ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

マスクダイエットの効果と痩せる方法【つけるだけで間食も防止】

更新日: 2018年11月03日

マスクを付ける女性

マスクをつけるだけで痩せるダイエット方法を公開!

基本的に痩せるには、ランニングによる有酸素運動で脂肪を燃焼させる事が健康的なダイエットだと思います。

正直なところ 「キツイですよね。」
経験者あるあるで、ある程度続けて行くと体重がピタりとまったく落ちない 「魔の停滞期」 この時期を乗り越えられず断念された方、多いと思います。
私も実はその1人です。

その当時、サウナスーツを着て燃焼系のドリンクを飲んで走ったり、糖質制限もしていたのですが、体重が落ちないスランプと食制限による我慢の反動でスイーツを食べてしまい断念。
結果、見る見るうちにリバウンドして元の体重に戻るオチとなりました。ダイエットは挑戦→失敗。この繰り返しで成功がなかなか見えません。

スポンサーリンク

マスクダイエットとは

マスクダイエットとは、最近、TVでも取り上げられたダイエット方法。今まで失敗したのは続かない理由「辛い」「時間がない」など忍耐力の問題がありました。

もしも、「日常的に取り組んでいる事をそのまま利用して体重を落とす事が出来たら」と言ったらそこまで手間ではないですよね。

花粉対策や公共機関に乗る際に使う「マスク」。
これによるダイエットがクローズアップされたのです。

日常的にマスクを使用されている方は多いと思います。風邪をひいた時以外でも、最近では黄砂やPM2.5などでも使われていますよね。

しかし、海外での利用率は低くそれに対して日本人はマスクの利用率が高い事がメディアで報道されていました。

そんな日本人が日常的に使用しているマスクをダイエットのためにどのように使うかと言うと、市販されているマスクを1日8時間使用するだけです。

市販マスク

巷で流行っているダイエットフードを毎日の生活の中に取り組んだり、極端な食事制限・糖質制限で自己管理したりと言う手間と無理がなく、また毎日ジョギングをしたり、ジムに通うなどのキツイ運動をする訳でもありません。

どこのご自宅でもあるマスクでお手軽に実践する事が可能なダイエット方法なのです。

やるやらぬかと言う迷いが生まれない、すぐに実践できるお手軽ダイエット。ならば試してみる価値は充分にあると思います。

しかし、ダイエット中だとカロリーなど気にしつつも食べてしまう間食。基本的に食事と食事の間は、最低でも4時間は空けましょう。
その時間を設けることにより、新陳代謝を活性化させ代謝が上がります。
また、お肌に必要な成長ホルモンの分泌を促す働きが起こり、お肌のターンオーバーが促進されて美肌効果が期待できます。
その他にも疲労回復などもあると言われてる事から空腹がもたらす意外な効果が伺えますね。

時間的にはお腹が空いたと感じる空腹状態をおおよそ30分間我慢出来れば効果があると言われております。

また、空腹時は吸収率が高い状態になっているので、空腹時に食事をとるときは一気に炭水化物などを摂取してしまうと、体内に溜め込みやすいので、サラダや野菜などの低カロリーなものや、食物繊維が豊富なものから食べるのがおすすめです。

食物繊維豊富 きんぴらごぼう

しかしですね、マスクを付けていると不思議と何かを食べようとする気持ちが薄くなるんですよね。
無理して我慢している訳ではないのですが。この実体験から言えるのは間食が日常的になっている方にこそ特にオススメ出来るかと思います。

関連記事

ダイエットの天敵4つを退治【空腹感は解消できる】

マスクダイエットの効果とは

普段の呼吸と比べると、つまりマスクを付ける前と後では勿論、呼吸がしづらい違いがありますよね。
その為、普段よりも大きく息を吸い込む行為をしてしまいます。

しかし、これが結果的にダイエット効果に繋がります。これにより呼吸筋が鍛えられ、普段よりも消費カロリーが3倍になり、自然と腹式呼吸となるため新陳代謝が上がりインナーマッスルを鍛えること事が出来るのです。

また、それにより、むくみや便秘解消するなどの相乗効果も期待できます。
マスクを使用していると外す作業が手間と言う事もあり、間食が減ります。
それにより、余計な脂肪がつく事を回避できます。

運動の効果によって痩せられるのは有酸素運動による呼吸によるものですが、マスクダイエットにも似た効果が見られます。
それは息を吐くときに出る熱気がポイントになります。

マスクをしていると息が外にも出にくくなるので、息がこもって中が熱くなり、それで暑いと思う人もいるんでしょうが、それにより少しずつ汗がにじみ出てくるようになります。
もちろん運動でかく汗の量には届かないでしょうが、それくらい代謝量でも代謝は上がっているので、ダイエットに役立っていると思っておきましょう。

スポンサーリンク

マスクダイエットの口コミでの評価

マスクをつけるだけのダイエットなので簡単と言う事も有り、SNSでも話題が広がっています。

市販のマスクでは無く、厚みのあるマスクの方が効果があると言う人の声もありましたが、私は普通の市販マスクでも効果を感じました。

PM2.5対策に作られたマスクが1番効果があると言う方が多かったですが、マスクの種類よりも大事なのは呼吸方法が大事です。経済的な事を考慮してもお財布に優しい一般的なマスクでも充分効果を得られます。

それ以外に失敗した事例として、長時間付ける為に掛けているゴムで耳が痛くなるので諦めた方もいました。
その解決策として、ドラッグストアでもマスク使用時の耳裏の痛み解消専用グッズも市販されています。
それ以外の方法として、
・あらかじめゴム紐部分を引っ張り緩ませる。
・ゴム紐部分にコットンやガーゼを巻き付ける。
・耳裏に絆創膏を貼る。
と言ったオススメ対策も挙げられます。ガーゼが1番簡単でしたね。

ガーゼ

マスクダイエットの体験談

実際に私のやり方として、朝食を取り家を出る時にマスクを付けます。
基本的に食事と就寝中以外はマスクを付けています。

その際、「大切なのは意識して深く呼吸をする事です。
腹式呼吸になるので腹筋を意識すれば尚、良いと思います。
初めは意識するのが難しかったですね。

腹式呼吸を芝生の上で行う人

2週間、これを繰り返しただけで171cmで73kgあった体重が2.4kg落ちました。
勿論、食事制限などの我慢はしていません。

マスクダイエットのメリット・デメリット

マスク本来の機能を果たしてくれる事も最大のメリットだと言えますね。咳やくしゃみなどで空気感染するウィルスが体内に入るのを防ぐこと。また、自分の呼吸で口の中や口周りが潤い、風邪のウィルスが繁殖しやすい乾燥状態をなくします。

就寝時に口呼吸してしまう方には、喉の乾燥予防にも役立ちますのでマスクの着用をおすすめします。

花粉が鼻腔や口の中に入るのを防ぐため、花粉症対策には欠かせません。

花粉症 ティッシュで鼻をかむ女性

くしゃみ・鼻水・鼻づまり、ノドがかゆいなど、粘膜のアレルギー症状だけでなく、肌に花粉がつくことでかゆみが出ることもあります。マスクで顔を覆うことで花粉の付着を防げるので、表皮の薄い顔を掻きむしるといったことも少なくなります。

また、マスクには美肌効果も期待できます。紫外線や汚れた外気、乾燥から肌を守ることができます。

化粧水やリップバームをたっぷり付けてからマスクをすれば、保湿効果もUP。また、防寒できるので、美肌の大敵である冷え対策としても効果的です。

顔のお肌はとても薄いので、マスクで保護することで厳しい冬の環境を乗り切るアイテムとなり得ります。

デメリットは肌がこすれることですね。
特に肌の弱い方は、不織布のマスクがこすれる刺激のせいで、肌荒れを起こすことがあります。また、マスクの生地には抗菌剤やアロマ成分などが配合されていることもあり、皮膚が過剰反応を起こすことも。このような方には使って洗えるシルクマスクなど、肌に優しい素材をおすすめします。

「ニキビを隠せるから」とマスクをすると、肌とマスクの摩擦で逆に悪化する場合があります。
治療中のニキビは、肌を清潔に保つことと、患部に触れないようにするのが鉄則。

顔よりも大きいサイズや、立体型マスクを選ぶなど、なるべく肌とマスクが触れないようにしましょう。

また、同じマスクを2日連続で使わない、一度外して時間がたったものは使わないなど常に衛生面を意識して、こまめにマスクを替えることが大事です。

これが最大のデメリットです。マスクダイエットの長時間着用により、お肌が密閉されたままだと、皮脂や汗で毛穴が詰まりやすくなります。
小鼻や頬を清潔に保てず、ニキビの原因になるかもしれません。こまめに外したり、皮脂を取るなどのケアをする事が予防となります。

まとめ

マスクダイエットを成功させるには呼吸方法が1番大切です。意識して深く呼吸をする腹式呼吸を意識しないと効果が薄れてしまいます。また、大幅な減量を期待しないでください。ガッカリするだけなので長期的な目で続けましょう。

マスクダイエットは面倒くさがり屋の方や時間が無い忙しい方に持ってこいのダイエット方法です。

マスクをつけるだけでダイエット効果を発揮するだけでなく、通常のマスクとしてのウイルス対策や、ほこり対策効果もあります。
まさに一石二鳥なダイエット法です。

ご興味がある方は、デメリットに注意してマスクダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。