ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

【体験談】痩せるおかずダイエットで5.5kg痩せた具体的な方法

投稿日: 2019年04月01日

執筆者: ひろみ

ダイエットを意識したおかずを作るプラン

「ダイエットはしたいけど、食べるのは我慢したくない!」「食事制限をするダイエットは辛くて長続きしない…」そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが「痩せるおかず」ダイエット。

痩せるおかずダイエットでは、食べるものや調理法に少し気を付けるだけで、食べる量を減らさずに、無理なくダイエットすることができます。

これからやってくる肌見せの季節に備えて、痩せるおかずダイエットで理想の体型を手に入れませんか?

スポンサーリンク

痩せるおかずダイエットとは?

痩せるおかずダイエットとは、その名の通り「痩せるおかず」を食べて体重を減らすダイエットです。

痩せるおかずというと、蒸し鶏やささみ、サラダだけといった味気のない食事を想像する方も多いと思います。

今話題になっている痩せるおかずは、糖質の高い食材はなるべく避けて糖質が低い食材を選び、野菜やお肉をたっぷり使ったバランスの良い健康的なおかずで、無理なく痩せることができるんです。

食べる量を減らさないので、リバウンドの心配も少ないのも人気の秘密です。

痩せるおかずダイエットの効果

そんな痩せるおかずダイエットを続けていると、徐々に体重が落ちてきます。もちろん個人差がありますが、人によっては1ヶ月で体重が3キロマイナスになったという人も。食事量を減らすダイエットほど劇的に体重が減ることはありませんが、食事量を減らさないからこそ無理なく続けることができます。

体重の減少以外にも、痩せるおかずダイエットでは野菜、魚や肉、糖質をバランス良く取ることができるので、便秘が解消された、胃腸の調整がよくなったという人もいます。

その他にも血糖値を急激に上げる食材を避けることから、生活習慣病の予防にも繋がると言われています。

痩せるおかずダイエットの口コミでの評価

痩せるおかずダイエットの口コミを調査してみると、多くの人がダイエットに成功していることが分かりました。

成功している人の口コミで多く見られるのが「お腹いっぱい食べて痩せられた」「満腹感があるので苦もなく続けられた」といった内容の口コミです。

やはり食べる量を減らさず無理なく続けられることが人気の秘密のようです。
その他にも「血糖値が落ち着いた」「食物繊維の摂取量が増えたので胃腸の調子が良くなった」など体重減少以外の嬉しい効果も報告されています。

また少ないですが失敗した人の口コミを見ると、炭水化物をすべて我慢する、食べる量を減らし空腹を我慢するといった極端な方法を取っている人が多いようです。

痩せるおかずダイエットでは、糖質をすべて制限するのではなく、低糖質な食材を摂るように気を付けることで無理なく痩せることを目的としているため、食べる食材に気を付ければ食べる量を減らす必要はありません。食べる量を減らさずに我慢しないことが成功につながるという印象を受けました。

痩せるおかずダイエットの体験談

筆者の私自身も食べることが大好きで、20代前半は代謝も高くそこまで気にならなかったのですが、20代後半に突入すると少しずつ体重が増えていき、気づけば顔周りの輪郭が肉に埋もれてなくなってしまいました…。

これではいけないとダイエットをしようと意気込んだ時に、ちょうどテレビや雑誌などで話題になっていた痩せるおかずダイエットに興味を持ち、軽い気持ちで始めました。

まずは糖質が高い食材、低い食材について知ることから始めました。例えば野菜は何でも食べていいと思っていたのですが、実は野菜の中でも糖質が高い食材と低い食材があり、じゃがいもやかぼちゃなどは糖質が高いためなるべく避けた方がいいと知り、それからは糖質の低いレタスやホウレン草などの葉物野菜を中心に摂るように心がけました。

また糖質の高い白米のご飯の量を少しだけ減らし、その分肉や魚などのたんぱく質を摂る量を増やすようにしました。どうしても炭水化物を食べたい時には、白米より比較的糖質の低いパスタなどを摂るようにするなどして、ストレスなく続けられるように心がけました。

低糖質な食材を選ぶだけではなく、調理法についても気を付けました。

私は和食が好きなこともあって、みりんや砂糖を使った煮物などを毎食作っていましたが、糖質のあるみりんや砂糖を使った調理法だけではなく、お酢を使ったカルパッチョや生野菜にオリーブオイルをかけて食べるなど、調味料の糖質も気にしながら料理をするようにしました。料理の味付けの幅が広がり、楽しみながら取り組むことができました。

私が特によく作っているのが、フライパンにキャベツを敷いて、その上に肉(豚でも鶏でもOKです)を載せて、料理酒を一回し、塩をお好みで振って弱火で蒸すものです。

キャベツのかさが減ってたくさん野菜を食べられるし、弱火でじっくり蒸すことで肉のうまみが出てきて、調味料は少ないのに驚くほど美味しいものが出来上がります。シリコンスチーマーを持っている方はもっと簡単にレンジでもつくることができますので、ぜひ試してみてください。

ダイエットを始めてからできる限り自炊をして痩せるおかず作りに励んでいたのですが、仕事で疲れて自炊ができないこともありました。そんな時も、痩せるおかずでは作り置きのできるレシピやレンジで簡単にできるレシピがたくさんあるので安心です。

また外食をせざるを得ないときでも、低糖質な食材を選んで食べれば問題ないので、無理なく続けることができます。
私が特によく購入するものが、コンビニのサラダチキンです。流行っているのでご存知の方も多いと思いますが、最近はいろんな味のものが出ているので、飽きずに食べることができます。ちぎってサラダにかけてもいいし、ちぎってチーズをかけてレンジでチンをしてもいいので、ぜひいろんなアレンジを試してみることをおすすめします。

さて肝心の効果ですが、痩せるおかずダイエットを始めた時の身長/体重は167/63.5でしたが、痩せるおかずダイエットを3ヶ月続けたところ、体重が-5.5キロの58キロまで落とすことができました。

今まで実践してきた食事量を減らすダイエットと比べ、急激に体重が減ることがないため、途中「本当に痩せるのかな…?」と不安になることもありましたが、少しずつですが着実に減っていき、今でもリバウンドすることなく58キロ以下の体重をキープしています。

その結果、ファスナーが閉まらなくなり捨てようと思っていたスカートが難なく入るようになり、気になっていた顔の輪郭もすっきりして、周りにも「痩せた?」と言われることが多くなり、あきらめずに続けてよかったなと思いました。

スポンサーリンク

痩せるおかずダイエットのメリット・デメリット

私が感じた痩せるおかずダイエットの一番のメリットは「食べる量を減らさなくていいので、お腹いっぱい食べて痩せられること」です。食べるのが大好きな人でも無理なく続けられて、リバウンドの心配も少ないため、自信を持っておすすめします!

逆にデメリットとして挙げられるのは、「短期間では劇的な効果が得られないこと」です。メリットの裏返しにはなりますが、痩せるおかずダイエットでは食べる量を減らすわけではないので体重の減少はゆるやかで、短期間で大きな効果が得られるダイエットではありません。
ですので、すぐにでも痩せたい!といった人には向いていないかもしれません。

痩せるおかずダイエット成功のポイント

痩せるおかずダイエット成功のポイントは2つ。

  1. 低糖質な食材を選んで食べること
  2. 短期間で結果を求めずに気長に続けること

この2つが成功に繋がります。

まとめ

ここまで痩せるおかずダイエットについて紹介してきましたが、これなら私もできるかも?と思った方も多いのではないでしょうか。

最近では痩せるおかずについての書籍も出ていますし、インターネット上でも簡単にレシピを入手し試すことができます。

ぜひまずは気軽に試してみてください。皆さんのダイエットの成功を願っております。