ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

【体験談】ビールダイエットで-5kgに成功!効果を上げる方法とは?

更新日: 2018年11月03日

執筆者: きなこ

ビールダイエットに挑戦している女性

「ダイエットのためとはいえ、大好きなビールを我慢してまではつらい…」という理由を言い訳にして、これまでダイエットをすべき体型を見て見ぬふりをしてきた方も多いのではないでしょうか。そんな方に朗報です!

「ビールはビール腹まっしぐら、つまりはダイエットの敵」という常識を覆す、ビールダイエットが話題となっていることをご存知でしょうか。
このダイエット方法は、ずばりダイエットのためにビールを飲むことを推奨しているのですから驚きです。

しかし、本当にビールを飲んで痩せることができるのでしょうか。そこで体験者である私が、ビールダイエットについて詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ビールダイエットとは?

ビールダイエットとは、文字どおりビールを飲むダイエットで、その方法は、夕食のときにビールを飲むだけです。

「そんなの毎日やっているけど一向に痩せない!“ビール腹”なんてみんなに言われているし(泣)」というあなた、あせらずに聞いてください。実はこのビール腹とビールは無関係ということが近年分かってきたのです。

ビールダイエットの方法

夕食時にビールを飲む女性

ビールダイエットのやり方ですが、夕食の始めにビールを飲みます。ビールに含まれる炭酸によりある程度お腹が膨れて満腹感を得やすくし、食事の量を抑えることができるというわけです。

なお、この時ビールと同量程度の水を摂るとより効果的です。

ビールを適量飲んだら、夕食のおかずをおつまみ代わりにしてビールを飲み進めましょう。

ビールダイエットではビールだけを飲むのではなく、カロリーの低いものであれば通常通りの食事をしていただいて構いません。ただし、ご飯などの炭水化物は摂らないようにしましょう。

また、このときのビールの摂取量の目安は1日500ml程度と言われています。それ以上摂取してしまうと逆に太ってしまう原因となりますので、適量を飲むようにしましょう。

ビールのカロリー

350mlのビール缶1本

ビールはカロリーが高い食品として知られています。

実際にビールのカロリーは350ml缶1本当たり140カロリー程度で、これはお茶碗半分程度のご飯のカロリーに相当します。

しかし、ビールに含まれているカロリーはエンプティ―カロリーといって、体内で優先的に使用されるため脂肪として蓄積されないと言われています。つまり、ビールを飲んでもビール自体のカロリーで太るということは考えにくいのです。

リバウンドの危険性は?

ではなぜビールを飲むと太ってしまうイメージがあるのかと言うと、その原因の多くは揚げ物などカロリーの高いおつまみを同時に摂取していることや、日頃の運動不足など、その他の生活習慣によるものということが分かってきたのです。

よって、ビールダイエットに成功したからといって安心して、カロリーの高い食べ物を一緒に食べ始めると、あっという間にリバウンドしてしまうという危険性があります。

関連記事

ビールは太るは真実?太る原因と太らずにビールを楽しむ方法

ビールダイエットの効果

ビールを飲むと体がポカポカしてきますが、これは血流がよくなることで代謝が活発になっているからです。つまり、脂肪が燃えやすい状態にあるということを意味します。そのため、そもそもビール自体にダイエットをサポートする効果を期待できると考えられています。

また、それ以外にもビールダイエットの効果として、次の4つが期待できると考えられています。

  1. 血糖値の上昇を抑える
  2. 脂肪の蓄積を抑える
  3. 脂肪燃焼効果
  4. 整腸作用

さらに、1日の終わりにビールを飲みながら誰かと一緒に食事をする行為は、ストレス発散に効果抜群です。

もともとストレスが貯まりやすく、それが原因で失敗をするケースも多いダイエットにおいて、この心理的作用が最も重要な気がします。

ビールダイエットの口コミでの評価

ある意味太るための行為の代名詞、ビールを飲んで痩せられるなんて、ウソみたいな話ですが、実際にビールダイエットを行ってダイエットに成功した方は、私以外にも確実にいます。

例えば、大のビール好きでどうしてもビールは止められなかったが、飲む方法とおつまみに気をつけて1ヶ月半で5kgのダイエットに成功した方。夕食のみ炭水化物を止め、そのストレスをビールで補うことで2ヶ月で8kgの減量に成功した人もいます。

ビールダイエットの体験談

ビールを美味しそうに飲む女性

では、私がビールダイエットをどう実践したかをご紹介していきます。

身長は168cm、ダイエット開始時の体重は58kgでした。ベスト体重は53kgでしたが、ストレスでスイーツやパンなどをたくさん食べてしまったために3ヶ月ほどで5kg太ってしまいました。身長があるのでごまかせていましたが、お腹や太もも、二の腕が脂肪でタプタプです。

運動や食事制限といった、いかにもなダイエット方法では絶対にストレスになって続かない、もしくは派手にリバウンドすると思っていた私は、ビールダイエットに挑戦することを決めましたが、ダイエット中なのにわざわざビールを飲むというなかなかの背徳感でスタートを切りました。

実践した方法と変化

私の場合は、夕食時に350ml缶を1本か2本のビールを飲むということを、家で食事をするときはほとんど毎回実践しました。一応「糖質ゼロ」と書いてある発泡酒を中心に、味が好きな銘柄を選んでいましたが、普通のビールでも違いはないように感じました。

始めてみて早々に効果があったのは、食事量の変化です。

もともとビールやお酒を飲むと食欲が減少する私。ほろ酔いで良い気分になることで満たされ、過剰な食欲が湧かなくなり、副菜の酢の物やおひたし、煮物などをつまみにしていたら、それで十分満足できました。また、ビールを飲みながらだとゆっくり食事ができるので、それも満腹感を得ることにつながっていたのかもしれません。

普段、家で夕食をとる場合、ビールは飲まず、炭水化物までしっかり一食分を10分ほどで食べ、その後にテレビを見ながら大好きなお菓子やアイスクリーム、菓子パンなどをだらだらと食べてしまうといった毎日でした。振り返るとこの習慣が太ってしまう行動そのもの。ビールダイエットはこの毎日の行動をストップさせたのです。

また、週末などは友人と外食をすることがほとんどでしたが、ビールダイエットは人と食事をするときにも変にダイエットを意識せずにすみます。居酒屋で枝豆やサラダ、お刺身や焼鳥などを選べば、外食でも無理なくビールダイエットを実践できます。

ビールダイエットの結果と現在

スタートから1週間で2kg減を達成しました。嬉しい衝撃だったのは、ビール腹とはうらはらに1週間前より確実にお腹がへこんでいたことです。

ビールで太るのではなく、一緒に食べてしまう食事が太る原因だということが実証された瞬間でした。

1ヶ月たつ頃には5kg減を達成し、無事にベスト体重に戻すことができました。

結果ももちろんですが、ビールダイエットの最も良かったことはストレスをほとんど感じなかったこと。これがダイエット成功と体型キープにとって最も重要ですよね。

もちろん半年経過した今もリバウンドはしていません。あいかわらずビールは飲んでいるので、ある意味ビールダイエットを続けているとも言えますが。

スポンサーリンク

ビールダイエットのメリット・デメリット

さて、ビールダイエットのメリットとデメリットについて説明していきましょう。

まずはメリットですが、次の2点が考えられます。

ストレスがほとんどない

ストレスが発散される女性

私の体験談からも察していただけたかもしれませんが、夕食の炭水化物を抜くという制限はありますが、ビールが飲めるということは、その爽快感と満足感で、制限しているということを忘れてしまうことができ、変なストレスを感じる必要がありません。

ダイエットの継続にストレスは大敵ですからね。
この点が最も大きなメリットと言えます。

日常生活に支障が出ない

 ビールで乾杯する女性たち

食事制限系ダイエットの多くは、会社の人や友人との飲み会を断ることになったり、行ったら行ったでそれまでの努力が水の泡になるケースがよくあります。

しかし、ビールダイエットの場合はビールを飲んでダイエットをするため、飲み会などの参加も全く問題ありません。

ただし、唐揚げやフライドポテトなどビールに合うおつまみを食べてしまうのはNGですので、そこだけ注意してください。

続いて、デメリットです。

おつまみに要注意!

焼鳥の盛合せとビール

先ほども少し触れましたが、から揚げに餃子、ハンバーガーにフライドポテトなど、ビールに抜群に合うものの中には、高カロリーかつ炭水化物を含むものが多いです。

特にビールを飲むと食欲が増してしまう傾向にある方は要注意!
ほろ酔い気分で誘惑に負けるということはよくある話、それまでの努力が水の泡になります。

ビールを飲みすぎては効果がない

ビールを飲みすぎな人のイラスト

ビール好きにはもってこいのビールダイエットですが、ビールを飲みすぎてしまうとやはりカロリー過多になってしまいますので、意味がありません。

その他、そもそもビールが苦手な方には向いていません。

ただし、食事制限系ダイエットの中では、圧倒的にメリットの方が多いダイエットだと思います。

まとめ

ビールダイエット成功のポイントは、大好きなビールを楽しみ、心地良い酔いに身を任せ、満足感と満腹感を得ながらヘルシーな夕食をゆっくり楽しむことに尽きます!

ストレスと余分なお肉を捨て去りましょう。

ただし、おつまみ選びだけは気を使ってくださいね。

ビールを飲んでダイエットになるなんて本当?と普通は思ってしまいますが、詳細をみていくと納得できることもありますよね。

ビールを飲むとすぐ満腹になって食事が食べられなくなるという方も多くいます。これを逆手にとるのがビールダイエット。

適度に摂取すればもともとビールの持つ体に良い成分を効果的に取り入れることもできます。ただし、ビールには食欲を増進する効果もあるため、おつまみ選びを慎重に、また食べ過ぎによるカロリーオーバーにくれぐれも注意しましょうね。