ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

食べないダイエットを1週間に1回、1ヶ月で7kg痩せた方法

投稿日: 2018年04月05日
食べないダイエットのイメージ

年を重ねる毎に、段々痩せにくくなって来て、1kg落とすのにどれだけ苦労した事か。若い頃、近所のおばちゃん達が「何にも食べないのに太る!何しても痩せない」と言っていたのを聞いて「まさか」と思っていましたが、事実でした。

確かに、この年齢(53歳)になると、1kg痩せるのにどれだけ頑張っても痩せず、やっと1kg落ちた!と喜んだのもつかの間、直ぐに元に戻る。

年々履けるズボンも無くなり、オシャレがしたくてもお腹が出て出来ない。そんな私がなんと!1ヶ月で7kgもダイエット出来た食べないダイエットの方法をお伝えします。

スポンサーリンク

食べないダイエットとは?

食べないダイエットとは、1週間ずっと食べない、と言うのではなく1週間のうちたった1日だけ何も食べない、と言うダイエット法です。

プチ断食とも言われていますが、この方法を3週間続けておこなった所、体重が7kgも落ちたんです。

私の場合、日曜日だけ何も食べず、スムージーなどの飲み物だけで過ごしました。固形物は一切口にしないのが重要なんです。

食べないダイエットの効果

食べないダイエットの効果としてデトックス効果があります。どうしてデトックス効果が出るのでしょうか?

その理由は内臓にあって、内蔵は、毎日の食事の度に消化・吸収するために働いています。この様に毎日働いている内蔵は、私達が食事をやめない限り休むことができません。

そこで、食べない、と言う日を設ける事で、内臓にかかる負担を減らして休ませてあげるのです。

完全に近い断食程、内臓は働かなくて良いのでデトックス効果も高くなりますが、その様な断食の仕方では、健康面や美容面において良い影響はありませんし危険も伴います。

ですから軽い断食を行う事でも、内臓への負担を和らげる事は出来ますので、デトックス効果も得られると言う事になります。

では具体的にデトックスはどう身体に良のかと言いますと、お腹の中に溜まっている宿便の排出を促す事が出来ます。この事で腸の中が綺麗になり腸の機能が回復し、痩せるために必要な物を吸収しやすくなり、痩せやすい体質になれます。

内臓も使い過ぎると疲れて本来の機能を発揮できなくなります。時々デトックスをして疲れた内蔵を休ませ機能を回復させる事が大切だと言う事です。

また内臓を休ませる事で基礎代謝の向上にもなります。

基礎代謝とは、運動をしていなくても、普通に生活するために消費されるエネルギーの事です。この基礎代謝があがれば、脂肪燃焼も促進されダイエットにも効果的と言えます。

スポンサーリンク

食べないダイエットでの口コミでの評価

どんなダイエットでも効果がある人と、無い人といる様に、このダイエットに関しても
効果の無い人もいます。

私の場合、主人と二人で行ったのですが、主人は1kgしか落ちませんでした。

しかし、気長に行こうと言う事で、毎週食べないダイエットを実践して現在半年たちますが、半年で落ちた体重は7kgになります。

月に1kgですが健康的に痩せていると思います。

つまり、私が短期間で痩せられたと言う事は、このダイエット方が合っていたのだと思いました。

では、他の人はどうなのでしょうか?

同じようなダイエットを行った人の口コミを見てみると…

  • ヨーグルト断食を行って5.5kgのダイエットに成功
  • 生理後の断食で2日間で約3kgのダイエットに成功
  • 3日間断食をして-4kgのダイエットに成功。短期間集中して行いデトックス効果も得られて良いいダイエット方法だと思った。
  • 2日間で3kgダイエット出来、その後リバウンドを防ぐために筋トレを始め、今のところリバウンドはなく体調がとても良くなった。

このように、かなりの人が成功していることにビックリしました。

しかし、誰でもこのやり方で効果が出るとは限りません。人それぞれ、体質や食生活・生活習慣なども違いますので、その辺りも影響するのではないかと思います。

食べないダイエットの体験談

 スムージーを飲む女性

私が行ったのは1週間のうち 日曜日だけ断食するやり方です。これを3週間続けて行いました。

やり方としては、まず、土曜日の夕食から食事の量を落としていきます。

土曜日
夕食:ヨーグルト・サラダ

日曜日
朝食:スムージー
昼食:スムージー
夕食:スムージー

月曜日
朝食:おかゆ(急に固形物を入れると胃腸が驚くので少しずつ戻します)
昼食:うどん(消化の良い物を食べます)
夕食:普段通り

日曜日はスムージーの他に野菜ジュース・炭酸・ヨーグルトなどで満腹感を保ちますが、固形物は一切摂りません。

ダイエット前

身長:164㎝
体重:62kg
ウエスト:82㎝

ダイエット開始

1週間後
体重:59kg
ウエスト:78cm

2週間後
体重:57kg
ウエスト:74cm

3週間後
体重:55kg
ウエスト:72㎝

昨年まで着られなかった、ジャケットやズボンが入る様になりました。
ポッコリ出ていたお腹はぺっちゃんこになり、若い時のベスト体重に戻りました。

しかし、リバウンドが怖いので筋トレとして毎日スクワットとドローインだけは気を付けて行っています。

ドローインとは、お腹を腹式呼吸の様に凹ませるやり方で、いつでも出来るので便利です。洗濯ものを干している時、仕事をしている時など気が付いた時は、行うようにしています。

スクワットは朝の歯磨きの時に50回行っています。

断食中に出た症状

頭痛の女性

朝起きて、スムージーを飲んで暫くすると、頭が痛くなりました。

そこで調べて見ると、このダイエットを行った多くの人が経験されていると言う事でした。

理由として何点かありましたので書いておきます。

好転反応
体の毒素が排出されるために起こる、カラダの変化の一つで頭痛が起きると言われています。
ケトン体の生成
食べ物からのブドウ糖が不足しがちになるため、その代わりに栄養源となってくれるのがケトン体です。
ケトン体は肝臓で作られていて、このケトン体の濃度が急激に上昇して体に負担がかかる事で頭痛が起きるとも言われています。
ですから、身体に負担が来ない様に、水分をこまめに摂ってケトン体を排出するようにした方が良いようです。
ホルモンバランスの乱れ
女性の場合、生理前や生理中に、このダイエットを行って頭痛が起きる人が多いようです。
それは生理中はホルモンのバランスも乱れ、栄養バランスも乱れやすくなっているので、その状態でダイエットを行うと、栄養が不足して頭痛が起きやすくなると言われています。
血糖値の急激な変化
血糖値がどうしても低くなりますので、この急激な変化で頭痛が起きるとも言われていて、この場合はハチミツなどで血糖値を緩やかに上げて行く事が大切になってきます。

これ以外にも、寒気・眠気などの症状が出ましたが、どれもダイエットによる症状が出ている事が分かり安心しました。

しかし、余りにもひどい場合は途中でやめた方が良いとの事でした。

食べないダイエットのメリット・デメリット

メリット

  • 短期間で体重を落とせる
  • 長期間の食事制限や運動をしなくても良い

デメリット

  • 頭が痛くなる
  • 寒気・眠気が来る
  • 食べ物の匂いがすると食べたくなる
  • お腹が空く

食べないダイエット成功のポイント

  • 何か集中出来るものを見つけてなるべく食べ物の事を考えないようにする
  • 外に出ず家の中で過ごす。それは外出すると食べ物の匂いに負けて食べてしまうから

食べないダイエットでリバウンドしない為には

リバウンドしてショックを受ける女性

リバウンドについては、もちろん痩せたからと言って何でも食べていれば、体重は元に戻ると思いますが、何度かしていくうちに胃が小さくなったのか、食事の量も減ってきました。

また、脳は今までの体型を覚えていて、元に戻そうとします。それがリバウンドになるので、痩せた体型を脳に覚えさせることも大切です。脳が覚えるのには1年くらいかかると言われています。

ですから、1年間今の体重を頑張ってキープして行く事を、ダイエット成功後の目標としましょう。

まとめ

何年も痩せたいと、色んなダイエットをしてきましたが、成功した物は殆どなく、今回のダイエットも主人がタバコをやめて9kgも太ったのがきっかけで、私もついでにと気楽に始めた物で、期待もしていませんでしたが想像以上の効果でビックリしています。

性格もあり継続する事が苦手な私にはピッタリでした。

何ヶ月も食事制限をしたり、運動をするのではなく、1週間で数キロ落ちていくダイエットとしては健康面でどうなのかとも思いましたが、きちんと正しいやり方で行う事でリバウンドする事もなく、安全に痩せられると思います。

しかし、中にはこのダイエットが合わない方もいるかと思います。始めてみて途中で気分が悪くなったりした場合は途中でやめる勇気も必要かと思います。