ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

グルテンフリーダイエット成功の秘訣は日本食に戻ること【パンはNG!】

更新日: 2017年06月06日
グルテンフリー

小麦粉や大麦などに含まれるたんぱく質、グルテン。パンやパスタを主食とする欧米で、このグルテンを極力とらない食生活でダイエットに成功した!と口コミで人気がでています。

運動ノルマも食事制限もなく、方法はシンプルにグルテンを一切食べないこと。

お米中心な和食にすれば、自然とグルテンフリーになるのですから、日本人向けのダイエット方法でもあります。

グルテンフリーダイエットは、どうしても、パンやケーキが食べたくなったら、米粉使用の代用品もあるので、ダイエット中にありがちな、食べたいものを我慢するツラサも感じません。

スポンサーリンク

グルテンとは

グルテンは、小麦や大麦などの穀物に含まれているタンパク質です。

パンやうどんを作る時、水を加えてこねるとでてくる粘り気。これがグルテンで、穀物の2種類のタンパク質(グリアジンとグルテニン)が混ざり合うとでてくるのです。

グルテンにアレルギー反応のある方(小麦アレルギー)のために、米粉や玄米粉使用のパンやパスタ、クッキーなどグルテン抜き(グルテンフリー)の食材がスーパーに並んでいます。

これらの栄養素に注目し、アメリカでは2012年頃から、グルテンを摂取しない食生活でダイエットに成功したと話題になり始めました。

グルテンフリーダイエットのやり方

グルテンを含む食材を代替えで作ったもの

方法はいたって簡単で、グルテンを含む食材を一切、口にしないこと。

あとは、好きな物を普通に食べて構いません。

運動ノルマもなければ、スイーツを我慢する必要もありません。

決められた日数はありませんが、ハリウッド女優のケイト・ハドソンはよく、「やばい、体重が増えだした!」と感じる時、真っ先にグルテンフリー生活に入るそうです。

すると数日間で、体重の変化そのものより、体が軽くなってより健康的になり、体調が整ってくるのだそうです。

キュートで可愛らしさが人気のマイリー・サイラスも、ぽっちゃり体型に悩んでいたところ、食生活をグルテンフリーにしたそうです。

また、日本でもミス・ユニバースに多くの日本代表を送りだした栄養コンサルタント、エリカ・アンギャルさんの書籍(グルテンフリーダイエット (一般書) )でも、このグルテンフリーダイエットは、何をやっても効果がなかった方は是非にトライしてみるべし!と取り上げられています。

グルテンフリーダイエットの効果

グルテンフリーダイエットの効果は、パンやパスタを控え摂取カロリーを減らすことで、確実に体重が減ったという方もいれば、数字では分かりにくいものの、体が軽くなり体調が整ってきたのが分かるという方もいます。

ただし、実はグルテンフリーの生活が体重の減量や体質改善につながる科学的な根拠はなく、アメリカの医学界からは、アレルギー体質の方向けの食事療法だが、一般的に勧められるかは、今のところ否定も肯定もできないという見方もあります。

グルテンフリーダイエットの口コミでの評価は?

食べられないもの「うどん」

グルテンフリーの口コミは、グルテンを多く含む小麦が体に良くないことは分かるけど、パンやパスタ、うどんが食べられないのは、やはりツライとありました。

私達の生活に欠かせないしょう油や味噌、カレー・ルーやソースなど市販の調味料には、ほとんどグルテンが含まれているため、完全にアウトにするならば相当の努力が必要だとの声もあります。

それでも、食生活の改善を通じて、食べ物への関心が高まり、自然と美意識が高まるとの感想もあります。

著者のグルテンフリーダイエット体験談

 グルテンフリーをイメージ

私がグルテンフリーダイエットを始めたきっかけは、たまたまアメリカ人の同僚が小麦アレルギーなため、彼女の食生活に興味を持ち始めたのです。

アメリカ人なのにパン類は一切食べず、ランチもフルーツが中心。テイクアウトのお寿司(彼女は大の和食好き)も、しょう油を付けません。

それからアルコールもワインをたしなむ程度。

初めは「なんてかわいそうな…」と同情してしまいましたが、40代でもスタイル抜群で、年に数回、フルマラソンを走りきるという体力の持ち主です。

丁度、暴飲暴食が続いた頃、リセットもかねて、2週間のグルテンフリーダイエットにトライしてみました。

まずはパンを一切、やめました。

元々、大のパン好きで、朝食もおやつにも、時には夕食もごはんよりパンで済ませることがありました。

肉や魚、チョコレートなど、グルテンフリーならなにを食べてもいいのですが、最初の3日間で無性にパンが恋しくなる禁断症状が出てきました。

そこで私が利用したのは、グルテンフリーのパンやクッキー、ケーキ(全て米粉を用いている)などです。どれも小麦製品と変わりなく美味しいので、少し値段が高いですが、好きな物を思いっきり食べられないツラサとは無縁でした。

ちなみにスペインの秘宝、女優のペネロペ・クルスもピザやパスタが大好物ですが、もちろん、全てグルテンフリーだそうです。

それから私が積極的に食生活に取り入れたのは春雨です。

はるさめサラダ

麺類が恋しくなった時、春雨をスープに入れたり、軽く湯がいた春雨をササッと炒めて食べたりと、いくらでも飽きずに食べることができました。

こんにゃくと違い、春雨にはカロリーはありますが、グルテンフリーなのは確か。

その他の食べてもいい食材としては、そば粉100%のそばやベトナム料理のフォーもグルテンフリーなので安心して食べられます。

このダイエットが日本人向きなのは、お米をガンガン食べられること。

炭水化物抜きダイエットなども人気がありますが、永遠にお米を断念するわけにはいきません。それに、野菜を中心に、肉・魚ばかりでは、食生活を戻した途端にリバウンドするものです。

その点、グルテンフリーダイエットで、お米が中心ならば、無理せず続けられるものです。

おにぎりダイエットが理に適っているのも納得がいきます。

2週間もすると、体が軽くなるのが分かりました。

実はお菓子が止められず、ダイエット中もスナックやチョコレートも食べていたのですが、それでもカロリー摂取が抑えられた成果なのか0.5kgは落ちました(ちなみに私は標準体型)。

グルテンフリーというよりも、要するにパンがいけないのだ!とひしひしと実感したものです。

美味しそうなパン

パンは食パンにすらバターがたっぷり含まれていて、その上にジャムやマーガリンを塗る。甘い菓子パンなら砂糖や油でより高カロリー。

そして、フワフワっと口当たりがよく、いくらでも食べられる。これでは太ること間違いなしですね。

グルテンフリーで過ごした2週間、初めの数日はなぜか異常に疲れた感じがしましたが、5日目ぐらいには慣れてきました。

そして最後には、あれほど好きだったパンを食べなくても大丈夫!と思えるようになったのです。

メリットとデメリットは?

グルテンフリーダイエットのメリットは、お米が主食の日本人向きで、グルテンのみに気をつければ、何を食べてもいいことです。

パンやケーキが恋しくなっても、グルテンフリーの代用品を食べられるのでストレスがありません。

デメリットは、コストがかかること。グルテンフリーの代用品は美味しさはそのままですが、取り扱いスーパーも少なく、価格が約2倍となってしまうのがネックです。

ダイエット成功の秘訣

グルテンフリーダイエットの成功のポイントは、パンを控え、昔ながらの日本食に戻ること。パンやパスタが食べたくなったら、グルテンフリーの代用品を利用することで、ストレスを溜めないことです。

まとめ

パンを主食とする欧米で、話題を集め多くのセレブリティーが実践中のグルテンフリーダイエット。

日本人の私達にとってはお米中心の食生活に戻ればいいだけです。

また、代用品を活用すれば、パンやパスタだって我慢しないで過ごすことができ、健康的な身体を目指せるならば、トライしてみる価値はありそうです。