ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

【女性向け】水泳ダイエットを成功させる方法と効果的な頻度

更新日: 2017年06月01日
泳ぐ女性 プール

私が実践した水泳ダイエットについて、どのようなダイエット方法であるのか、どのくらいの効果が期待できるのかをまとめ、口コミでの評価も踏まえつつ紹介していきます。

また、自身の水泳ダイエットの体験談をいれながら水泳ダイエットの楽しさや実際にどのような成果が得られたのかについても述べていきます。

スポンサーリンク

水泳ダイエットの方法と理想の頻度

「水泳ダイエット」とは、その名の通り、水泳をしながら行うダイエットです。

水泳で痩せられるのか疑問に思う人も多いと思いますが、プロの水泳選手が1日に食事を5回前後とることをご存じですか?

摂取カロリーにすると成人男性の約2倍の量を食べるんだそうです。

このくらい食べないとむしろ体重が落ちてしまうそうで、水泳は消費カロリーがとても多いことが分かりますね。

やり方は、泳ぐ・歩くなどいろいろありますが、やはり初心者は水中ウォーキングから始めるといいでしょう。いきなり泳いで疲れてしまって三日坊主になってしまったら意味がありません。水中ウォーキングでも十分、全身運動になります。

水中ウォーキング

そして、歩くだけではなくて泳ぎたい!という人はまずは何でもいいので泳げる泳法で泳いでみましょう。

出来れば、ウォーキングでも泳ぐことでも短時間で勢いよく行うよりも、ゆっくり時間をかけてのんびり行ったほうがダイエット効果があるのでそれを踏まえて実践してみてください。

行う回数としては、ガツンと痩せたい!という人であれば毎日通います。他のスポーツに比べ、消費カロリーは高いですが、毎日継続しないとなかなか体重が落ちないのです。

毎日が難しい人であれば、週3,4日を1時間行うことが理想です。通えない日は自宅などで筋トレをセットにするといいでしょう。

水泳ダイエットの効果とは?

水泳ダイエットを行うことで、水圧により筋トレ効果が期待できます。

水に入ることで体に水圧がかかり、陸上での運動よりも腹筋や背筋などがさまざまな角度から鍛えられるのです。

次に、水による抵抗によってインナーマッスルを鍛えることができます。水中で体を動かす時の水の抵抗は空気中の約10倍なんだそうです。これだけの抵抗があるので、体の深い部分の筋肉、インナーマッスルも活性化し鍛えられるのです。

インナーマッスルが鍛えられた女性

また、足腰の弱い高齢者や太りすぎている人はいざ陸上でウォーキングやジョギングを行おうとすると膝などを痛めてしまう恐れがあります。しかし、水中では浮力がかかるので足腰への負担が軽くなります。なので、高齢者の方や足腰に不安のある方でも始めやすいダイエットといえます。

水泳ダイエットでの口コミでの評価

口コミでの評価は、やはり継続していると痩せるということです。

だいたい週3日通っている人が多いです。

少しサボってしまった・・・と反省している人はやはりせっかく痩せていた体重が元に戻ってしまったという体験談もあります。

泳いだ後に実践している人が、実感していることが「泳いだ後は、驚くほど体が軽い」ということです。

泳いでも、歩いてもどちらでも痩せる・筋肉がついてきたという口コミが多いです。

実際に詳しい数字を調べてみると、2年間でマイナス5キロ落ちたという方もいれば、半年でマイナス6キロという方もいます。

この数字を比較すると効果は人それぞれのように感じますが、短期間で大幅な減量に成功した方は、水泳ダイエットの他に、自宅で筋トレをするなど組み合わせての効果だそうです。

ダンベルで筋トレする女性

ですが、食事制限をしているという口コミは見られませんでした。ダイエットと聞くと、食事制限がつきものですが、それが必要ないのは嬉しいことですね。

著者の体験談

私が水泳ダイエットを始めたのは、体型が気になってきたからです。

でも、暑い・寒い日に外へ出てウォーキングすることが嫌だったり、雨だったら「今日はやめておこう」と1日でもサボってしまうと、次の日からまたダイエットをすることが億劫でした。

ですが、水泳ダイエットならば天候を気にすることなく続けられることができますし、小さい頃から泳ぐことが大好きだったので大人になって泳ぐ機会も減っていたので、楽しみ半分で始めることにしました。

初めからどんどん泳いでしまうと疲れて次回やることが嫌になってしまうので、初めはウォーキングコースでなるべく全身の筋肉を動かすつもりで大きくゆっくり歩きました。だいたい1時間くらいです。

プールで歩く女性のイラスト

それを通える日は必ず通うようにしました。

通えない日は自宅でスクワットなどを無理のない範囲で行いました。歩くだけでもけっこう疲れますが、体が軽くなったように感じたのを覚えています。

だんだん歩くことにも慣れ、泳ぎたくなった私は泳ぐコースへ行き、これも無理のない範囲で30分~1時間ほどクロールや平泳ぎをしました。どちらかと言えば平泳ぎのほうが大きく全身を動かすのでオススメです。

プールで平泳ぎをする女性

競争するような速さではなく、ゆったりと体を動かしていることを意識して泳ぎました。

そのような生活を1年ほど続けた頃には体重が3、4キロ落ちていました。また、体全体もきれいに引き締まっていました。

今は少し水泳ダイエットから離れてしまっています。食事に気を付けていればいいのですが、食べすぎてしまうと体重が元に戻ってしまったり、体もそんなに引き締まってないように感じてしまいます。

水泳ダイエットをしていた時は、食べても食べても大丈夫だったのに、今は気を付けないと・・・という感じです。

今現在、私は妊娠中で、近くに施設がないため取り組んでいませんが、場所によってはマタニティ用のプールでのレッスンなども増えてきているようです。ぜひ、女性の方でも妊娠中だからダメかなと諦めずに近くで実施していることがあれば参加してみてください。

妊娠中のプール 水泳

女性ならではかもしれませんが、私も初めは水着を着ることに戸惑っていました。ダイエットしたいけれど、この体型で水着を着ることには抵抗がありました。

ですが、水中に入ってしまえば体型も分かりませんし、周りの方もダイエット目的や健康目的のために来ている人が大多数なので安心してください。

水泳ダイエットのメリット・デメリット

メリットは、誰でも取り組みやすいことでしょう。足腰が弱く運動することを諦めてしまっている方もいると思いますが、水泳ダイエットならば浮力のおかげで負担が軽くなるからです。

そして消費カロリーが高いため、他の運動に比べて同じ量をこなしても水泳ダイエットのほうが効果が大きいということです。

水泳ダイエットならばあまりしない上半身の運動も自然に行うことができ、下半身だけでなく上半身もバランスよく鍛えることが出来ます。

デメリットは継続しないとダイエット効果が現れないことです。

時間に余裕のある人であれば毎日通うことも可能ですが、仕事をしていたり忙しい人は、空いた時間を見つけなるべく毎日通わなければならないからです。

そして、毎日通うのでもお金がかかることもデメリットにあげられます。市民プールやジムのプールにしても必ず利用するのにはお金が発生するのである程度の時間とお金がないと難しいところです。

まとめ

大変でも、毎日通い続けることが水泳ダイエットを成功させるポイントです。通い続けることで必ず成果が現れます。

水泳ダイエットは、取り組むまで不安なこともあると思います。

しかし、水着を買わなくてはいけませんが、買ってしまえばあとはプールへ行って自分のスタイルで始めればいいだけです。

水泳ダイエットは、必ずこれをしなければならない!という決まりもありません。

ウォーキングでもいいですし、泳いでもいいです。水の感触を楽しみリラックスしながら行ってみてください。

すぐに結果を求めるのではなく、継続していくことで変わっていく自分の体を実感しながら取り組むことが1番でしょう。