Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

脂肪燃焼スープダイエット究極ガイド!応用レシピでリバウンドなし

ミネストローネ

7週間脂肪燃焼スープのレシピ、ダイエットを行う上でのルールや効果、7日間のスケジュールをこなせない場合の効果など脂肪燃焼スープダイエットを実際に何度か行ってきて私が感じたことを記事にしています。

食べるだけのダイエットではありますが、やってみると意外に厳しいルールや7日間同じスープを食べ続けなければいけないなど、完璧に行おうとすると挫折してしまいそうな「脂肪燃焼スープダイエット」をゆるく続けて効果も出せる方法を提案しています。

スポンサーリンク

脂肪燃焼スープダイエットとは?

心臓外科手術の前に安全に急速な減量を行うためにも用いられているダイエットで、このダイエットを行った患者は全員効果を実感したそうです。

単にカロリーを減らす・食べないというダイエットではなく、野菜をたくさん摂ることができるので健康的な身体も目指せるダイエットです。

しかも、どれだけ食べてもOKで、むしろ食べれば食べるほど痩せられるという食いしん坊にはありがたいダイエット法であり、スープ「だけ」を食べ続けなくてはならない単品ダイエットではないですし、医療の分野で取り入れられている方法ですので栄養価や安全面も保障できます。7日後には効果を実感できているはずです。

まずは、脂肪燃焼スープのレシピをご紹介します。

「たまねぎ3個」「ピーマン1個」「セロリ1本」「キャベツ半玉」「ホールトマト1缶」「チキンスープの素1個」、あとは水適宜(1~3リットル程)を鍋に入れて煮込むだけ。塩胡椒やカレーパウダーなど好きな味付けをしても大丈夫です。

トマトスープと材料

次に、脂肪燃焼スープダイエットのルールです。

  1. お酒は禁止(脂肪燃焼効果の妨げになります)。
  2. お酒を飲んでしまっていたら24時間以上空けてから始めること。
  3. ダイエット中に飲んでいいドリンクは水・お茶・ブラックコーヒー・100%ジュース・スキムミルク(無脂肪)のみ。
  4. 炭酸飲料は禁止、砂糖や甘味料もダメなのでダイエットコークもダメ。
  5. 揚げ物やパンなど小麦粉を使った食品を摂るのは禁止。
  6. 7日中に牛肉を食べる日がありますが、代わりに鶏肉(皮は除く)か魚でも大丈夫。
  7. 7日間毎日欠かさずスープを飲むこと。

【1日目】スープとフルーツの日

  • ・バナナ以外のフルーツは何も食べてもOK。
  • ・水分は水か100%ジュース。より効果を求めるなら水がおすすめです。

【2日目】スープと野菜の日

  • ・野菜の調理法は、バターや油を使わなければ自由です。
  • ・豆やスイートコーンはNG。
  • ・夕食にはご褒美にほんのちょっぴりのバターをつけたベイクドポテトもOK。

【3日目】スープとスルーツと野菜の日

  • ・1日目と2日目を合わせた日。
  • ・スープとフルーツと野菜をどれだけでも食べてOK。
  • ・ただしベイクドポテトはNG。

【4日目】スープとバナナの日

・バナナ3本とスキムミルク(無脂肪ミルク)500mlと水をたくさん。

【5日目】スープと肉とトマトの日

  • ・350~700g程度の赤身の牛肉(または鶏肉、煮魚でもOK)。
  • ・トマトを最大6個食べましょう(スープに入れてもOK)。
  • ・体から乳酸を排出するため6~8杯の水を飲む。

【6日目】スープと牛肉と野菜の日

  • ・好きなだけ食べてOK。
  • ・ただしベイクドポテトはNG。

【7日目】スープと玄米と野菜と100%ジュースの日

  • ・玄米をスープに入れてリゾット風にしてもOK。

この通りの食事制限を行っていれば、7日間で普通の体型なら3kg、太っている人なら5~8kgの減量が目指せるといわれています。

体に負荷をかけるダイエットではないので、理想体重になるまで何度でも繰り返してスケジュールを行うことが可能です。

デザートや甘くて食感の違うものが食べたい場合は無脂肪のヨーグルトやフルーツで作ったゼリーなどでしたら食べても大丈夫です。

ヨーグルト

実践者の声(口コミ評価)

このダイエットを実際に行った方たちは、元々の体重がそこまで多くないため2~4キロの減量に留まる人が多いものの「意外とおいしい!」「食生活が改善できた」など、減量以外での意見も多く聞かれました。

単純な体重の減少ではなく、「痩せにくいお腹周りからすっきりしていって、体脂肪率も落ちた」という意見も多いです。

甘いものや炭水化物を絶つことができず、ルール通りに実践できている方たちばかりではありませんが、それでも「体が軽くなった」「炭水化物を食べていたけど1.5kg減った」「3食のうち1食をスープに置き換えたら2週間で4kg減った」など脂肪燃焼スープを食べて、置き換えダイエットによる効果を実感している人がほとんどです。

著者の体験談!応用レシピ公開

私も何度か脂肪燃焼スープダイエットを実践しています。しかし、ルール通りに行えたことは一度もありません。

いくらルールの範囲内で好きなものを食べていいとは言うものの付き合いもありますし、何よりこのスープ、美味しいのですが薄味で3日目あたりからはかなり飽きてきます。チリパウダーやカレーパウダーなどで味に変化をつけてもやっぱり飽きます。

なので私は、皮を除いた鶏の胸肉をスープに入れて毎日食べていました。

淡白な胸肉ですが、スープ自体にコクが出ますし肉が入るだけで満足度が全然違います。しかも、フルーツを食べる日や牛肉を食べる日にちゃんと食べなかったりお酒を飲んだりかなりいい加減な方法で行っていましたし、どうしても炭水化物が欲しくなったら、春雨を入れて食べたりもしていました。

鶏の胸肉

ただ、スープは毎日苦しくなるほど食べて必ず水を2リットル以上飲んでいましたし、炭水化物や甘いものは極力摂らないようにしていました。

脂肪燃焼スープダイエット中は元々1日1.5食程度の生活をしていた私にとっては食べすぎなくらいで、空腹の時間が多い日常に比べると多少の制限はあっても満足感がありました。

普通に1日3食を食べている人なら、そのうち1食(夜がおすすめ)を脂肪燃焼スープに置き換えれば他の2食は自由に食べることができて満足感もありながら続けられますし、効果を実感することができるのではないでしょうか。

私のようないい加減なやり方でも体重は2kg程落ちました。

元々の体重が重くないので(154cm42kg)、溜まっていた不純物が出た分も大きいと思いますが、かなりすっきりして体の調子がよくなりましたし、期待していなかっただけにとても嬉しかったです。

度々適当な方法でこのダイエット法を実践していますが、私にとってはダイエット効果以上に健康的な食生活への改善として優秀ものでした。

食べるだけで効果がありますし、色々とアレンジが利くので大量に作って冷凍しお腹が空いたときに解凍して食べたりもしています。

野菜もたくさん入って味も美味しいので、ダイエット目的でない食事の際にこのスープを足すのも栄養価ばっちりでおすすめです。

メリットとデメリットは?

メリットには、栄養も満点だし、レシピも簡単で作り置きができることです。

デメリットは、1日1日決まった食材のみを食べなければならないことと、味に飽きてしまいスープを食べ続けるのが苦痛になることでしょうか(守っていませんでしたが)。

まとめ

私がこのダイエットに成功し何度も試そうと思うのは、きっちりルールを守ることを早い段階で諦めたことです。

もちろんちゃんと実践すればもっと効果は出るだろうけれどもそれがストレスになって体調を崩したり、ドカ食いでリバウンドでは意味がありません。

どれだけ評判のいいダイエットでも自分には合わないかもしれませんし、ダイエットは体型や健康を気にする人にとって程度の差はあれ一生付き合っていかなければならないもので、短期間だけ体重を減らせていればいいというものではないはずです。

ルールに縛られすぎずに無理のないやり方で自分自身の納得いくやり方を見つけ、結果を出してほしいと思います。

ページトップへ戻る