Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

太ももダイエットの方法【セルライト除去マッサージと正しい歩き方】

太もものセルライト

硬い脂肪や大きな筋肉が集まる太ももは、動かし方を間違えると痩せにくい部位に変わっていってしまいます。

その状態を改善するために、自宅でできる簡単なマッサージでセルライトの除去、正しい歩き方による筋肉の使用法を用いれば、手軽に太ももダイエットができます。

効果がある反面、やりすぎると疲労や痛みなどの弊害も伴うため、自分のペースでゆっくりと行う必要があります。

スポンサーリンク

1.太ももダイエットの方法

太ももは、お腹の次に脂肪が溜まりやすい場所です。また、全身を動かすために必要な主要筋肉が集中している部分でもあるため、正しい動かし方ができていないと余分な筋肉がついて固太り、なんて恐ろしい症状にもなりかねません。

太ももダイエットを成功させるには、「溜まった脂肪をほぐして燃焼しやすくする」「正しく足を動かして余分な筋肉を落とす」ことがとても重要です。

1-1.セルライトをほぐして除去する

太ももを触ってみると、お尻の下や内側がとても冷たく感じる場合があります。その場所には「セルライト」が存在しています。セルライトは冷え固まった脂肪の塊で、熱を通しにくく、体内エネルギーとして燃焼させることが非常に難しい脂分です。

太もものセルライトを掴む女性

お腹やお尻周りなど、普段からあまり動かしていない体の部位に溜まりやすく、筋肉や血管を圧迫して血行を悪くします。

一度ついたセルライトは、運動や食事制限では簡単に除去できません。ダイエットの効率も悪くしてしまうため、セルライトの除去こそが、確実にダイエットを成功させる秘訣といえます。

セルライトを除去する良い方法はマッサージです。脂肪分の繊維を揉み解して潰すことでセルライトの油をリンパ節に流し、排泄物として体の外に送り出していきます。

セルライトは細かく分解することでエネルギーとして燃焼もしやすくなります。運動の前には、セルライトが気になる場所を念入りにマッサージしましょう。

マッサージをするタイミングは、お風呂上りの体が温まっている時や、寝る前に行うと効果的です。簡単なヨガやストレッチを組み合わせて行うと、セルライトがまとわりついた筋肉もほぐせるので、ダイエット効果が高まります。

太もものセルライト除去マッサージ

ガチガチに固まったセルライトは、柔らかくなるまで揉もうと思うと、意外と痛みを伴います。「怖くてできない」「自分でやってみても効果があるのか不安」という方は、専門のマッサージ店でほぐしてもらう方法もおススメです。いちど柔らかくなったセルライトなら、自宅でも楽にマッサージを継続することができます。

1-2.筋肉を正しく動かす

太ももは大きな筋肉が集中している場所です。上手に筋肉を動かせていれば基礎代謝も高まりダイエットに絶好の体を作ることもできます。その反面、間違った使い方をしていると、余分な筋肉に必要以上の負荷がかかって筋肉太りを起こしたり、使われていない筋肉の周りに脂肪がつくなどの悪循環が起こります。

足の筋肉太りに悩んでいる人の多くは、太ももの前側が大きく張っています。これは歩くときの重心のずれなどから、体全体が前のめりになっている人の状態です。

踵の高いヒールなどを良く履く人や、爪先立ちに近い歩き方をする癖のある人に見られます。がに股や内股になっている人も、上半身の重さを支えるために使う筋肉が通常と異なるため、骨盤が歪んで余計な脂肪がつきがちです。

間違った歩き方をしていると、太ももの前方の筋肉ばかりが鍛えられて、パンパンに張ってしまい、通常よりも太ももが太くなり、お尻もおおきくなってしまうのです。

太ももの筋肉を正しく動かすには、お尻側に力を入れて歩く練習をすると効果的です。お尻の穴を閉じるように力を入れると、ヒップと同時に下腹部にも力が入り、骨盤を正しい位置へ戻そうとする力が働きます。その力によって太ももの後ろと内側の筋肉を効率的に使い、バランスの取れた姿勢を保つことができます。

お尻を引き締めて歩く女性

筋肉の付加が分散されることによって、前方に集中していた筋肉も次第に落ちて、太ももダイエットの成功率が高くなります。

歩くときには、足を踵から地面に下ろす習慣をつけると、ふくらはぎから太ももの内側にかけての筋肉が伸ばされて血流も良くなります。

寝る時には仰向けになり、膝の後ろの部分に枕や丸めたタオルなどを入れて足を浮かせる状態をキープすると、正しい姿勢を寝ながら体に覚えさせることができます。このとき、足の先が浮いていると緊張状態になり、足に余計な力が入ってしまうため、足の裏が地面につくように工夫することがポイントです。

ずっと太ももの前側に力を入れていた人はその癖がなかなか抜けきらないので、慣れるまでは力が入りすぎていないか注意しながら歩く工夫が必要です。

体のバランスが整ってきたら、負荷を掛けた筋トレや有酸素運動を取り入れてダイエットをすると、更に効果が期待できます。

2.太ももダイエット体験談

私は昔から癖になっていた、前のめりな歩き方が災いして、前側の筋肉が張った状態の固太りに悩まされてきました。ズボンをはくと、太ももだけパツパツで、ジーンズは太ももの部分が薄く白くなり、内股の部分から破れて穴が開くといった状態が嫌で、ずっとコンプレックスを感じていました。

メジャーで太ももを測る女性

何とかならないものかと悩んだ末に、スクワットなどの筋トレや水泳などを試しましたがいまいち効果がありませんでした。自分にあった方法はないかと色々と調べて行くうちにセルライトや過剰に使用している筋肉をマッサージしてほぐすほうが最優先だという結論に辿りつきました。

以降はお風呂上りのマッサージや歩き方の改善に取り組み、酷かった以前に比べて、かなりすっきりした太ももになってきました。心なしかお腹や腰周りも細くなり、むくみがとれて全身がすっきりした実感があります。

何もしていないのに疲労が大きいと感じるのも、血行がよくなって基礎代謝が上がっている証拠でしょう。今まで自分がどれだけ楽をして生活をしてきたかが良く分かりました。

3.実践したダイエット法のメリット・デメリット

私が実践した太ももダイエットのメリットは、食事制限がいらないところです。激しい運動も基本は必要なく、正しい歩き方でウォーキングをするだけでも充分に効果がありました。通勤や外出の時に体を動かす程度で体に変化が見られたことは、とても有難かったです。

デメリットは、マッサージのやりすぎによる痣や痛み、肉離れの危険です。セルライトがとにかく硬かったので、とことんほぐそうと思うと指に力が入りすぎて青痣ができたり、筋が裂けそうな痛みが走ることもありました。

エステサロンでの太ももマッサージ

無理に強引な力を入れると、肉離れの症状も起きる危険があるので、注意が必要です。私は独学のマッサージ方法で揉み解してきましたが、心配な方はプロのマッサージをおススメします。

また、最初の頃の疲労感が物凄かったです。ピークの時は、日常生活に支障が出そうなほどでした。疲れが酷いと途中で嫌になり、元の生活に戻ろうとリバウンドしがちです。なので始めから勢いよくやらずに、ゆっくりと無理をしないペースで行うことが大事だと思いました。

4.太ももダイエット成功のポイント

  • マッサージでセルライトなどの体内の老廃物を除去する
  • お尻に力を入れて太ももの後ろ側の筋肉を意識する
  • 体のバランスを整えて正しく筋肉を使用する
  • 無理をせず、少しずつ体を慣らしていく

まとめ

筋肉バランスが悪く、セルライトが固まったままの足では、どんなに効果的といわれる運動や筋トレを行っても効率が悪いです。まずは骨格や筋肉のバランスを整えて、正しい姿勢を身につけることが大切です。マッサージをしっかりと行い、体に溜まった悪いものを取り除くところからスタートしなければいけません。

使うべき筋肉を適切に使うだけで、普通に生活しているだけでもシェイプアップ効果が出てきます。より自然に、体に負担をかけないダイエットを目指しましょう。

ページトップへ戻る