ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

りんごダイエットで4kg減に成功!継続する方法を体験者が解説

更新日: 2018年11月03日

青森リンゴ りんごダイエットのイメージ

ダイエットの最大の敵は、やはり食欲になります。食べたいのに食べられないとストレスが溜まってイライラしてしまうこともありますよね。

ダイエットを頑張って、なのに普段の反動でリバウンド…それでは何も意味がありません。そうならないために必要なのは、やはりストレスなく、美味しくダイエットをする方法になります。そこで今回、手軽にはじめられて、リバウンドしにくいりんごダイエットの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

りんごダイエットの方法とは?

食欲を抑えなくても良いダイエットとしてオススメはりんごダイエットです。これは1日1食をりんごに置き換えるダイエットになります。

では、3食の中のどこをりんごに置き換えれば良いかというと、おすすめは夜ご飯の置き換えになります。

朝と昼は思う存分、食べたいものを食べてください。ただし、夜はりんごだけ食べるという内容になります。

もちろん、働いた後はがっつり食べたい人などもいるので、自分に合った無理のないダイエットを心がけてください。

どうして痩せるりんごダイエット

まず、なぜ夕ごはんをりんごに置き換えることをすすめたのかと言うと、りんごのカロリーの低さを考えてのことです。

朝昼晩の中で最も気をつけないといけないのは実は、晩御飯なのです。

考えてみると、朝昼晩がっつり食べても昼がっつり食べても仕事や家事などで消費するのである程度は問題無いのです。

しかし、晩御飯がっつり食べてしまうと、後はお風呂入って眠るだけではカロリーは消費出来ません。

そこでりんごの登場です。晩御飯をりんごにするだけでカロリーが抑えられるという理由があります。

では、そもそもなぜりんごなのかと言うと、それはりんごに含まれる成分がダイエットを助けてくれると言われているからです。

りんごポリフェノールと呼ばれる肌にも嬉しい成分があります。りんごポリフェノールには脂肪燃焼効果も期待できるので果物の中でもダイエットにおススメです。

その他にも、りんごはビタミンやミネラルが豊富で甘みがあり、一つ食べただけで満足感が得られるという健康的で身も心も幸せな充実感を得られるという点もあります。

お腹いっぱいになれるのにダイエットに効果的なので、食べれないストレスの軽減にも役に立ちます。

りんごダイエットの注意点

ここに注意 女性

ああ、今日は飲み会だけど参加どうしよう?夕食を友達と食べてしまったけれど罪悪感に襲われた…
その考えは捨ててください。

あくまで自分の頑張れる範囲で頑張ればいいのです。ダイエットの大敵はストレスを溜めてしまうことです。溜まったストレスが弾けた瞬間にリバウンドに繋がってしまうので、食べた自分を許して上げてください。

そして今もう一点、どんなダイエットでも、ある時期があります。それは、体重が減らない時期です。大抵、この時期に嫌になってダイエットを辞めてしまうのですが、この時期に本来なら頑張らなければならないのです。

ですので、毎日ではないけど継続することこそが大事です。
難しいことを言うようですが、この時もしっかりと自分の声に耳を傾けてください。友達と夕ごはんを食べてももちろん大丈夫、明日からまた始めれば良いのですから。ストレスだな!と感じたなら昼食は我慢せずに食べよう!とか今日は夜も食べよう!とか、色々と工夫をしてみてください。

りんごダイエット中の食事について

りんごダイエットは健康的だとお伝えしましたが、やはり一食をりんごに変える訳ですから、バランスが崩れる可能性もあります。
ですので、普段の生活でバランスを補う必要があります。

規則正しい時間にバランスの良い食事を摂る女性

りんごダイエット生活で必要なものは脂質とタンパク質になります。効果的で身体に優しいりんごダイエットにはこの2つを朝と昼できちんと摂取する必要があります。

もちろん、りんごと脂質、タンパク質を取れば良いだけではなく、野菜、魚、肉をバランス良くとることや、自分の食べたいメニューを食べる事も大切になります。

では、これらを実際に行ってみるとどうなるのでしょうか?

りんごダイエット体験談

りんごを食べる女性

まず、最初の1週間は、朝と昼にがっつり食べれるので幸せでした。りんごも悪くないし、本当にダイエット中?と感じました。

ところが、そこから問題に気がつきました。それは、あまりりんごが好きでなかったこともあり、早々に飽きてしまったことです。

そしてりんごを食べているとアゴが疲れてきます。毎日食べ続けるので当たり前なのですが、我慢せずに普通の食事も挟む事にしました。

それでもりんごは飽きるものです。

そこで私が考えたのは、りんごにも少し変化を与える事でした。

りんごにヨーグルトをミキサーに入れてシェイク状にしたり、りんごを焼いて食べてみたりと少し工夫を加えてみると、さほど飽きずに食べる事が出来ました。

この生活を送ること2ヶ月、157cmで51キロの体重が、4キロ減り47キロになりました。これは成功と言えるのではないでしょうか?

ただし、この方法の最大の欠点は、なんと言っても飽きてしまう事でした。

なので工夫をしていくことがなにより重要だと思います。続けていくにはやはり他の食材も食べないとりんごをもう見たくない!という症状に陥ってしまうでしょう。

りんごのサラダやヨーグルトに混ぜる方法など、ちょっとした工夫で食べやすく、続けていけると思います。

その他にも感じたメリット

私は便秘気味だったのですが、りんごに含まれる水分のお陰か、すっきりとお通じが良くなりました。

生の果物があまり好きではないのであまり食べないのですが、そのせいか、りんごポリフェノールのお陰か、化粧ノリも良く、始める前よりも健康になれたように思えます。

ただ、私は普段レトルト食品に頼る生活をしていたので単に生活改善されただけかも知れませんし、個人差もあるかと思いますので、自分の体調を見ながらりんごダイエットを実践してみてください。

オススメのりんごの食べ方

りんごのみは流石にきついので、参考になさってください!

わたしは蜂蜜に助けられました。何せ砂糖よりも罪悪感が少ないので…

  • りんご、蜂蜜、人参、ほうれん草、牛乳をミキサーにかけたドリンク、お腹いっぱいになります。
  • りんご、サラダほうれん草、人参、レーズン(野菜は何でも構いません)酸っぱめのドレッシングでサラダ、野菜の量によっては後にお腹が減ります。
  • 賽の目切りりんごを蜂蜜と水で煮たやつ、ヨーグルト、生のりんごを合わせたスイーツ、これは美味しいのですが、やはりりんごをある程度入れないとお腹が減ります。

りんごダイエット用のレシピだと私はこのぐらいしか思いつきませんでしたが、味を変えることで美味しく続けることが出来ました。

周りにいたりんごダイエット経験者

私の友達にもりんごダイエット経験者が居ます。一時期テレビで取り上げられたのでその時に試してみたらしいです。

その子に感想を聞くと、飽きるよね!と一言。途中でバナナやオレンジも食べていたけど、りんごダイエットじゃないよね!と笑っていました。

下痢気味になったりと大変だったので途中で断念したようですが、体重の減りは効果的だったようです。

夏に向けてやるならいいかもと呑気に言っていましたが、体調めんには気をつけて欲しいものです。

スポンサーリンク

まとめ

りんごダイエットを評価すると、やり方によってはおススメというところでしょうか?人によって合う合わないももちろんあると思います。

やはり、健康が1番ダイエットは2番ですので、お腹が緩くなったら辞めるべきですし、普段の食生活にもいつも以上に気を使うべきです。

簡単なダイエットはやはりなく、どんなものにも継続や知識などが必要になってきます。

ただ、ダイエットにしてはお腹が減ることが無いので、食のストレスは比較的抑えられていたように思います。

メリットとデメリットがあるので、体調とストレス度をみながらりんごダイエットに挑戦してみてください。どんなダイエットでも無理をしないがキーワードになるのですから。