Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

大正製薬「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」のダイエット効果や効能、副作用

青汁を注ぐ

私が普段飲んでいる大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>をテーマにしたいと思います。これにはコレステロール値を減少させる働きがあり、毎日継続して飲むことにより効果を実感出来るというものです。

私もコレステロール値が気になり半年程、前から継続して飲み続けております。今回はこの商品について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1. 大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁とは?

消費者庁許可特定保健用食品、いわゆるトクホに認定されている健康青汁です。

大正製薬という昔から親しまれていた製薬会社が作っている青汁ですので安心と信頼感があります。

私はテレビの通販コーナーで、ヘルスマネージ大麦若葉青汁を知り自身のコレステロール値の状態と相談し電話にて定期購買を始めました。また、大正製薬のダイレクトオンラインショップからも定期購買を申し込む事が出来ます。

含まれている主な成分は「大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類」です。

カニ由来の成分が一部含まれているのでアレルギーの方は購入の際は、その点に注意して購入を検討した方が良いかもしれません。

2.大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の効果

コレステロール

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の主な特徴はコレステロールに特に効果が期待出来るキトサンを配合してある事です。

一日の容量を守って飲用する事により効果が期待出来る健康食品です。このキトサンを摂取する事により血清コレステロールの再吸収を抑制しコレステロールの消費を促進、血清コレステロールを減少する働きが有ります。

原材料にも、こだわっていて農薬不使用の九州熊本県阿蘇地方の有機大麦若葉を採用してあります。阿蘇地方の土壌は有機物の含有量が多く含まれ大麦若葉の栄養成分も一層高くなっています。

また、抹茶を配合してあることにより青汁独特の強烈な青臭さも無く抵抗が無い飲みやすさに仕上げてあります。

更に超微粉砕製法という素材を搾らずに丸ごと粉砕するため、一般的な圧縮製法では搾り切れない食物繊維等も細かな粉末にし、栄養素を余すところなく青汁にする事が出来る特許製法です。昔ながらの製薬会社ならでは確かな品質作りと管理が好感が持てる商品となっています。

3.大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の口コミでの評価

口コミを拝見すると、やはりコレステロール値が気になる方が多く、この商品を使用しているようです。

好感的な評価としては溶けやすくて飲みやすい意見が多かったようです。また味に関してもお茶感覚で飲めるとの事で継続のし易さもポイントのようです。

青汁を美味しそうに飲む男性

家族が飲んでいるのを見て、自分も飲用を始めたという方もいらっしゃるようです。

解約した場合の対応も非常に丁寧で良好だったようです。解約の引き止めに入らず好感が持てるメーカー側の配慮は今後機会があれば、また始めてみようというキッカケになるのではないでしょうか。

やや否定的な評価は値段が少々高いという意見が見受けられました。2000円くらいだったら良かったのにという言葉やトクホだから仕方ないのかなという声もありました。

初回のお試し価格では一ヶ月1000円でしたが定価では3800(税抜き)円です。

他メーカー他製品の青汁商品の値段を見ると大体が2000~2500円程度に落ち着いている場合が多いです。それと比較してしまうと、およそ1.5~1.8倍前後の値段になってしまいますから確かに値段は気になるのかもしれませんね。

とはいえ、製品の内容そのものに否定的な意見は無く、むしろ、品質の確かさを評価している人が多かったです。

4.大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の体験談

私もコレステロール値が気になったので定期購買をしています。

確かに値段に関しては安いとは言えないかもしれませんが、定期購買にすれば10%オフになるので多少緩和されます。

私の飲み方としては毎日の食事に合わせて一袋(3g)を水等に溶かして飲む他に牛乳やフルーツジュースと一緒に飲む事により、一層の効果と飲みやすさが期待出来ます。

特に青汁と牛乳は一緒に飲むことによりカルシウムの吸収率が増進するので本当におすすめです。味も抹茶ミルクのようになるので美味しく頂くことが出来ます。

肝心の健康への効果ですが、総コレステロール値が300以上、LDLコレステロール値220以上と並と比べると非常に高く良くない状態でした。

しかし、半年後には総コレステロール値が240前後、LDLコレステロール値と160と、まだまだ目標値には届かない数値ではありますが、かなり減少したので効果は確かに実感出来ます。

もちろん、普段の食事を見直した結果もあるのかもしれませんが、大麦若葉青汁が最初にキッカケとなったのは間違いありません。

またコレステロールだけではなく普段の体の調子も上がってきました。

大麦若葉自体にはビタミン・ミネラル・食物繊維の他に糖質、たんぱく質、脂質といった三大栄養素が含まれている栄養成分に優れた食品です。

私個人としては飲んで良かったなと実感出来る事ばかりでしたので、これからも大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の飲用は続けていきたいと思っています。

5.大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁によって生まれた良い習慣

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の継続飲用の他に簡単な運動も始めました。

朝起きて準備体操をしたり寝る前にちょっと軽くストレッチをする程度です。そもそも、私の以前の生活が荒れていたので改善の余地が沢山ありました。

ストレッチをする女性

例えば、食べる時間もお腹が空いたら好きな物を食べる動物のような食習慣で運動も、あまりする方ではない、これではコレステロール値だけではなく他にも悪い影響が出ますね。

しかし、いきなり難しい事から始めても絶対に挫折するので上記のような朝起きて簡単な準備体操や寝る前のストレッチから始めました。

また食事もいきなりキツイ制限をしても挫折するので、まずは夜九時以降は食べないようにする等、食べる時間から管理を始めました。

ポイントは完全に禁止しないで頭の中で多少逃げ道を作ってあげることです。

例としてはどうしても食べたくなったら「明日何時になったら好きなだけ食べても良い」と何回も頭の中で繰り返すのです。そうすると、上手く誤魔化されるのか安心するのか結果的に食べないで済む事が多くなりました。

後は早食いをしないように何回もよく噛むように習慣を作るようにしました。これにより以前より少ない食事量でも満足出来る事が増えました。

また大麦若葉青汁にも多少、満腹効果があるのか飲んだ後は意外とお腹が減らない事が多かったです。

大麦若葉青汁を飲み始めた事により良い生活習慣を送り始めるようになったのが私にとっては何よりのメリットです。

6.副作用や危険性はあるのか?

危険性という程ではないのですが一日の容量は守るべきです。

何故ならば沢山摂取し過ぎることにより食物繊維を摂り過ぎて胃腸が活発になり過ぎて、お腹が緩くなる可能性があるからです。

青汁の他に野菜等、食物繊維が含まれている食品を沢山食べている人は容量を守っていても注意が必要かもしれません。

また、大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁の最大の売りであるキトサンが配合されている点にも注意が必要な点があります。

キトサンはカニ由来の成分である為、アレルギーを持つ方は念の為、医師と相談の上で使用した方が良いでしょう。

実際にはアレルギーを引き起こす物質の成分はタンパク質や糖タンパクなので大丈夫なのかもしれませんが、万が一という事もあるので注意した方が良いでしょう。

7.青汁でのダイエット成功のポイント

一番大きいのは大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲むという習慣が出来たという事でしょうか。

健康への効果も、もちろん大きいのですが、美味しく飲め無理なく継続しやすいのは、それだけで大きなセールスポイントになると思います。

まとめ

コレステロール値に期待出来るキトサンが配合されているのが大きな特徴ですが青汁ですので、とても身体に良く継続して続けやすいのが何よりのメリットです。

また大手メーカー製の大正製薬から作られている製品であること、消費者庁許可特定保健用食品(トクホ)に認定されているので安心して使うこと出来ます。

ページトップへ戻る