ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

キャビスパRFコアは効果なし?実際にお風呂で1ヶ月使用してみた

投稿日: 2019年03月18日

執筆者: ぽぽろん

キャビスパRFコアの実物

「産後だから仕方ない、いつか痩せる」と言いつつ、出産から2年が経ちました。もはや産後ではありません!フルタイム勤務&子育てに追われ、運動する時間もエステに継続的に通う時間も無い。そんな私がたどり着いたのはキャビスパRFコアでした。

藁にもすがる想いで半信半疑で購入したキャビスパRFコアでしたが、1ヶ月使用した今となっては声高らかに皆さんにオススメさせて頂きたいです!

スポンサーリンク

キャビスパRFコアとは?

キャビスパRFコアのパッケージ

美容機器・化粧品分野のパイオニア、かつ安心の国内メーカー「ヤーマン」が誇る人気の美容機器です。

キャビスパRFコアの特長

手のひらサイズの小型機器でありながら、キャビテーション、ラジオ波、EMSという3種の機能がついています。
さらに1台でお顔と身体の両方を施術できるという優れもの。

そして、何と言っても一番の特徴はお風呂で使えるという点ではないでしょうか。エステ店で施術してもらう際は効果を高めるためにヒートマットで身体を温めながら施術されることが多いですよね。しかも、そのヒートマット上の施術にはオプションで別料金がかかったりすることもしばしば…。
しかしキャビスパRFコアなら、お風呂で身体を温めることで代謝を上げながら、効果的に施術が出来るのです。

実際の使い方

ざっくりと説明すると、施術したい部分のお肌に化粧水・ジェル等を施術部分に塗る、もしくは水に濡らした状態でキャビスパRFコアを1秒間に2~5cmの速さでゆっくりと滑らせていくだけです。

ボディーモードでは、キャビテーション(常時出力)・ラジオ波・EMSの3機能を同時に使うことが可能です。
フェイスモードでは、ラジオ波とEMSの2機能が併用可能です。

ラジオ波は3段階、EMSは6段階で出力の強さが選べます。(キャビテーションは常に一定の出力です)

購入方法

購入方法は大きく分けて3つあります。

1.ヤーマンの公式通販で単体購入

ヤーマンの公式通販でキャビスパRFコアを機器のみ単体で購入する。この場合、34,000円(税別)で購入となり、通電前の8日間については返品が可能です。

2.ヤーマンの公式通販の定期コース

ヤーマンの公式通販でキャビスパRFコアと専用ジェル(ボディースムージングゲル250g)を定期コースで購入する。

この場合、キャビスパとゲルを単体で購入した場合より7%お安くなります。
(キャビスパ34,000円+ゲル2,900円=36,900円の7%オフで、計34,000円 ※税別)
定期購入となるゲルのお届けサイクルは30日、60日、90日から選べます。
返品条件は通常購入と同じで、通電前の8日間については返品可能となります。

3.アマゾン、楽天市場等のネット通販

アマゾン、楽天市場等のネット通販で購入する。
この場合、定価価格34,000円(税別)と同額、もしくは少々割高での購入となります。返品条件は出品しているショップによって異なりますので購入前に確認が必要です。

キャビスパRFコアの効果

ネットで見られた体験者の感じた効果はざっとまとめるとこんな感じ。運動だけでは落としづらい部分の効果に対する感想が目立ちました。

  • セルライトが少しずつ柔らかくなっている気がする
  • 太もも、二の腕がサイズダウンした!?
  • セルライトの凹凸が滑らかになってきた!?

キャビスパRFコアの口コミでの評価

キャビスパRFコアの口コミを調査してみると、効果を感じられなかった方と効果を感じている方にはそれぞれ下記のような共通項がありました。

<効果を感じなかった方>
・お風呂で使いづらい(水だけでは滑りが悪い)ため、長続きしなかった
・ビリビリして痛くて使えなかった

<効果を感じている方>
・キャビスパを使用後に、施術部分のマッサージ(老廃物を流す)をしていた
・少なくとも1ヶ月以上続けて使用していた

エステに行ったことのある方は分かると思いますが、必ず言われますよね…「1回で劇的な効果は得られません。」「継続して通って頂くことが大事」「施術後しばらくは脂肪を燃焼しやすくなっていますので、積極的に運動してみてください」と。
キャビスパについても同様で、口コミを見て感じたのは、効果を得られるかどうかは「継続力」と「美容機器の力を最大限引き出す+αの努力」にかかっているのではないかということでした。

キャビスパRFコアの体験談

ここからは実際にキャビスパRFコアを1ヶ月間使ってみた実体験をご紹介します!
もったいぶらずにまずは結論からお知らせすると、私はしっかりと効果を感じることができました。

身体の変化

まずは体重ですが、1ヶ月間で1.5kg減となりました。食事制限はせず、いつも通りの生活をしていました。食べ放題にも2度行きました…。

ただし、エステ店での施術後と同じく、キャビスパRFコアの使用後は食べ物の吸収が良くなってしまうだろうと思ったので施術後2時間は水分以外の摂取はしないようにということだけは気を付けていました。

そして、体重よりも変化が大きかったのは見た目です!
私はいわゆる下半身太り&むくみ体質なのですが、キャビスパを使用して1ヶ月後には太ももにこれまでは無かった筋のようなものがうっすらと現れ、膝上に乗っかっていた醜いお肉が明らかに引き締まりました。
また、ここ最近は太ももで引っかかってしまいウエストまでたどり着かなかったタイトスカートを、1ヶ月後にはなんとかギリギリ太もも・ヒップを通過してウエストまで持ち上げることが出来たのです!嬉しい悲鳴とはこのことです!

さらに、ウエスト周りにもこれまで無かった筋のようなものがうっすら確認できるようになりました。実は2年前に帝王切開で出産しており、その後はお腹の傷を刺激しないように生活してきたため腹筋が1回も出来なくなってしまいました。しかし、このままキャビスパを使い続ければ自力で腹筋も夢ではないと希望が持てるようになりました!

使用頻度および使い方

顏にも使用できますが、今回は身体(ボディーモード)の使用に的を絞ってご紹介します!

キャビスパRFコアの取扱い説明書

説明書によると各部位1回10分程度、週2~3回の使用が目安とされています。また、ボディーモードは15分の連続使用で自動的に電源がオフになります。
そこで、私は1日に施術する箇所を3パターンに分け、1日15分を目安に使用しました。具体的には…

  1. 二の腕・背中
  2. お腹・腰回り
  3. 膝上~太もも・ヒップ

の3パターンに分け、毎日15分ずつ対象箇所に使用しました。

尚、使用場所はもっぱらお風呂です!

湯船につかりながら体温を下げることなく効率的に施術ができます。
そして、水があることで化粧水やジェル等の塗付が不要になるので手間も省けます。

キャビスパの使用後はそのまま湯船につかりながら、5分ほどかけて施術した部位をもみほぐしたり、リンパが集まる方へ流したりしました。

こんな方におすすめ!

正直に言います。私はとってもズボラで継続力がなく、運動嫌い、食べることが大好きなダイエットには不向きな人間です。しかし、そんな私でも1ヶ月間(私にとってはかなりの長期間!)キャビスパを使い続け、効果を実感することができました。
それはひとえに、「お風呂で使える」というキャビスパの特長と私の生活スタイルの相性が良かったからでしょう。

私はお風呂好きで、いつも30分~1時間かけてお風呂に入ります。その時間内で1日15分間のキャビスパタイムと5分間の揉みほぐしタイムが追加されたところで、私には何のストレスもありませんでした。

むしろただのんびり湯船に浸かっているいるより時間が効率的に使えてラッキーです。
また、ラジオ波で身体の芯から温まることによって発汗量も通常より多くむくみ解消も期待できるので、お風呂上りに体重を測るのも楽しみ&モチベーションに繋がりました。

お風呂が苦ではない方にとっては、とても効率的なダイエット方法としてぜひおすすめしたいです。

また、クチコミでは「水だけでは滑りが悪くお風呂で使いづらい」という意見もありましたが、推奨されている「1秒間に2~5cmの速さ」は実際やってみるとかなりゆっくりです。ジェル等を使用した場合と比べると水だけの場合では滑りづらいのが確かだと思いますが、この速さで動かす分には特に不便は感じませんでした。

スポンサーリンク

キャビスパRFコアの危険性

クチコミには「ビリビリする」という意見がありましたが、確かに部位によっては超音波を強く感じる箇所があります。必ず説明書に記載の通り、ラジオ波・EMSを最小出力から始めてみることをお勧めします。

また、目の周りや喉・胸など施術不可の箇所がありますので要注意です。

使用前に説明書にきちんと目を通していたので、私自身は特に危険を感じることはありませんでした。

キャビスパRFコアでのダイエットの成功のポイント

  1. キャビスパの効果を最大限引き出すためにお風呂で使用する
  2. 無理なく続けられる計画を立て、とにかく継続して行う
  3. 簡単でいいので、施術後に揉みほぐしを行う

まとめ

前述の通り、私はとてもズボラでダイエットに不向きな人間です。エステに高いお金を払ってもすぐにリバウンドを繰り返していました。そんな私でも続けられる、かつ効果が実感できるキャビスパRFコアに出会えたことを考えると、決して高いお買い物ではありませんでした。

今後も継続使用し、クローゼットで眠っている洋服たちを着こなしたいと思います。