、結果が出やすいダイエットであると言えます。
今までダイエットがあまり続かなかった方も、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?