ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

1カ月で-4kg痩せた!トランポリンダイエットの効果的なやり方

更新日: 2016年11月27日
家庭用のトランポリン

トランポリンを使用したダイエットは、単に減量のみを目的とする方法を求めている人々には向いていません。なぜなら得られる効果は、痩せるということだけに留まらないからです。

何度もさまざまなダイエットを試し、成功と失敗を繰り返した経験をもち、新たなダイエットに対して、健康と美しさを求めるようになった人々にぴったりの運動ダイエットかもしれません。

スポンサーリンク

トランポリンダイエットとは? 

トランポリンダイエットとは、その名の通り、トランポリンで飛跳ねるダイエット手法です。肥満大国アメリカ発の手法で、NASAによりトランポリンに高い運動効果が立証されたことが発端にあります。

また女優キャメロン・ディアスなどの実践が流行の引き金にもなりました。その有用性の高さから、ケヴィン・トルドー氏(「病気にならない人は知っている 」の著者)、ジェームス・スキナー氏(「成功の9ステップ」の著者)などの著名人も推奨しています。

トランポリンというと、サーカスの道具を思い浮かべる方がいらっしゃるかもしれませんが、正確には、リバウンダーと呼ばれるミニトランポリンを使ったトレーニングです。

このトランポリンの一般的サイズは直径90センチ、高さ20センチの大きさです。高さ210センチの部屋であれば、身長180センチの方でも十分利用可能です。

トレーニングのやり方ですが、これといったルールはありません。メニューもいろいろなカスタマイズが可能です。単純な上下運動だけでなく、気になる箇所を動かしながら飛跳ねることで重複効果が可能です。

腕を動かしながら二の腕のシェイプアップ、腰を捻りながらウエストラインのシェイプアップが期待できます。また負荷を高めるために、トランポリン上でのランニングも可能です。

トランポリンの消費カロリーは5分間で約30~70キロカロリー。これはジョギング1キロした場合と同じになります。これはかなりの運動効果の高い有酸素運動といえるでしょう。

トレーニングの時間・回数・頻度ですが、有酸素運動なのでやった時間分だけ効果は大きくなります。20~30分が理想ですが、最低10分が目安になります。生活スタイルに合わせて、10分1回でも5分2回でもいいでしょう。

また誰にでも気軽にできますが、バランス感覚が必要です。最初は転けてケガをする危険性もあります。通常のトレーニングと変わりはないので、ストレッチで事前準備をすべきです。とにかく最初は難しく考えず、楽しく自由に跳ぶことをおすすめします。

トランポリンダイエットの効果

トランポリンダイエットは、次のようなダイエットの効果を望む方々に最適なダイエット手法といえるでしょう。

●単に体重が減るだけではもの足りない
●リバウンドしないダイエットがしたい
●どちらかと言えば運動嫌い。だから効率よくダイエットしたい
●細く引き締まった、スレンダーな体型を作りたい
●同時にきれいに、そして健康も手に入れたい

単なる体重減を望むのであれば、食事制限によるダイエットにかなう方法はないでしょう。また筋肉トレーニングを伴う運動系ダイエットは筋肉増大が伴います。

トランポリンをする人達

トランポリンダイエットは消費カロリーを効率よく高めて痩せる効果のほかに、身体が引き締まりスレンダーになるという効果が期待できます。

それはトランポリンが上下運動という点に理由があります。バランスをとりながらの全身の筋肉を使用した連続運動のために、全身の引き締め効果が期待できるのです。

また体幹が鍛えられることで姿勢が良くなり、骨格の矯正や広がった骨盤を正常に戻す効果ももたらします。

さらに大きな効果が、リンパ液の浄化です。一見ダイエットには関係ないように見えますが、ダイエット効果の継続性を考慮した場合、大きな影響を与えます。リンパ液は、人間の身体の中で血液よりも多く、血管から受け取った栄養素を細胞に送ると同時に、老廃物を受け取って血液に戻すという作業を行っています。細胞の活性化(錆びさせない)には、血液とリンパ液の良い循環がかかせません。

トランポリンダイエットは、リンパ液の浄化により新陳代謝率・脂肪燃焼率を高め、全身の血行を促進し、細く引き締まった身体づくりが期待できるのです。さらにリンパ液の浄化は老廃物の排出促進によるむくみの解消・美肌効果、そして白血球の数を3倍にし免疫力が高まることで、疾病予防効果が期待できるのです。

トランポリンダイエットの口コミでの評価 

トランポリンダイエットの口コミでの評価ですが、他の運動ダイエットと同様、良い悪いの評価が分かれます。続けた方は効果を得て、効果が出る前に挫折した場合は効果がないという評価になります。つまりトランポリンダイエットにダイエットの即効性を期待している方に、期待はずれという評価が多くなります。

効果を得た方のトレーニング時間のボーダーラインは週トータル約90分です。またトランポリンダイエットの前に無酸素運動(腕立て伏せ・スクワットなど)を行うと脂肪燃焼率がより高まることを多くの方が指摘しています。

腕立て伏せをする女性

そしてトランポリンダイエットを評価する方々の共通する点は、「痩せたらやめてしまうダイエット」を求めていない点にあります。つまり「リバウンドなく痩せたい」「美しく痩せたい」「健康のために痩せたい」「食事制限なく痩せたい」などのダイエット初心者にはない要素を期待をしています。

トランポリンダイエットの体験談

今までさまざまなダイエット方法を試してきましたが、最終的にトランポリンダイエットに落ち着きました。単純に体重を減らすだけであれば、食事制限で簡単に痩せられることを経験上知っています。しかし健康的な筋肉を維持できないため、貧相な痩せ方をします。

よって運動系のダイエットの検討を試みますが、年齢が50歳を超えて、求める条件が変わってきました。つまり加齢や生活習慣に由来する、さまざまな健康障害も考慮しなければならなくなってきました。ダイエットのみに関していえば、腹部の脂肪を落したいニーズになりますが、同時に下記の条件を可能な方法を探していました。

●記憶力や判断力の衰えを防ぐため、脳の活性化をしたい。
●歩行不足による筋肉量減少を防ぎたい(特に下半身)。
●ディスクワークによる慢性肩こりを解消したい。
●体力や精力維持のためにデトックスをしたい。
●運動嫌いなので効果効率の良く、継続可能な運動がしたい。

そんな中、知人から勧められたのがトランポリンダイエットです。最初はトランポリンと聞いて、そんな大きなものは家にはおけないと感じました。しかしよく調べると小型で価格も3000円。無駄な投資になっても構わないと思いながら始めました。

トランポリンダイエットはとにかく全身に効いているのが実感できます。ただ跳べばいいわけですが、最初は1分でも疲れてきます。

スタート1週間は筋肉痛が続きます。5分間からスタートし、一週間後から毎日10分間を継続。2週間で体重は1キロ減。そして肩こりも無くなりました。

2週間後から、効果の向上を図るため、トランポリンダイエットをする前に瞑想を始めました。瞑想を有酸素運動の前にすることで、より効果を高めるとの情報によるものです。

スタートから約1ケ月で体重は4キロ減少。何より腹部や腰回りを中心に体全体が締まってきたことに感動しました。

途中何度か挫折しそうにもなりましたが、継続させる工夫をしています。自分の好きなテンポのいい音楽(私の場合はラウンジミュージック)を2曲で10分になるよう構成して、音楽を流しながら、リズムに合わせ跳んでいました。そうすることで感覚的に早く完了できます。

体重減の目標を到達した現在も、トランポリンダイエットは継続しています(リバウンドもありません)。錆びない身体を維持するため、勿論これからも継続するつもりです。

トランポリンダイエットのメリット・デメリット

トランポリンダイエットのメリットは、効率良く、健康的に、そして綺麗に痩せることができることでしょう。

通常よりも高い運動効果(脂肪燃焼)に加えて、リンパ液浄化促進によってリンパ液や血流の流れが良くなることで、栄養や酸素の流れも早くなり、デトックス効率が高まります。結果として細胞の新陳代謝の向上することで、ダイエット効果も促進されるわけです。

よって痩せるというより、まさしくシェイプアップという言葉が適しているかもしれません。

また、身体だけでなく、気分が冴えてくることでしょう。そして、新たな着替えも必要なく、空き時間に気軽にできることもメリットでしょう。

あえてデメリットを探すとすれば、口コミでも多くあるように即効性がないことです。毎日または一日おきでも、少しでも続ければ間違いなく結果となって現れます。

まとめ

トランポリンダイエット成功のポイントは、「継続」です。自分にあった継続方法を工夫することがポイントかもしれません。毎日または一日おきでも、少しでも続ければ間違いなく結果となって現れます。

人間はどんどん長生きになっています。しかしたばこを吸う100歳は見かけても、太った100歳の方はほとんど見かけません。それほど肥満は美しさだけでなく、健康も奪っていきます。

トランポリンダイエットで、痩せることのみならず、美しさと健康を同時に手に入れることをおすすめします。