Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

3つの顔やせに効く方法!骨盤と表情筋が小顔になるポイント

小顔になった女性

顔が小さくてスッキリしている人は、それだけで美人に見えます。全体のバランスが整うため、洋服もキレイに着こなせ、ファッションを楽しむことが可能です。

一方、顔の大きい人は、身体の他の部位が細くても、なんとなく太っているように見え、ファッションも野暮ったく感じられます。私はそんな大きい顔の持ち主です。

集合写真などでも一人だけ前に出ているようにうつってしまいます。それがイヤで写真を撮るときにはやや身体を後ろに引く癖がついてしまいました。

今までも、何としてでも顔やせに成功して、少しでも小顔になりたいと涙ぐましい努力をしてきました。その甲斐あってか、最近ではやや顔が小さくなった気がします。どうすれば顔やせできるのか、正しい知識を得て効率的に小顔を手に入れましょう。

スポンサーリンク

どうすれば顔やせできるのか?

そもそも大きな顔の原因はなんなのでしょうか。

様々な原因が考えられ一概には言えませんが、顔にたまった老廃物を放置することで顔のむくみが生じ、脂肪がつきやすい体質になってしまうということがあげられます。

そのために必要なのはマッサージです。マッサージをすることで新陳代謝を促し、小顔はもちろん美肌まで手に入れることができます。

1.小顔マッサージ

フェイスマッサージをする女性

では小顔マッサージの方法です。

まずマッサージクリームを用意してください。クリームがないと肌の滑りが悪くなり、上手にマッサージを行えません。肌を強くこすることで赤ら顔や肌荒れを引き起こす原因となるので必ず使用するようにしましょう。

クリームを用意できたら手の平にたっぷりと取って、頬を包み込むようにして筋肉をほぐしていきましょう。

筋肉が十分にほぐれたら、指先を揃えて口の両端から鼻に向かって指を滑らせます。次にその指を耳の方に向かってさすってください。そして頬の内側から外側に向かって、大きな丸を描くようにしましょう。これを何度か繰り返してください。

2.輪郭矯正エクササイズ

いの発音をする女性

次に輪郭矯正のためのエクササイズです。

まず大きな口をあけてゆっくりと、あいうえお・・・と発音していきましょう。五十音が全て言い終わったら、顎を上下左右に動かすようにします。あまり早く動かしすぎて顎の関節がはずれては大変ですので、ゆっくりと行ってください。

次に頭をゆっくり後ろに倒して、舌を上に伸ばすように出します。そこで3秒キープです。3秒たったらまた3秒かけてゆっくりと頭をもとの位置に戻してください。

これを一セットとし一日に二回か三回行うようにしましょう。

これらのマッサージやエクササイズは、お風呂あがりなど、身体があたたまり筋肉が緩んでいるときが絶好のチャンスです。簡単にできるので毎日の日課にしてみてください。きっと効果を実感することができるでしょう。

3.姿勢・骨盤を矯正

姿勢を正す イラスト

姿勢の悪さも、小顔を阻む大きな一因となりますので姿勢を矯正しましょう。特に猫背の人は二重あごになりやすいので注意が必要です。

姿勢が悪いと自覚のある人、また他人に指摘されたことのある人は、姿勢を意識しながら生活をするようにしましょう。

頭のてっぺんを天井から糸で吊るされているような感覚で動くようにすれば、自然と正しい姿勢を保つことができるでしょう。

また歩くときは腰から足を出すようなイメージで歩いてください。そして、足を組むのも身体を歪ませる原因になりますのでやめておきましょう。

どうしても足を組む癖が抜けない人は、一方の足ばかり組むのはやめて左右同じだけ組むようにしてください。骨盤を歪ませないようにしてください。

実践!私の顔痩せ奮闘記

現在、私は顔のマッサージとエクササイズの実践と、姿勢を正すことを意識して暮らしています。

まずマッサージですが、初めて行ったときはその気持ちよさにうっとりしてしまいました。さらに老廃物を流すようなイメージで、リンパの流れにそってのリンパマッサージも追加しました。

特にリンパマッサージは、やや強めの力で行う方が効果があるように感じられます。そのためやはりマッサージクリームは必須です。

顔にクリームを塗る女性

お風呂あがりに毎日マッサージしていますが、最初の頃はし忘れてしまうことも多かったです。毎日の習慣にするために、入浴後にアラームをかけるようにしました。アラームが響くとマッサージタイムの始まりです。

マッサージをすると、顔だけでなく身体全体がぽかぽかとしてきて、その後スッキリするような気がします。

また入浴中にも顔やせにつながることをしようと思い、舌を出し入れしたり、表情をころころ変えて表情筋の鍛錬なども行いました。

エクササイズはテレビを見ているときや雑誌を読んでいるときなど、隙間時間に行うようにしました。エクササイズをすると、最初の頃は顔が凝って、翌日は少し筋肉痛のような痛みを感じましたが、だんだんとそれが気持ちよくなってきました。

エクササイズをすることで表情が豊かになり、自然な笑顔ができるようになった気がします。それまでは写真うつりが非常に悪かったのですが、エクササイズを毎日するようになってからはあまり気にならなくなりました。

そして猫背を解消するために猫背矯正ベルトを購入しました。しかしあとで調べてみると猫背矯正ベルトはあまり意味がないと知り、慌てて骨盤矯正ベルトを買い直しました。

正しい姿勢には骨盤がとても重要です。

私は以前整体に通っていたとき、骨盤が歪んでいると言われたので、骨盤ベルトはかなりの効果がありました。

巻いて歩くと骨盤がしっかり締まり、自然と背筋がのび、正しい姿勢をキープすることができるようになりました。歩き方もよくなりました。そうすると身体全体のバランスがよくなり、心なしか顔も小さく見えるようになった気がします。

顔やせダイエットのメリット、デメリット

顔やせすれば色んな服を格好よく着こなすことができ、また写真にも堂々とうつることができるようになります。メリットはたくさんあります。

しかし、小顔になるには時間が必要です。

顔やせダイエットのデメリットは時間がかかること、効果をすぐに実感できないことだと思います。体重計に乗っても、顔がどれだけやせたかを計ることはできません。そのため途中で挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。

根気よく続けることが重要です。途中で投げ出してしまうと、それまでの努力が水の泡になってしまいます。

また姿勢を意識して生活するのもなかなか面倒なものです。人は楽な方楽な方へと向かう習性があるので、気が付けば悪い姿勢になっていました。

私は骨盤ベルトをつけることで違和感を与え、今自分は姿勢矯正中なのだという意識づけをするようにしました。小顔マッサージを習慣づけるためアラームをセットしたのと同じで、何かを習慣づけるときには、普段しない特別なことをする必要があります。

まとめ

顔やせに成功するには、やはりリンパの流れをよくする必要があります。毎日のマッサージを習慣づけて老廃物を流すようにしましょう。

またむくみを防止するために水を多めに飲むように心がけましょう。

冷たい水は身体を冷やすので常温で飲むことがポイントです。

そして塩分を抑えることも重要です。

さらに正しい姿勢を意識して猫背を解消し、二重あごにならないように注意しましょう。

顔の大きさは生まれつきのような気がしますが、少しの努力でいかようにもなります。上記のような方法で顔やせに成功し小顔を手に入れましょう。

ページトップへ戻る