Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

手作り野菜ジュースダイエットの効果的なやり方【おすすめのレシピを2選】

手作りの野菜ジュース

手作りの野菜ジュースを飲むダイエットは豊富な栄養素を摂取しながら食事の量を減らして体重を落とすダイエット方法です。

この記事では手作り野菜ジュースダイエットの方法とポイントを説明し、手作りジュースのレシピを2つ紹介しています。

おいしく健康的に痩せられる手作り野菜ジュースダイエットで美しい体型を手に入れましょう。自分の好きな野菜を選んでジュースを作ると楽しくダイエットを続けられます。

スポンサーリンク

1.手作り野菜ジュースダイエットの方法

ジュースを手作りするのは難しいと思う人もいるかもしれませんが、好みの味や栄養成分の効果を考えてジュースを作ると楽しみながらダイエットができます。

手作り野菜ジュースダイエットの方法を詳しく紹介します。

1-1.手作り野菜ジュースを飲むタイミングは?

手作り野菜ジュースダイエットには主に2通りの方法があります。

一つは朝食を手作りジュースに置き換える方法、もう一つは毎食前に200ml程度の野菜ジュースを飲む方法です。

手作り野菜ジュースダイエットはジュースを飲むだけで痩せるダイエット方法ではないため、食事の量を減らし、摂取カロリーを制限することが重要です。

朝食を手作りのジュースに置き換えるダイエット方法では、ダイエット開始前と比較して摂取カロリーが大幅に減少します。そのため、1か月のダイエットで3kgから5kgの減量に成功したという口コミもあります。

朝食を手作りジュースに置き換えることや毎食前に手作りジュースを飲むことが難しい人は、間食を手作りジュースに替えるだけでも摂取カロリーをおさえることができます。

自分に合った方法を見つけてダイエットを継続しましょう。

1-2.手作り野菜ジュースダイエット実践のポイント

果物を使用しすぎない

新鮮な果物

手作りジュースダイエットでは栄養価の高い野菜や果物を材料としてジュースを作ります。

果物をたくさん使うと甘くておいしいジュースを作ることができますが、糖分の過剰摂取になる恐れがあるため、野菜を中心にジュースを作ることが大切です。

糖分は体のエネルギー源として大切な栄養素ですが、エネルギーとして利用されずに余った糖分は脂肪として体内に蓄積されるため、ダイエット中は糖分の量に注意が必要です。

作り置きは控える

毎日ジュースを作ることが重要です。

ジュースを作り置きすると味が落ちるだけでなく、野菜や果物が分離し、酸化によって色が変色してしまいます。

手作りジュースには保存料が入っていないため、作ったあとはなるべく早く飲むことを心がけましょう。

新鮮な野菜を使ったできたての野菜ジュースは栄養価も高いです。

市販の野菜ジュースはできるだけ避ける

毎日ジュースを作ることが難しい人は市販の野菜ジュースを飲んでダイエットすることも可能です。

しかし、市販の野菜ジュースには甘味料が多く入っているダイエットに適さない商品も多いため、注意が必要です。

また、市販の野菜ジュースは加工過程で栄養成分が減少しているものもあるため、豊富な栄養成分を摂取し、健康的にダイエットしたい人はジュースを手作りしましょう。

体調を考えて手作りのジュースを飲む

おなかが弱い人は手作りジュースに使用された野菜に含まれる食物繊維の影響で下痢や便秘の症状が現れることがあります。

体調や体質に合わせて使用する野菜や飲む量を調節しましょう。

残留農薬に気を付ける

スーパーなどに売られている野菜は多くのものが農薬を使って育てられたものです。

毎日、野菜ジュースにして大量の野菜を摂取すると健康に影響が出る可能性があるため、できるだけ無農薬の野菜を使用すると安心です。

2.手作りジュースに使用される野菜や果物に含まれる栄養素

ジュースを手作りする際に使用する野菜や果物に含まれる栄養素にはどのような効果を期待できるのでしょうか。

手作り野菜ジュースに使われる主な野菜の成分について説明します。

2-1.ポリフェノール

 リンゴジュース

ポリフェノールはりんごに多く含まれています。

2-2.食物繊維

食物繊維は体内で消化されずに排出される栄養素です。

食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不水溶性食物繊維」に大別でき、水溶性食物繊維は海藻類や果物など、不水溶性食物繊維は豆類やイモ類などに多く含まれています。

2-3.その他の栄養素

食事制限を行うと必要な栄養素が不足し、体に不調が現れ、ダイエットを継続できない場合があります。

リンゴポリフェノールや食物繊維のほかにもビタミンやミネラルなど多くの栄養素が含まれているため、健康的にダイエットを継続できます。

また、手作りジュースダイエットはダイエットの中断によるリバウンドの予防にも効果的です。

なお、手作りジュースだけでは必要な栄養素をすべて摂取できないため、食事のバランスを考え、必要な栄養素が不足しないように注意しましょう。

3.おすすめのジュース:グリーンスムージー

 グリーンスムージー

優香さんが朝食と置き換えることによって7kg痩せたことでも知られているグリーンスムージーはクセが少ないため飲みやすく、材料も手に入れやすいです。

グリーンスムージーに使われる葉野菜にはクロロフィルという成分が多く含まれています。

グリーンスムージーは葉野菜をメインに緑黄色野菜や果物を加えてアレンジできますが、今回は優香さんが飲んでいたグリーンスムージーのレシピを紹介します。

3-1.優香さんも飲んでいたグリーンスムージーのレシピ

■材料

  • ほうれんそう4分の1束
  • バナナ:1本
  • みかん:3個
  • キウイ:1個
  • 水:1カップ

■作り方

材料をミキサーに入れ、ジュースを作ります。

3-2.グリーンスムージーを作る時のポイント

■野菜とフルーツの割合

グリーンスムージーを作るときは野菜対果物を6対4の割合にすると飲みやすく、栄養価が高いジュースができます。

■使用する野菜の選び方

グリーンスムージーに使用する野菜はどのような葉野菜でもよいですが、はじめはレタスなどの苦味が少ないものを選ぶと飲みやすいです。

野菜の味やにおいが苦手な人は果物を多く入れたジュースでならし、徐々に野菜の割合を増やすとよいでしょう。継続して飲むことができるグリーンスムージーのレシピを見つけることが大切です。

関連記事

酵素ドリンクで置き換えダイエット【効果的で栄養も良いやり方】

4.おすすめのジュース:豆乳野菜ジュース

豆乳

時間をかけて手作りジュースを作ることが難しい人には、市販の豆乳と野菜ジュースを混ぜた豆乳野菜ジュースをおすすめします。

市販の豆乳とジュースを混ぜて作るため、ミキサーは必要なく、手軽にジュースダイエットにチャレンジできます。

本格的に豆乳野菜ジュースを作りたい人は豆乳に好みの野菜を加えると手作りの豆乳野菜ジュースを作ることができます。

4-1.豆乳野菜ジュースのレシピ

■材料

  • 市販の豆乳:適量
  • 市販の野菜ジュース:適量

■作り方

豆乳と野菜ジュースをよく混ぜたら完成です。豆乳と野菜ジュースは好みの割合で混ぜてください。はじめは1対1程度に混ぜると飲みやすいでしょう。

4-2豆乳野菜ジュースを作るときのポイント

■豆乳の選び方

豆乳には無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料の3種類があります。

大豆イソフラボンや大豆サポニンなどの栄養素は無調整豆乳に多く含まれているため、できれば無調整豆乳を選んでください。

無調整豆乳の味が苦手な人は調整豆乳でも効果を得ることができます。

■豆乳の摂取量に気を付ける

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあります。

豆乳を摂取しすぎるとホルモンバランスが崩れ、体に悪影響となる危険性があるため、一日に飲む豆乳の量は100mlから200mlにとどめておくようにしましょう。

豆腐などをたくさん食べる日は豆乳の摂取量も減らすことが重要です。

まとめ

手作り野菜ジュースダイエットは豊富な栄養素が含まれた野菜や果物を使ったジュースを飲み、摂取カロリーを減らすことによって体重を落とすダイエット方法です。

手作りジュースには栄養が含まれていますが、栄養バランスが崩れないように食事に気を付け、無理のない範囲でダイエットを継続すると効果を得られるでしょう。

ページトップへ戻る