Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

頑固な下半身太りの原因に効果的!?ストレスフリーの下半身ダイエット方法

下半身ダイエットに成功した女性

下半身ダイエットは、ダイエットの中でもなかなか結果が現れにくく難しいダイエットであると言われています。

下半身ダイエットを成功させるためには、運動はもちろんのこと、食事にも気をつけて実施しなければなりません。

太る原因はなんなのか、そしてそれを解消する方法を知ることから下半身ダイエットは始まります。経験を元に下半身ダイエットを成功させるコツをお伝えします。

スポンサーリンク

1.下半身が太ってしまう原因を知ることからスタート

まずは、どうして下半身はダイエットに成功しにくいのか、その原因は一体なんなのかを知ることからダイエットをスタートしました。原因をしっかり追求することでより効果的な自分流の下半身太りを解消するダイエット方法がみつかりました。

1-1.体がゆがんでしまっている

身体の歪み

年齢を重ねていくにつれ、日々の習慣や癖が身に付いてしまい、体に癖やゆがみが顕著に現れてきていました。

高いヒールをはいたり、足を組んだりすることが多く、それが体のゆがみに大きくつながっていたのです。また、長時間同じ姿勢でいることもゆがみを生じさせます。

デスクワークでずっと座りっぱなし、同じ姿勢でいることが多くそれが体を疲れさせ、肩こりや腰痛を引き起こしていました。体がゆがむと、血流が悪くなったり老廃物が排出されにくい体質になってしまいます。

1-2.食生活が極端に偏っていた

サラダを食べたがらない男性

仕事が忙しい時は、夜遅くに食事をとったり、また疲れていると何も食べずに寝てしまったり、ストレスで過剰に食事を摂ってしまったりと、食生活が大きく偏っていました。

そのため、体重の増減も大きくちょっと食べ過ぎるだけで体重が増えてしまい、そこから体重を元に戻すまで大幅に時間がかかっていました。

好きな物ばかり食べたりとバランスの良い食生活をしていないと、自然と体に老廃物が溜まりやすく、また太りやすい体質へと変化してしまいます。

甘いものや油っこいものは、もっとも脂肪に変わりやすくダイエットの敵ともいえるので、食生活の乱れはダイエットに失敗する大きな要因であると感じました。

1-3.セルライトが増えていた

ボコボコとした太もものセルライト

下半身、お尻周りや太もも部分に蓄積される脂肪、セルライトがいつのまにか増えていっていました。

ボコボコとしていて、老廃物を巻き込んで固まってしまった脂肪であるため、お腹周りについた脂肪に比べ非常に除去しにくいのが特徴です。下半身ダイエットが成功しない一番の原因はこのセルライトがなかなかとれないからです。

1-4.筋肉量の減少

筋肉が減ってしまった男性

若い頃は活発に運動していても、歳を取ると思うように体が動かなかったり、また面倒だったりと体を動かす機会は極端に減っていました。

運動不足が、それまで筋肉であった部分を脂肪へと変化させ、たるみをもたらしていたのです。

体重は大して変化していないのに、なぜか体がたるんでいる、太っているように見えるのならば、たいていが筋肉から脂肪へと変化していったということです。

1-5.水分不足

お水を飲む女性

1日に人間が必要な水分量をご存知でしょうか。食事でも水分は摂取できますので、純粋に水を飲む量としては1.2リットル以上と言われています。

そうはいっても、なかなか水を飲む習慣がないとこの量の水を1日で摂取するのは難しくつい水分不足になってしまっていました。

老廃物の排出には欠かすことのできない水分が不足すると、体がむくみ老廃物が体の中に溜まっていってしまうのです。

2.ストレスを感じない下半身ダイエット法

下半身が太ってしまう、痩せにくい原因が分かった所で、これらの原因を元に下半身ダイエットを考え実践しました。主なダイエット法は以下の通りです。

2-1.食生活の改善

サラダを食べる女性

食生活の改善といっても、極端に食事制限をしたり大幅に食べる物を変えるのではありません。

私が行ったのは、食事時間とその時間によって食べる物を制限することで食生活をコントロールし、改善していく方法です。

ダイエットの大きな敵はストレスです。極端な食事制限をすることによってストレスを感じ、結果何度もリバウンドしてしまう経験をしているので、食べる物は大幅に制限せずに食べる時間にフォーカスしてダイエットをしました。

朝ごはんは1日の活動の大きなエネルギーとなるので、比較的しっかり食べるように心がけました。

昼ごはんも大きく変化をつけず朝ごはんとのバランスを考慮して食べました。

一番変化させたのは夜ごはんです。まず、食事を摂る時間を19時半までに制限し、その時間を超える場合は油っこいものは一切とらずみそ汁やスープなどの体を温める物を食べました。

19時半までの食事に関しては、炭水化物をとらず納豆や豆腐など栄養価の高いものを中心に食べました。

また、これらの食生活に慣れてきた頃には、炭水化物を1日置きに変更し、それ以外は好きな物を食べるダイエットに徐々に移行させていきました。

この結果、まずはお腹周りがすっきりとし、便秘が大幅に改善されていきました。

2ヶ月継続したあたりから、体重が徐々に減少し下半身も一回りサイズダウンし、むくみが取れてきました。

飲み会などでお酒を飲んだり、たくさん食べてしまった際は翌日の食事をしっかり調整し、食べ過ぎた分を2~3日で取り戻すようにしました。

2-2.適度な運動

セルライトへと変わり果てた下半身にふたたび筋肉をつけるためには、運動を欠かすことができません。

ただし、運動にいたってもハードな運動を毎日行うというわけではなく、自分の体調に合わせてマイペースに実施していく方法です。

下半身の引き締めにはスクワットが非常に効果的で、私の場合は、スクワットを朝と夜30~50回ずつゆっくりと行いました。

スクワットをする女性

体のゆがみや肩こり、腰痛などで運動に万全な状態とは言えないため、過度な運動は一切しませんでした。

ダイエットでの過度な運動は、腰痛などの症状を引き起こしてしまう大きな原因にもなるのでそこは気をつけて行いました。

また、時間のある時はウォーキングを行い30分以上歩くことを心がけていました。

例えば、出かける際に隣の駅まで歩いてみたりとウォーキングも無理をせず自分のペースで行うようにしました。

運動のしすぎは逆に筋肉をつけすぎてしまうこともあるので、毎日鏡で体型を確認しながら調整していました。この運動を3ヶ月ほど続けると疲れにくい体に変化していることに気が付き、半年ほどたってからはお尻のたるみがなくなり引き締まりました。

2-3.ストレスを感じないダイエット

ダイエット!痩せなくちゃ!と自分を追い込むようなことは極力避け、自分のペースを乱さないようにしました。

そのために、体重は3日に1回確認する程度で小さな体重の変化は気にしませんでした。

脂肪よりも筋肉は重いため、運動を続けていくと体重が少し増える時期があります。数字だけにとらわれてしまうと、ダイエットに失敗したと勘違いしてしまいます。

体重を計る女性

また、ホルモンバランスにも気を使いました。

生理前、生理中は極力ダイエットは避けるようにし、自分の体調や気分が優れない時はダイエットを中断していました。

月経前症候群で、生理前になるとむくみや体重が大幅に増加してしまうため、気分が落ち込みやすくなります。

そんな時は、無理をしないと決め好きな物を食べたり好きなことをしたりして、いったんダイエットを忘れるようにしました。

こうして生活のバランスをとることで、ダイエットをストレスに感じることなく実施していくことができました。

3.下半身ダイエット法のメリットとデメリット

■メリット

ストレスを感じることなくダイエットを長期的に続けることができることです。

ダイエットの内容は、時間制限、食事内容の改善、適度な運動など色々なダイエット法を自分の生活に合わせて組み合わせた方法です。

最初は半信半疑でしたが、続けていくうちにペースを掴むことができました。

また、ダイエットだけでなくバランスの取れた食生活をするようになり、お肌の調子が抜群に変わりました。

■デメリット

このダイエット法は、最低でも3ヶ月は結果に現れるまで時間がかかります。そのため、頑張っているのになかなか結果が出ないと落ち込んでしまうこともあります。

長期的な視野で行うことが大切です。

まとめ

下半身太りを解消してダイエットを成功させるポイントをまとめますと、

  1. 自分の生活習慣、性格を知ること。
  2. 自分に合ったダイエット方法を探すこと。
  3. 短期ではなく長期的に実施すること。
  4. 体重を減らす前に痩せやすい体作りをすること。

下半身ダイエットはとにかく結果が出るまで時間がかかります。

しかし、結果が現れ理想の体型になった時の喜びは何にも変えることができません。

ぜひ、このダイエット法を参考に、自分の生活に合ったダイエット法を調整して作ってみてください。

ページトップへ戻る