Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

ココナッツオイルの気になるカロリーやダイエットに効果的な使い方とは?

ココナッツオイルと珈琲

国内外で話題のココナッツオイルですが、どんな効果があり、どんな風に取り入れたらいいのか分らない点もたくさんあります。

実はココナッツオイルは油なのに、中に含まれている成分が他と違うからダイエットにいいと言われているのです。

ただし実際に取り入れるには、続けられるかどうかが大事なポイントです。

後悔しないためにも、今回は、ココナッツオイルの上手な使い方や得られる効果、メリット・デメリットに迫ります。

スポンサーリンク

ココナッツオイルとは?

ココナッツオイルとは、ココナッツから抽出されたオイルのことです。

ヤシ油と呼ばれるものもココナッツオイルですが、ここ最近でとても有名になっています。それはダイエットや美容にいいという点に注目し、実践する有名人が増えたからです。

有名人

特にミランダ・カーはココナッツオイルを広めた海外セレブとして有名です。

ミランダ・カーは出産後17kgも体重が増加したそうなんですが、なんとココナッツオイルを取り入れたダイエットで見事なプロポーションに戻したのです。

飲み物や食べ物などありとあらゆるものに加えて、毎日摂取していたそうです。

他にもアンジェリーナ・ジョリーやグウィネス・パルトローなど、美の代名詞と言える有名人がこぞって愛用しているそうです。

ココナッツオイルの栄養やカロリーは?

ココナッツオイルは油なので、カロリーは決して低くはありません。大さじ1杯当たり約100kcalもあります。

ダイエットには油分を毛嫌いする傾向にありますが、人間の体にとっては必要なものです。その必要な油を美容と健康にいいココナッツオイルから摂るようにすれば無駄がないのです。

大さじ1杯のココナッツオイル

また、ダイエットにいいと言われるのは、含まれている栄養素に秘密があります。ほとんどが飽和脂肪酸と呼ばれる油分なのですが、その飽和脂肪酸がすごいのです。

ココナッツオイルに含まれている脂肪酸は中鎖脂肪酸と呼ばれるもので、素早くエネルギーに変換される性質を持っています。

他にもビタミンE、ビタミンK、鉄分などが含まれています。

さらに他の油に比べると酸化しにくいという性質もあります。素早くエネルギーに変換されるから、ダイエットにいいと言われているんですね。

期待できる効果は?

ココナッツオイルはエネルギーに変換されやすいからダイエット中にとりいれると効果があるということが分かりました。ではもっと具体的な効果を見てみましょう。

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は、肝臓に運ばれるときにケトン体という物質を生成します。

流行りの糖質制限ダイエットでもケトン体を作りだすことを利用するのですが、食事制限がとてもつらいものです。でもココナッツオイルをほんの少し摂取すれば、苦しい糖質制限をしなくてもいいのです。

糖質制限のイメージ

また、ココナッツオイルで口をゆすぐオイルプリングという取り入れ方も話題です。

歯が白い女性

口コミでの評価は?

これだけすごい万能なココナッツオイルですが、実際の口コミでの評価が気になります。 調べてみると、やはり美に感心のある人はいち早く流行りを察知し試しています。

良い口コミが多くを締めますが、悪い口コミももちろんあります。悪い口コミは以下のとおりです。

  • においが馴染めない
  • 胃もたれする
  • 使いにくい
  • 高すぎる
  • 全然ダイエット効果を感じられなかった

ココナッツオイルは、原料であるココナッツの甘い香りがします。その独特の甘い香りに馴染めず途中で挫折してしまう人も多くいます。

それに値段が高すぎて続けるのが難しいという人もいました。

安いものもあるにはありますが、やはりダイエット効果を期待するなら純度の高いヴァージンココナッツオイルを購入したいものです。

しかしその純度の高いヴァージンココナッツオイルは高価です。輸入品が多いので、ショップによっても価格が変わりますし、いいものは気軽に実店舗で購入ができません。ネットで購入しかなかったという人も多くいます。

また、どうしても体質に合わず、残念ながら効果を実感しなかった人もいます。

オイルなのでココナッツオイルを飲み物に入れると、人によっては胃もたれしてしまいます。

胃もたれに悩むビジネスウーマン

せっかく高いお金を出して買ったのに、続けられず放置してしまったと後悔してしまうケースも多々あります。

ココナッツオイルの体験談

実際にココナッツオイルを試してみた私の体験談です。

おすすめ商品として非常に人気の高いココウェルというココナッツオイルを購入し、試してみました。

元々ココナッツを使ったスイーツなどが大好きなので、匂いには何も抵抗はありませんでした。

摂取した量は1日あたり大さじ1から2杯ぐらいです。

豆乳やコーヒーに入れてみたり、オムレツを焼く時にもココナッツオイルを使いました。

炒め物に使うと、ちょっとおしゃれな中華風になってよかったです。

ネットにはココナッツオイルカレーなどのレシピもあったので試してみたらとてもおいしかったです。食べ方は特に困らず、普通の油の代用として使っていました。

カレー

飲み物に入れる取り入れ方は、甘いものを制限しているときにピッタリ。

朝のコーヒーに入れるなどするとよいでしょう。

朝のコーヒーにココナッツオイル

ただしどうしても油分なので、コーヒーに入れると油が浮いてきてしまいます。そこを気にしなければ続けられると思われます。

また、ダイエット効果ですが、ココナッツオイルだけでは難しいでしょう。

脂肪を燃焼させるならある程度運動することも必要です。

ココナッツオイルのメリット・デメリット

万能なココナッツオイルですが、メリットもデメリットもあります。

メリットはダイエット中でも気にせずオイルを摂取できる点です。甘い香りがするので砂糖を控えても我慢がしやすいです。ですからトーストにバターの代用として塗る食べ方もおすすめです。

ココナッツトースト

デメリットは使いづらいという点でしょうか。

高い、匂いが気になる、すぐ固まってしまうという特徴のせいで、普段の食生活に取り入れにくいのがデメリットです。

ココナッツオイルは温度が低くなるとすぐに固まってしまいますが、温めればすぐに溶けます。温かいものに加えれば問題無いですが、固まってしまうとオイルプリングに使えず不便です。

匂いに関しては好き嫌いがあるので、どうしても無理だという人も少なくありません。

また、忘れていけないのはココナッツオイルは油だという点です。

カロリーは高いので、摂り過ぎれば結果的に太ってしまうこともあります。

まとめ

ココナッツオイルは確かに栄養素も豊富で素晴らしい力を秘めている万能オイルです。しかしダイエットは続けなくては意味がありません。

体質や好き嫌いもあるので、まずは小さなものから購入してお試ししてみるのがいいでしょう。

また、痩せたいならやはり食べ過ぎや運動不足は禁物です。ココナッツオイルを取り入れながら適度な運動をすることが大切です。

ページトップへ戻る