Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

足首を細くする3つの方法!回してほぐし、グッズで温め・引き締める

メジャーで足首を測る女性

ダイエットをする上で一番難しいのが部分痩せです。

例えば顔だけ、腕だけ、お腹だけというように、部分だけ痩せようと思ってもその場所によってはなかなか上手くいきません。

ですから全体的に体重を落とす方法が最も成功しやすいと言われています。

特に足首は脂肪がついてもなかなかそれを落とす方法が思いつかない場所でしょう。でもこれからご紹介する方法だったら、きっとむっちり足首も簡単にほっそりと痩せる事が出来ます。

スポンサーリンク

1.足首回し運動で簡単むくみ取り

まずご紹介したいのが、足首回し運動です。

足を痩せようと思ったらまず思いつくのがウォーキング、他には昇降運動やサイクリングかもしれません。しかしそういったハードな運動をしなくても、毎日くるくると回すだけで足首のダイエットは可能なのです。

足首回し運動の方法

この運動は、椅子に座ったまま、もしくは布団やソファに寝転んだ状態でも出来ます。

椅子の場合は、まず左足はそのままで、右足だけを持ち上げ左足の太ももへ乗せます。丁度半あぐらをかいているような形で、上から見た時に4の字と言えば想像しやすいかもしれません。

そうしたら今度は左手で右足の爪先をつかみ、右手は右足が動かないように押さえておきます。足首がゆっくりと動くように時計回りに10回、今度は反時計周りに10回です。

それが済んだら次は反対の足で、1日に約50回、つまり1セット10回を5回行うのです。

布団に寝転んでいる場合は、仰向けになり、片足の膝を立ててもう片足はその上へ乗せ、同じように行います。手を使わなくても足だけくるくると回してもいいでしょう。

しかし無理に続けたり、力を入れて行ったり、やり過ぎてしまうと足の筋を傷めてしまう事があるので要注意です。

足首にクリームを塗る

これが済んだら足首に保湿クリームを塗り込みつつ、軽く揉みこんでおきましょう。

お風呂の中で行うと、お湯の抵抗もありますし体も温まって血行が良くなるのでお勧めです。

私は2週間試して1㎝細くなりました。そこそこ効果があるといえるでしょう。

2.メディキュットで仕事中も家でも寝ている間でも

メディキュットという着圧ソックスがあります。

例えば仕事中、もしくは家で、そして寝ている間もメディキュットを穿いているだけでダイエット効果が出てくれるのです。

この着圧ソックスのいい所は、何といってもむくみを取り除いてくれる点です。

足首が太くなってしまう、脂肪がついてしまう要因は、むくみが原因な場合もあります。そういったむくみをなくす為にも、このメディキュットが大変役に立つのです。

場合に合わせて穿く商品を変えてみる

メディキュットは様々なシーンに合わせて、色んな種類が販売されています。

例えば仕事中や外出の際はハイソックスタイプがいいと思いますし、もしくはタイツ、トレンカタイプもあります。そして家では足裏リフレッシュロングというタイプがお勧めです。

こちらは足裏に当たる部分につぶつぶパッドがついていますから、穿いているだけで足裏のツボを刺激してくれます。

つぶつぶパッドは全然痛くないですし、むしろ穿いているだけで足の疲れが取れます。

寝ている間ですと、寝ながらショートタイプがお勧めです。

こちらも程よい締めつけ感で、朝起きた時のむくみ解消にとても効果的なのです。

こうしたメディキュットという商品を利用するだけでも、かなり足首痩せ効果が出てくるでしょう。

因みに私は1番と同じく2週間行い1㎝ちょっと細くなりました。履くだけでいいのでとても楽ちんでした。

3.温感ダイエットマッサージスクラブで足首マッサージ

どうしても足を締め付けるのは嫌だ、家に帰ったら靴下を履きたくないという場合は、温感スクラブがいいです。

普通のマッサージジェルは通常冷たいテクスチャーの物が多いのですが、ディープトックス スウェットスイッチ ホットスクラブ マッサージは温かいのです。

このスクラブでマッサージするだけで足首の血行が良くなり、汗もじんわりかいてきます。ボディ用なので足首以外にもお腹、二の腕、太ももと使用できます。

お風呂上りの湿った肌へ、500円玉大でとったスクラブを塗り込んでいきます。

足首の周りに両手で塗り込み、程よい力加減で約1分間揉みこんでいくのです。そうしているだけでもしわじわ汗が出てきます。

これは出来れば毎日、朝に1回夜寝る前に1回の1日2回行う事をお勧めします。

スクラブをつける際は肌にお湯をつけて濡らしておくと、スクラブもちゃんと肌へ馴染んで広がります。

こちらも2週間試してみたのですが2㎝減っていました。それだけ減ってしまうと足首もかなりキュッと引き締まってみえます。

足首ダイエット法のメリット・デメリット

これらの方法のメリットですが、まず1番目の運動・マッサージはお金がかからないという点です。道具も商品も必要なく、空いている時間に足首をくるくる回してあげるだけでいいのですから、手間暇もそんなにかかりません。

ただデメリットとして、やり過ぎると足首が痛くなってしまう。力加減を誤ると捻挫状態になったり、捻挫や靭帯が痛む、筋を傷めるといった事も起こしかねません。

足首が痛い

2番目のメディキュットですが、こちらのメリットはやはり足首だけではなくて太ももやふくらはぎも効果的という事でしょう。

それに穿いているだけでいいのですから、マッサージ等をする暇がない人、もしくはそういったマッサージを続けるのが苦手な人にお勧めです。

特に足裏つぶつぶパッドはかなり足の疲れが取れますから、冷え性でむくみが酷いせいで何をやっても駄目という人には特に効くでしょう。

しかしデメリットを挙げるとすると、やはり肌が弱くすぐかぶれてしまう人にはあまりお勧めできません。

1日中靴下を履いたままというのは結構ストレスが溜まりますし、肌が弱いとかぶれたりしてしまいます。

着圧ソックスのイメージ

3番目ですが、こちらのメリットはマッサージをするだけなのにむくみ取りも痩せ効果もあるという事です。そして3つの中で最も早く効果が出た方法でした。

私はすごく面倒くさがりですし、1つの事を続けて行う内に飽きるか忘れてしまいそのままになる事があります。しかしこの温感スクラブは汗が出ている=脂肪燃焼していると思えるので、絶対痩せているというモチベーションアップにもつながりました。

デメリットは敢えて言うならば商品が高い、実店舗ではなかなか見かけないのでいつもネット通販しなければ手に入らないという所でしょう。

成功のポイント

  1. せめて2週間は続けてみる事
  2. 自分に合った方法を見つけ、それを毎日決まった時間、決まった回数で行う事
  3. 脂肪がついて足首が太いのか、ただむくんでいるだけなのかを見極める事

まとめ

足首はどうしたら痩せられるのか解らない、足首に脂肪がついているせいで、むくんでいるせいで自分に自信がないと言う人もいるでしょう。

しかし、今こそこの簡単な3つの方法の中から足首痩せダイエット方法を見つけ、そして実践してみてはいかがでしょうか?

もし足首を触ってカチカチに硬い人はちょっと時間がかかるかもしれませんが、脂肪のついているタイプだったら案外早く細くなってくれます。

辛い食事制限も体を壊すような運動も、もう必要ありません。

これからは楽して足首を痩せられるように、是非これらのダイエット方法を試してみてください。きっとあなたに合った方法が見つかる事でしょう。

ページトップへ戻る