ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

朝フルーツだけは太る?フルーツダイエット成功には量と食べ方に注意!

更新日: 2016年12月17日
新鮮な果物

欧米では「ナチュラル・ハイジーン」という健康科学理論に基づいたフルーツや野菜をたっぷり食べて健康を維持したり肥満や病気を予防・克服するという考え方があります。

太陽の下で元気に育ったフルーツには、実に生命力に溢れた素晴らしい上質の豊富な水分と酵素が含まれています。それらは人の体内の老廃物の浄化の手伝いをしてくれ、更にはダイエットや健康増進にも大いに役立ってくれるといわれています。

つまり朝食にフルーツを摂取することには大きな意味があり、きっと効果も実感できるはずなのです。

そこで今回は、朝のフルーツは太るのか?痩せる効果はあるのか?ダイエットに成功する方法はどのぐらいの量を食べて、どのような食べ合わせをすべきなのかに迫ります。

スポンサーリンク

朝フルーツダイエットとは?

朝フルーツダイエットはいわゆる『置き換えダイエット』の一種です。

朝フルーツというくらいですから、当然実践する時間については夜よりも朝食で置き換える方が効果的です。様々なダイエット法にありがちな危険性も少なく、その方法もいたって簡単なのでお勧めです。

「フルーツがどうしても苦手!」と言う方も比較的少ないことから辛いダイエットというイメージも全くありませんので成功しやすい方法といえるでしょう。

気になる朝フルーツダイエットの『食べ方』や『方法』ですが、主に朝食をフルーツに置き換えることにより摂取カロリーを減らし体重を落とすというダイエット法で、その季節の旬のフルーツを食べることにより高いダイエット効果が得られます。

いちご

選ぶフルーツにもポイントがあり、水分を豊富に含み食物繊維が多いものを選ぶのが重要です。フルーツダイエットに取り入れると特に効果的な果物はキウイ・パイナップル・いちご・スイカ・グレープフルーツなどです。

カロリーオフになる理由は、フルーツの主な成分が水分と食物繊維であることから朝ごはんの変わりに食べれば簡単に1日の摂取カロリーを抑えることができるからです。

反面、きちんと栄養をとらなければ健康を害する危険もあるので、フルーツダイエットは朝の1食でそれ以外は健康的でバランスのとれた食事を摂るように心掛けることが大切です。

同時にフルーツの食べ過ぎは逆効果で太る原因となる危険性もあるので気をつけなければなりません。とはいえフルーツはタンパク質・糖・ファイトケミカル・ビタミン・ミネラル・食物繊維など様々な栄養素を含む理想的な食品です。

またフルーツに豊富に含まれる酵素のおかげで消化も早く10〜20分でスムーズに胃を通過して更には必要なにエネルギーも充分に補給できます。

朝フルーツダイエットは良いことばかりと言っても過言ではないのです。

腸の活性化イメージ

そんな酵素の良いところは消化や浄化だけでなく、エネルギーの代謝や体の生命機能などすべてに不可欠な要素だということです。

ところが、人の身体が一生のうちにつくり出せる酵素の量には限りがあり、当然それだけでは充分ではないので意識して酵素を摂取することが重要です。

朝フルーツダイエットの効果

朝フルーツダイエットの効果は、何より『健康的』で身体面や精神面に負担をかけることなく痩せることができるという点が理想的なダイエット法だということです。

普通の食事に比べればフルーツのカロリーは低くそのほとんどが水分です。

例えば100gのフルーツの中に含まれるカロリーは300kcal未満と非常に低く、果物を食べて満腹感を味わいつつもカロリーカット効果があること。

また、食物繊維を豊富に含むフルーツは、健康へのサポートにもよいです。

朝フルーツの口コミでの評価は?

朝フルーツを試した方は予想以上に多い様で様々な口コミがありますが、そんな「口コミ評価」はほとんど良い情報ばかりで私も安心して試す決心ができました。

例えば「 翌日!スッキリを目指せる」「1日を通した食事量が少なくなる」「甘味も補給できてストレスがほとんどない」など朝フルーツダイエットを実践して身体の変化を実感したという声も多いようです。

また置き換えで実際に出た効果としては、「2年間で20キロ痩せた」「約3ヶ月で6キロ減った」「運動なしで痩せた」など。

他に少しマイナスポイントがある口コミとしては、「さすがにお腹がすくのでヨーグルトやゼリーなど一緒に食べた」など、○○ダイエットにありがちな置き換えダイエットにおける物足りなさや空腹感に対する点での対策が必要だったという意見がありました。

朝フルーツダイエットのメリット・デメリット

朝フルーツダイエットのメリットとデメリットについてですが、メリットはフルーツはご飯やお肉に比べればカロリーも低くボリュームを感じられることや水分が豊富に含まれているので無理なくカロリーを抑えつつも満腹感を感じることができる点です。

また、ダイエットと同時にキレイを目指せるというのはとても嬉しいですね。

また食事制限によりダイエットのストレスがたまったり過度に食物を摂取しなくなることによって便秘になったりするという声も多く聞きますが、朝フルーツダイエットなら食物繊維も水分もまた甘い物も充分に摂れますのがメリットです。

ストレスから解放された女性

逆にデメリットとしては、フルーツは甘くて美味しく手頃なのでついたくさん食べたくなってしまうことです。

意外に糖質が多く含まれているため、食べ過ぎや食べるタイミングを間違えると太るので充分注意が必要です。

主食やお菓子に比べれば果物のカロリーは低いですが、決してカロリーが0というわけではありませんので食べ過ぎれば太ります。

ダイエット成功のポイント

  • フルーツダイエットは特に朝食時に置き換えるのが最適です。
  • 朝フルーツダイエットで食べる果物は1日1種類が理想です。
  • 日替わりで果物を変え毎日違う酵素や栄養素を摂り入れバランスと飽き防止を意識します。

著者の朝フルーツダイエット体験談

私は朝フルーツダイエット法の基本の食べ方を実践しました。

できるだけ食物繊維と水分を多く含むフルーツを選んで朝食として食べることにより、スッキリを意識しました。

ダイエットへの効果としては、フルーツに含まれる栄養を実感、効率良くダイエットできている印象を強く受けることが出来ました。

運動効果を実感する女性

何より朝に糖分たっぷりのフルーツを摂取できるのがうれしいですね。

ポイントとして、フルーツの身体に対する力を最大限に引き出すためには飲み物はお水や白湯が最適ということで、毎朝日課のように飲んでいたコーヒーとチェンジしてみました。

またダイエットのためには冷えは大敵ということで、それまでは冷やしたカットフルーツを食べることが多かったのですが、常温の状態で食べることを意識しました。

まとめ

健康的なダイエットという意味では朝フルーツダイエットは最適です。

ダイエットにおいて何事も継続することが力になります。

効果的にダイエットしたいのなら精神的にも身体的にも無理がないのが理想的ですから楽しみながらキレイになれる、また確実に痩せられる方法と出逢うことは大切です。

朝日の差す部屋でフルーツを食べる優雅な朝食、想像しただけでちょっとテンションあがりませんか?

しかもそれで痩せることができるのならやらない手はないですよね。

ただし朝フルーツダイエットを実践するのなら必ず朝食以外の2食はバランスのよい食事を心掛けることと、フルーツの量に充分気をつけることが大切です。