ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

歯磨きダイエットの効果的なやり方【間食防止のコツやおすすめ歯磨き粉は?】

投稿日: 2017年07月23日
歯磨きをする女性

みなさんは、「歯磨きダイエット」という言葉を耳にしたことがありますか?仕事や育児・家事に追われ、何かと忙しい毎日。ダイエットをしたいと思いつつも、時間がないから…とついつい後回しにしてしまってはいないでしょうか。それが、歯磨きのような日常生活を送るだけで、ダイエットまでできてしまうとしたらどうでしょう?

この記事では、そんな、効率的かつ効果的な「歯磨きダイエット」の魅力について、余すことなく紹介していきます。

スポンサーリンク

歯磨きダイエットとは?

歯磨きダイエットとは、その名の通り、ただ歯磨きをするだけのダイエットです。
もっとも、「歯磨き」という行為自体がカロリーを消費するわけではありません。
歯磨きダイエットとは、人間の心理を上手に使った、心理的アプローチによるダイエット方法をいうのです。

みなさんは、どのタイミングで歯磨きをするでしょうか?
昼食後、仕事を始める前のエチケットとして、コーヒーブレークの後にコーヒーの香りとステインを消すために、夜眠る前に、などと人によってタイミングは様々だと思います。
ですが、これらに共通するのは、「終わりとして」行う、ということなのです。

すなわち、昼食の「おわり」として、休憩の「おわり」として、そして夕食ないし1日の「おわり」として、歯磨きをするのです。

思い出してみて下さい。みなさん歯磨き後にはどのような気分になるでしょうか。よし、仕事をするぞ!よし、ゆっくり眠るぞ!といった気持ちで、歯磨きをされる方が多いのではないでしょうか。

そして、このタイミングで食べ物が目の前に出されたとしたら…あなたはどうするでしょうか。歯磨きをしてしまったし、後にしよう、明日にしよう、と思うのではないでしょうか。

そうです、この「後にしよう」という思考こそが、歯磨きダイエットなのです。

つまり、「歯磨きダイエット」とは、歯磨き後に何かを口にすることを防ぐことによって、食事量や間食を減らし、結果として摂取カロリーを抑えることによるダイエットをいいます。

とっても簡単かつ健康的なダイエットですよね!以下では、歯磨きダイエットの方法や効果を詳しくご紹介していきます。

歯磨きダイエットのやり方

食事後に歯磨きをする女性

歯磨きダイエットのやり方はとっても簡単、ただ食事後に歯磨きをするだけです。

歯磨きダイエットのメカニズムは、以下のとおりです。

すなわち、歯磨きをすることにより、脳が「食事は終わった」のだと認識してくれ、自然と空腹感を抑えてくれるのです。したがって、食事量の節制につながり、ダイエットとして有用なのです。

もっとも、食事後にこまめに歯磨きをする習慣をつけることがポイントです。

そもそも歯磨きをする習慣がなければ、「食べるのをやめておこう」「あとにしよう」という抑止効果は働きません。食べたら磨くことを意識し徹底することが、ダイエットの鍵になります。同時に健康で美しい歯を手に入れることもできるので、一石二鳥ですね。

もっとも、忙しくてどうしてもこまめに歯磨きができない方もいらっしゃると思います。
そのような方はうがいでも代用OKです。

うがいをする女性

「うがいをしたから、もう食べるのをやめておこう」という自己抑制が働けば、歯磨きダイエットは成功です。

おすすめの歯磨き粉は?

歯ブラシと歯磨き粉

歯磨きダイエットを行うにあたって、ルールや用意するものは特にありません。とっても単純に、日常どおりの歯磨きを行えばいいだけなのです。

もっとも今回は、歯磨きダイエットをより実効的にするための、オススメの歯磨き粉をご紹介します。

まずは、歯磨き粉の定番でもあるミント系です。ミントの芳醇でさわやかな香りは、食欲や空腹感を抑えてくれます。また、口の中に爽快感を与えてくれるので、磨いたあとの食事に対する抑止効果がより強く働きます。

さらに、暴飲暴食の原因は自律神経の乱れが原因といわれています。
ミントには精神を安定させる効果があり、自律神経を整えてくれます。そのため精神のバランスも安定し、ストレスなどによる暴飲暴食の防止にもつながり、ダイエットに効果的です。

次に、シトラス系の歯磨き粉もオススメです。シトラスのさわやかな香りには、食欲を抑制する効果があります。特にグレープフルーツには「ヌートカトン」という香り成分が含まれており、この香りをかぐことで交感神経を活性化し、食欲を抑えることができるといわれています。
そのため、歯磨き粉にシトラスを取り入れ、食欲を抑えるのも効果的な方法でしょう。

ダイエットは辛い、できれば甘いものを食べたい…という方には、子ども用歯磨き粉がおススメです。いちごやバナナ、メロン味など多くのフレーバーがありますので、ダイエットという我慢のご褒美に、自分の好きな甘い香りを楽しむのもダイエットを長続きさせるコツになります。

歯磨きダイエットを実践してみた効果は?

歯磨きダイエットをする女性

ここでは、身長158センチ、体重49キロの私が、実際に歯磨きダイエットを実践してみた結果をお伝えしていきます。

結論からいうと、特段大きな体重の変化などはありませんでした。その意味では、即効性があるものではないといえます。

しかしその反面、特段大きな体重の変化もないのです。歯磨きダイエットを始める前は、毎月1キロ程度体重が増加し、慌ててジムやファスティングでストレスフルに増加分を落とす、ということを繰り返していました。しかし、歯磨きダイエットを始めてからは、この増減がなくなりました。

その理由としては、以下の点にあります。
私のダイエットの敵は、ストレスからくる過食でした。そのため、歯磨きダイエットの実践にあたっては、ミント味の強い歯磨き粉を使うようにしていました。

その結果、磨いた後の爽快感を強く感じることができ、また昼食後は職場で歯磨きダイエットを実践していたのですが、ミントの香りを会社で嗅ぐことにより気分がリフレッシュされ、会社のストレスも軽減されました。

そして、やはり「歯を磨いたから」食べるのはやめておこう、という思考のおかげで、暴飲暴食が抑えられていました。特に私の場合、歯磨きダイエットにより、午後の仕事中にカフェオレやミルクティーなどの「甘い飲み物」「カロリーの高い飲み物」を飲むことを止めた点が、体重の増加を抑えることにつながりました。

チョコレートを食べる女性

さらに、私は17時頃に間食としてのチョコレートを食べてしまう癖がありました。
そこで、糖分が欲しくなる16時30頃にうがいをする、というルールをつくりました。
すると、「せっかくうがいをしたのだし、我慢しよう」という意識と、「歯の爽快感を維持したい」という気持ちから、チョコレートを食べる頻度が徐々に減っていきました。はじめてから2か月後には、17時の間食は一切しなくなるまでになりました。

この点で、私にとって歯磨きダイエットはとても効果的でした。

加えて、私の怠惰な性格も、ダイエットにはプラスに働きました。
というのも、少し長めに歯磨きの時間をとるようにしたのです。すると、ブラッシング後においしそうな食事やお菓子をもらっても、「さっき歯を磨いたしな」「また磨くのは面倒くさいな」という気持ちから、摂取を抑制することができました。

注意しよう!歯の磨きすぎは逆効果!

虫歯を予防し、歯を美しい状態に保つ歯磨きですが、磨きすぎてもよいというものではありません。

歯の一番外側には「エナメル質」というものがあり、これは人体組織の中で最も硬いため、歯を守る役割をしてくれています。「歯はダイヤモンドの次に硬い」などということを耳にしたことがあると思いますが、これはこのエナメル質のおかげです。

歯の構造 断面図

そして、歯を磨きすぎてしまうと、このエナメル質が剥げてしまい、その内側にある象牙質やセメント質という部分がむき出しになってしまうのです。象牙質やセメント質は虫歯になり易く、また知覚過敏にもなりやすいため、磨きすぎが歯のトラブルを招いてしまうことになるのです。

また歯磨き粉のつけすぎもよくありません。CMなどで歯ブラシにたっぷり歯磨き粉を付ける映像が流されると思いますが、あれはあくまで宣伝用であって、実際はつけすぎです。
歯磨き粉を付けすぎてブラッシングをすると、粉中の研磨剤がエナメル質をはがしてしまうため、これも却って逆効果になってしまいます。

正しい歯の磨き方は?

では、どのくらいの頻度で、またどのくらいの時間で歯磨きをするのが正しいのでしょうか。この点について、まず回数としては2、3回がベストです。
虫歯菌は、食事によって摂取されたたんぱく質や糖を分解して、虫歯の原因となる酸を作ります。そのため、虫歯菌が増える前の毎食後のブラッシングが、虫歯を予防することにつながるからです。

したがって、毎食後の歯磨きはしっかりと行うべきですが、3回以上、かつ何も食事していないのに磨くのは磨きすぎともいえます。

口内の爽快感を得たかったり、「歯磨きをしたから食べない」という心理的抑制が欲しい場合は、キシリトールガムで代用するのも効果的です。

キシリトールガム

次に時間としては、15分程度がベストです。歯についた歯垢を落とすには、歯の表面をしっかりとブラッシングし、かつ10回程度磨く必要があります。そのため、歯垢を落とし切るには15分程度必要となってきます。

しかし上記同様、磨きすぎは却って虫歯の原因となるので、15分以上磨き続けるのは控えましょう。

実際に私が歯磨きダイエットを行うにあたっては、電動歯ブラシを使っています。

使用している電動歯ブラシは、15分経つと勝手に振動が止まるため、磨きすぎを防いでくれます。このような利器を利用するのも賢い方法です。

参考サイト

東戸塚のおかざき歯科クリニック

まとめ

いかがでしたでしょうか。ただ歯を磨くだけでダイエットできてしまう、お手軽かつ健康な歯磨きダイエット。特別な準備も不要で、思い立ったその日から実践できてしまう、そして日常生活を送りながら痩せることができるという、簡単で効率的なダイエットです。

正しいやり方を守って、美しく白い歯と健康的な痩せボディを手にいれましょう!