ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

1ヶ月でヒップは上がる!毎日6分でヒップアップを目指すダイエット方法

投稿日: 2019年02月04日

ヒップアップの筋トレを行う女性たち

「モデルのようなヒップになりたい」「お尻がたるみ過ぎて後ろ姿がみっともない!」「ヒップアップのための効果的なダイエットはないのだろうか…」自分のお尻を見て絶望していませんか?

効果的なヒップアップのダイエット方法を知らないし、運動したとしても効果なかったら努力が無駄になると思っている人は多いはずです。また、エステなどでお金をかければすぐに痩せられるかもしれませんが、費やす金額は庶民ではとても負担しきれません。

「そしたら何をすればいいんだー!」と思わず叫びたくなってしまうと思います。そうした疑念を抱きながら、私も半信半疑でありとあらゆるヒップアップを実践してきました。

実は、1ヶ月継続して成功したダイエット方法が一つあります!本当に1ヶ月だけでいいんです。お金もかからないので、ぜひ騙されたと思って実践してみてください。

スポンサーリンク

ヒップアップするための前提知識

お尻の筋肉

お尻の筋肉を表した人体CT

お尻の筋肉は体の中でも大きいと言われています。
大臀筋(だいでんきん)、中臀筋(ちゅうでんきん)、小臀筋(しょうでんきん)の3つの筋肉があります。

大臀筋は手でお尻をガバッとつかんだときに触れる筋肉です。結構大きくて、片手でつかむのがいっぱいいっぱいですよね。実はこの筋肉は、日常生活のありとあらゆる行動に作用するわけです。
歩いたり、走ったり、座ったり、立ったり…
だからこそ大臀筋は大きい作りになっています。
しかも、お尻の中で大きな存在感を占めている筋肉なので、ヒップの形を作り上げる重要な部位と言えます。
ここの筋肉がお尻を支えているわけなので、大臀筋を鍛えていないとお尻の肉を持ち上げてくれないわけです。

もちろん、ヒップアップをより効果的なものにするためには、中臀筋や小臀筋を鍛えることも重要です。
しかし、普段から過剰な運動をしていない一般人からすると、まずは大臀筋を鍛えることがヒップアップのダイエットを成功させる鍵となるのです。

大臀筋、日常的に鍛えている?

大臀筋、中臀筋、小臀筋を示したイラスト

お気付きの人は、「日常的に鍛えているから、お尻が下がってくるわけないじゃん!」と思うかもしれません。
しかし、日常生活レベルの運動だけでは、大臀筋は鍛えることができません。

そもそも触ってもわかるくらいの大きな筋肉なので、運動量の多い運動をしないと鍛えることは困難です。
ちょっとやそっとの運動では全く鍛えられません。

「フルマラソン走っています!」
「ライザップ通って本気でトレーニングしています!」
と言った、かなりの運動通ではない限り、簡単に鍛えることはできないのです。

大きな筋肉だからこそ、大きく動かす運動をしない限り、ヒップアップは実現することができません。

一般人がヒップアップを実現するにはどうなダイエットをすれば良いか

「某トレーニングジムのように、栄養管理もした上で厳しいトレーニングを行うようなダイエットをしなければならないのか。」
「そんな辛い生活を送るのであれば、ヒップアップしなくてもいいや」
と、諦めていませんか?

確かに、ある程度の運動は必要です。
「1日あたりの摂取カロリーはこれだけ!」
「夜は絶対何も食べてはいけない!」
「アルコールは原則禁止!」
こう言った厳しいことは言いません。
現に私も食事制限はあまり行っていませんでした。

繰り返しになりますが、ヒップアップを実現するために重要なことは、「大臀筋の筋肉を鍛えること」です。

つまり、異常な食生活をしていない限り、いつも通りに食事をしてもヒップアップが可能ということです。

ヒップアップに効果的なダイエット法

大臀筋を鍛えられるダイエット

大臀筋を大きく動かす運動って、ハードさを伴うので結構辛いです。
基本的に、ヒップアップのダイエットは辛いと思ってください。

片手で掴みきれない筋肉を鍛えるのですから、激しいトレーニングをしなければならないのは当たり前です。
しかし、そうしたシビアなトレーニングの中でも、比較的取り組みやすいダイエット方法を見つけてしまいました。

推奨するダイエット方法は、次の動画です!
日本体育大学にいたことのある知り合いにヒップアップしたい相談をしたところ、紹介された動画です。

講師が英語を喋っているので、何を言っているか分からないかもしれません。
ただし、動画なので講師がどのような動きをしているかは分かるはずです。まずは見様見真似で講師と同じような動きをすることで、トレーニングをしてみて下さい。

運動が不足しがちな日本人は、このトレーニングを行っただけで体が温まってくると思います。
そして、運動をあまりにもしていない人は、翌日にお尻が筋肉痛になります。

最初はこの講師と同じような動きをしているかを確かめるために、家族や恋人にチェックしてもらうとなお良いです。
なぜなら、講師と全く同じ動きをしないと、大臀筋が鍛えられないからです。

同じ時間をトレーニングに費やすのであれば、より効果的なヒップアップを期待したいはずです。

全く違う動きをしてしまうと、違う筋肉が鍛えられたり、効果のないトレーニングとなって時間の無駄になってしまうので、確実に講師と同じ動きができるようにトレーニングをしましょう。

スポンサーリンク

私のヒップアップダイエット体験談

ヒップアップした女性の後ろ姿

期限を設けないとやる気が出てこないので、「まずは1ヶ月だけ続ける!」という方針でダイエットをしていました。

「1ヶ月経ったら辞めてもいい!」
そんなノリで始めてください。

本当は1ヶ月後に辞める予定だったのですが、1ヶ月も同じトレーニングをしていると自然と習慣となってしまうので、「辞める」という概念が浮かんできませんでした。
したがって、今でも気づいたときはトレーニングをしています。
しかも、続けることで筋肉が鍛えられるため、始めた頃よりもトレーニングをすることに対する痛さ、辛さ、厳しさが段々となくなってきます。

つまり、これは筋肉が鍛えられていることを意味するので、ヒップアップまでの道のりを着実に歩んでいるということです。

お尻を上げるための効果が着実に出ていることを、見にしみて感じることからやる気にも繋がってきました。

毎日このダイエットを続けることが重要ですが、一つだけ素直に伝えておきます。
実は、1日目このダイエットを実践したことにより、翌日はお尻が筋肉痛になったため、2日目はトレーニングを諦めました。
あまりにも大臀筋を動かしていなかったという証拠です。
ただし、3日目以降は毎日朝に実践し続けることができました。

なぜ朝に行ったのかというと、このダイエットをすることで体が温まるんです。
冬に行なっていたので、体を温めるという意味でも、朝起きたときに行うように習慣づけていました。

すると自然に、ヒップアップという目的に加えて、朝の体温をあげるためのトレーニングとして位置付けられるので、このダイエットが習慣化しやすいのではないかと考えています。

ヒップダイエットでどのくらい効果があったのか?

私は、身長163cm、体重40kgの痩せ型です。
上半身は華奢なのですが、下半身に異常なほど脂肪が集中しています。
体脂肪率も上半身は一桁なのですが、下半身は3倍近くあります。

正直にいうと、このダイエットを実践したからと言って、体重にも体脂肪率にも大きな影響はありませんでした。
しかし、自分でお尻を触っても分かるくらい、明らかにヒップアップができていました!
まず、お尻のラインが明確になったことにより、脚とお尻の境界線が分かるようになったので、足が長く見えるようになると同時に、ヒップの形がはっきりと見えるようになりました。

ヒップアップという目的のためにこのダイエットを実践していましたが、ヒップアップにより足を長く見せることもできたという予期せぬ良いことがありました。

エステサロンなどでヒップアップをするためには、莫大な資金を投下しなければなりませんが、1ヶ月トレーニングを頑張っただけでヒップアップに成功したということは、エステサロンなんか行かなくても自分の努力次第でどうにかなるということです。

本当に食事制限をしていなかったのか?

はい。
食事制限は全くしていません。

ただし、言い方の問題とは思いますが、食事の内容には気をつけていました。
というのも、筋肉を鍛えているのだから、より効果を出すためにタンパク質を摂取すべきだろうと思ったからです。

肉をたべるところ

したがって、厳密にいうと、夜はタンパク質の多い肉などしか食べないように気をつけていました。
だって、ダイエットの効果を高めたいと思っていたので…

しかし、夜は肉しか食べない生活が功を制したとも言えないので、確実とは言えません。
同じ時間を過ごすわけだから、実践して見る価値はあると思います。

最後に

お尻がたるんでしまったのは、あなたがお金をかけて美味しいものを食べてしまったからですよね。
お金を掛けて太ったのに、お金を掛けて痩せようとしていませんか?
それならお金をかけないで痩せることができるはずです!

まずは1ヶ月だけでも良いので、紹介したヒップアップのダイエット法を実践して見てください。
お金もかからないし、仮にダメだったとしても失うものはないと思います。

理想のヒップを実現するためにも、まず1ヶ月だけでもチャレンジして見てください。