Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

油で痩せる?オイルの種類ごとに健康やダイエット効果を紹介

油 オリーブオイルとサラダ

ダイエットに適さないと考えられている油の中には積極的に摂取することによってダイエットに効果を得られるものもあります。

この記事では油の種類と効果について説明し、ココナッツオイルや亜麻仁油、オリーブオイルを使ったダイエットへの効果とおすすめの商品を紹介しています。体に良い油を知り、ダイエットに役立ててください。

スポンサーリンク

1.油の種類

油はダイエットに適さないと考える人も多いのではないでしょうか。

実際、油には中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまうものがあり、ダイエットの際は油選びに注意する必要があります。

1-1.飽和脂肪酸

バター(飽和脂肪酸が含まれる食材)

油の主成分である脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸はバターや牛肉の脂身、ラードなどの動物性脂肪に多く含まれ、体を動かすエネルギー源となる脂肪酸です。

その一方、飽和脂肪酸を多く含む油は溶け始める温度が高く、常温で固体の状態であるという性質をもちます。

1-2.不飽和脂肪酸

鯖寿司(不飽和脂肪酸を含む食材)

植物性脂肪や魚介類の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸は構造によってさらにオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の3種類に分類できます。

オメガ3系に分類されるα‐リノレン酸は青魚やエゴマ油などに多く含まれる脂肪酸であり、体内で合成できないために食べ物から摂取する必要がある「必須脂肪酸」の一つです。

コーン油や大豆油、ごま油、ナッツ類などに多く含まれるリノール酸はオメガ6系の代表的な脂肪酸です。

オメガ9系の代表であるオレイン酸はオリーブオイルやアボカドオイル、キャノーラ油に多く含まれます。

2.ココナッツオイル

ココナッツオイル

ダイエットのサポートとして期待されている油の一つとしてココナッツオイルが挙げられます。

2-1.ココナッツオイルの特徴

ココナッツオイルに多く含まれる脂肪酸は中鎖脂肪酸と呼ばれる飽和脂肪酸の一種です。

脂肪は炭素、水素、酸素が鎖状につながってできた有機物であり、中鎖脂肪酸はラードや牛肉の脂身などに多く含まれる長鎖脂肪酸と比べて鎖の長さが短いことが特徴です。

中鎖脂肪酸は吸収や分解のスピードが速く、体に蓄積されずにエネルギーとして燃焼されることからダイエット時に口にしても影響が少ない油であると考えられています。

2-2.ココナッツオイルダイエットの方法

ココナッツオイルダイエットには主に2種類の方法があります。

一つ目は普段摂取している長鎖脂肪酸を多く含む油をココナッツオイルに置き換える方法です。

これは簡単に実行することができ、新たに脂肪が蓄積されないため、人気の方法です。

もう一つはココナッツオイルの摂取とともに糖質を制限する方法です。

私たちの体は普段糖をエネルギー源として使用していますが、糖が不足することで脂肪を分解して作られるケトン体がエネルギーとして利用されます。

このダイエット方法では1日100㏄を目安にココナッツオイルを摂取してください。

2-3.ココナッツオイルダイエットの口コミ

長鎖脂肪酸をココナッツオイルに替えるダイエット方法では、体重は増加しなかったものの、短期間でダイエット効果が実感できなかったというものが多いです。

他方、ココナッツオイルの摂取とともに糖質制限を行うダイエット方法では1週間で3kg程度減量できた人や1か月で約5kgの減量に成功した人もいます。

なお、ココナッツオイルの香りが苦手な人も多いため、ダイエットの開始前には一度商品の臭いを嗅いでみることをおすすめします。

2-4.おすすめのココナッツオイル

■エクストラバージンココナッツオイル・エクスペラー(ココウェル)

ミランダ・カーさんやローラさんが愛用していることでも有名なココウェルのココナッツオイルはココナッツ特有の味や臭みが少なく、初心者でも食べやすいと人気です。

ココウェルのココナッツオイルは中鎖脂肪酸の含有率が65%と高いです。

販売ページ

ココウェル

■有機エキストラバージンココナッツオイル(ブラウンシュガーファースト)

山田優さんや安田美沙子さんなど芸能人に人気のブラウンシュガーファーストのココナッツオイルはあっさりとした味と425gで1,780円という安さから人気の商品です。

ブラウンシュガーファーストのココナッツオイルは安いですが、品質は高く、安心してココナッツオイルダイエットを続けたい方におすすめです。

販売ページ

ブラウンシュガーファースト ココナッツオイル

3.亜麻仁油

亜麻仁油 ローストアマニ

永作博美さんや藤原紀香さんが愛用している亜麻仁油(あまにゆ)にもダイエットへのサポートが期待されています。

亜麻仁油はα-リノレン酸を多く含んだ油です。

3-1.亜麻仁油ダイエットの方法

亜麻仁油ダイエットは非常に簡単であり、毎日小さじ1杯程度の亜麻仁油を摂取するだけでダイエットへのサポートを期待されています。

亜麻仁油は熱に弱い性質を持つため、生の状態での摂取を心がけてください。

なお、亜麻仁油独特の香りや味が苦手に感じる方はサラダのドレッシングなどに利用すると食べやすいです。

3-2.亜麻仁油ダイエットの口コミ

亜麻仁油ダイエットは摂取カロリーを制限しないため、効果が出始めるまで2~3か月程度かかることが多いという口コミが多いです。

健康的にコツコツとスリムを目指す方は亜麻仁油ダイエットに挑戦しましょう。

3-3.おすすめの亜麻仁油

■有機亜麻仁油(オメガ)

オメガ社の亜麻仁油は有機栽培の亜麻の種から抽出されたオーガニックの亜麻仁油であり、α-リノレン酸を50パーセント以上含んでいます。

この亜麻仁油は1999年にヨーロッパの健康雑誌PROOFによって世界で最も安全で素晴らしい亜麻仁油に選ばれており、日本でも人気があります。

販売ページ

オメガの有機 亜麻仁油

■アマニ油(ニップン)

ニップンのアマニ油は国産の亜麻仁油として人気の商品です。

アマニ油はα-リノレン酸が54.34%と高濃度であり、風味に優れたゴールデン種のみを使用した亜麻仁油としても知られています。

また、アマニ油は価格が安いため、手軽に亜麻仁油ダイエットに挑戦したい方におすすめです。

販売ページ

ニップン アマニ油

4.オリーブオイル

オリーブオイル

日本でも一般的に使われているオリーブオイルもダイエットのサポートが期待されています。

オリーブオイルに含まれる脂肪酸のうち、オメガ9系のオレイン酸は約7割を占めます。

4-1.オリーブオイルダイエットの方法

オリーブオイルダイエットは食事の1時間前に大さじ1のオリーブオイルを飲むという簡単な方法として人気です。

オリーブオイルを飲むことに抵抗がある人は、ドレッシングとして使用したり、飲み物に混ぜたりすることで徐々にオリーブオイルに慣れてください。

オリーブオイルが苦手な人は普段食事に使用していた油をオリーブオイルに替えるだけでもダイエット中のサポートを期待されます。

なお、オレイン酸を多く含むオリーブオイルでも過剰に摂取すると太ってしまう危険性があります。

1日に使うオリーブオイルの量は大さじ3程度に留めておいてください。

4-2.おすすめのオリーブオイル

■1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル(小豆島オリーブ園)

小豆島オリーブ園の1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイルはフルーティーな香りと味が特徴です。

このオリーブオイルはサラダのドレッシングとして食べたり、そのまま飲んだりすることでさわやかなおいしさを感じることができます。

販売ページ

1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル

■オリーブオイルエキストラバージン(味の素)

気軽にオリーブオイルダイエットを試したい方には味の素から発売されているオリーブオイルエキストラバージンがおすすめです。

このオリーブオイルは指定農園のみで収穫されたオリーブを絞ったものであり、低価格ながらも高い品質を維持しています。

スーパーで手に入り、日本人の口にも合う味の素のオリーブオイルで簡単にダイエットを始めてください。

販売ページ

味の素 オリーブオイルエクストラバージン

まとめ

油は種類によってさまざまな役割や効果を果たします。

体に良い油を摂ることは、ダイエットのほか、生活習慣病の予防など多くの効果を期待することができます。中鎖脂肪酸やα-リノレン酸、オレイン酸を多く含む油を飲んで美しい体を目指しましょう。

ページトップへ戻る