Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

8時間ダイエットで1カ月で-4キロに成功!効果的なやり方とは?

掛け時計を持っている手、時間

様々なダイエットに失敗してきた私が1か月でマイナス4キロのダイエットに成功。その方法が8時間ダイエットです。

ストレスなく8時間ダイエットに成功できたコツや方法を、8時間ダイエットの特徴、ダイエット中の食事メニュー、運動の有無、空腹時の過ごし方、リバウンドの有無、など実際の体験談に基づきご紹介します。

スポンサーリンク

8時間ダイエットとは?

そもそも8時間ダイエットとは1日の最初の食事から最後の食事を終えるまでを8時間以内におさめ、それ以外の時間は水分のみで過ごすというダイエット方法のことです。

16時間は水分のみで過ごさなければならないため、一見、かなり過酷なダイエット方法に思われがちですが、8時間以内であれば極度な食事制限をすることなく、しかも16時間は物を口にしないので、内臓疲労にも効果的で健康的にダイエットができるという点に魅力を感じ私自身も8時間ダイエットを実践しました。

著者の実践談

それは1年前。結婚式を1か月後に控えた私は女性の永遠のテーマでもあるダイエットに挑戦することを決意しました。

花嫁

それまで様々なダイエットに挑戦してきたものの少し油断するとリバウンドを繰り返してきた私はダイエットでたくさんの失敗をしてきました。

しかし今回は人生で一度の晴れ舞台。せっかくならやっぱりきれいな姿で式に出たい。そう思い本気でダイエットに挑戦しようと思いました。

とはいえ、ダイエットの方法は様々。時間も限られていた私は確実に痩せる方法を探すべく、ネットや友人に片っ端から調査。そんな中、かなりの確率で成功するといわれた8時間ダイエットでやせることを決めました。

ダイエット中とはいえ規則正しい生活を心がけるべく、まずは食事をする時間を決めることにしました。もともと私自身、朝食をとる習慣がなかったため1回目の食事は12時~13時。そこから夜の20時~21時の間に夕食を終えるというスケジュールで実践することにしました。

砂浜と目覚まし時計

ダイエット中の食事メニューとしてはその日によって多少は変わりましたが、主軸として野菜(サラダ)、魚、肉、豆類(納豆・豆腐)は必ず摂取するようにしていました。

もちろん外食をするときやお酒を飲むときもありますのでその際には次の日の摂取カロリーを気を付けるようにしました。

そして実際にダイエット開始。ダイエットを開始して最初の1週間は体のリズムができずに、夕食を終えた後、小腹が空いたり朝早くから起きて活動した日は12時の最初の食事まで空腹を抑えることが難しく、ひたすら水を飲んで我慢していました。

そんな中、たまたま口にした無糖の炭酸水が空腹感を抑えるのに効果的ということを発見してからは頻繁に炭酸水を飲むことにしていました。

炭酸水

ダイエットの効果はというと、減量に関してはダイエット開始10日目くらいまでは目に見えた体重の減少などはありませんでしたが、それより何よりびっくりしたことは便秘が解消されたことでした。

ダイエットと便秘は切っても切れないものだと思っていましたが、8時間ダイエットを実践してからはむしろダイエット前よりも便通がよくなったのです。

ネットなどあらゆるものを調べてみてわかったのですが、どうやら16時間は確実に内臓を休めることができるので腸内環境もよくなり便秘も解消されるとのこと。

また、肌荒れもなく寝つき、寝起きもよくなり、ストレスを感じることなくダイエットを続けることができました。

こうして便秘も治ったおかげでようやく11日目あたりからは体重も減少。14日目には-2キロのダイエットに成功しました。

ダイエットのイラスト

そして、ダイエット開始から2週間が過ぎたころからは8時間ダイエットの食生活にもなれ、さほど空腹感を感じることもなくなり、1回の食事量もコントロールできるようになったおかげでダイエット開始1か月で見事-4キロのダイエットに成功しました。

ちなみにその際に目立った運動は特にしていません。

口コミでの評価は?

そんな8時間ダイエットの効果を自身で感じた私ですが、ダイエット中は本当に痩せれるのかと不安になったこともあり、ネットなどで8時間ダイエットについてかなり調べたりもしました。

口コミの大半は、成功率が高く多くのセレブも実践しているといったポジティブな内容が多いものの、中には全くやせれない、リバウンドをしたといった失敗談もありました。

しかし、その多くは8時間以内の食事の際に食いだめといったように過剰なカロリーを摂取しているとか、口にする水分に糖分が多く含まれているなど、正しい知識がなく失敗してしまっているといった内容ものが目立ちました。

私自身は事前にかなりに情報を入手していたため、正しい方法のもと8時間ダイエットを実践できたので失敗することなくダイエットに成功できました。

メリットとデメリット

実際に私自身8時間ダイエットを実践してみて感じたメリットは、最初にも記載した通り8時間以内であれば極度な食事制限をすることがなく、しかも内蔵も休めることができ、健康的にダイエットができるということです。

内臓に良いイメージ

極度な食事制限がないため、肌荒れや抜け毛もなく、貧弱にならずにきれいに減量することができます。

また、ストレスを感じることなく減量以外にも健康面でうれしいことが多くなることもこのダイエットのメリットです。

しかし、逆にデメリットとしては長時間空腹な状態が続くため、最初の食事の際にドカ食いをしてしまい、結局摂取カロリーが増えてしまうとか、血糖値が一気に上がり、糖尿病や中性脂肪が増えてしまう恐れがあることが挙げられます。

私の場合はこうしたデメリットの面を避けるために、まず1食目は低カロリーなメニューを中心にすることを心がけていました。具体的にはサラダ、納豆、魚などを中心にし、できる限り炭水化物は少なめのメニューなどにしていました。

また、食べる順番も非常に重要です。いくら摂取カロリーが低くても血糖値が上がりやすいもの、たとえば炭水化物や糖分の多いものから先に口にしてしまうと元も子もありません。

ですので、まずは野菜から順に食べていくことが大切です。こうして私は8時間ダイエットに成功しました。

新鮮な野菜

実際に食事のリズムも定着し、結婚式を終えた今でもリバウンドすることなくダイエット続けることができています。

また、内臓疲労もなくなり、寝つき、寝起きも非常によく、体も軽くなったことを実感しています。

8時間ダイエットで成功する秘訣

最後に、実際の経験談をもとに私が考える8時間ダイエットに成功したポイントとしては2つです。

一つ目は摂取カロリーに気を付けること。二つ目は食べる順番に気を付けること。いくら8時間以内であれば過剰な食事制限をする必要がないとしても、暴飲暴食は禁止です。

自分自身がダイエットをしている立場だということを常に忘れず、摂取カロリーを計算するようにしましょう。

そして、空腹感が出てきたときは炭酸水でおなかを膨らまし空腹を紛らわせましょう。炭酸水には空腹感を抑えるだけでなく、体の代謝を上げる効果もあるのでダイエット中には欠かせない飲み物です。

そのようにして空腹感を抑えつつ、ドカ食いを避け、ゆっくりと味わって食事をすることで急激な血糖値上昇を防ぎ、健康的なダイエットをすることが可能となります。

まとめ

ダイエットは過酷な運動と過剰な食事制限でつらい思いをするイメージが多いですが、正しい知識と方法さえ守れば、8時間ダイエットで無理なくしかも健康的に痩せることができます。

しかも体のリズムを整えることで減量以外にもうれしい効果が期待できるのがうれしいですよね。

私自身これまでたくさんのダイエットをしては成功と失敗を繰り返してきましたが、今回この8時間ダイエットを成功させることができ、本当にうれしく思っています。

これまで様々なダイエットに失敗してきた方も是非一度8時間ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る