ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

断食の5つの効能とプチ断食を簡単に始める3つの方法、8つの断食道場を紹介

更新日: 2017年06月06日
断食を連想させる画像

「断食」は、「ファスティング」ともいい、ブームになっている健康法です。

「本断食」という昔ながらの方法は、少なくとも3日以上断食することですが、減量の即効性はもちろん、毒素を排出し、体の免疫力を高める、など、驚きの体質改善が報告されています。

しかし、「仕事や学校があってそんなのは無理」、「ストイックで厳しすぎる」と、なかなか手のだせるものではないようです。何より、自己流ではなく、正しい知識と方法を身につけて安全に行わないと、やはり体が心配です。

そこでおすすめするのが、「“プチ”断食」。断食期間は短期間で、しかも食事をとりながら行う、誰にでも簡単にできるダイエットとして、今、大変注目されています。

健康、美容にも効果的で、しかも痩せにくい体にするという、いいことずくめ。

一体、プチ断食にはどんな効果があって、どういう風に進めればうまくできるのか?その問いにお答えします。

スポンサーリンク

断食のダイエット効果

人間の体は、食後およそ4時間までは主に体内にある糖分を分解してエネルギーにします。そのまま食事を摂らなかった場合、脂肪の燃焼に切り替え始め、食後12時間ではほぼ90%が脂肪を使ってエネルギーにすると言われています。

ですから、食事と食事の間の絶食の時間を長くすることで、より多くの脂肪を燃焼させることができるのです。

特に、脂肪燃焼の際は、まずお腹周りの脂肪から使うので、ぽっこりお腹の気になる人は効果がてきめんに出やすいでしょう。

一般的には、一日の断食で1.5%~2%体重が減ると言われており、即効性の高さはお墨付きです。

プチ断食による5つの優れた効能

カルテを確認するクリニックの医師

プチ断食には、ダイエット以外にも優れた効能があり、心とカラダがきれいになる秘密がいっぱいあります。

1.腸の負担を減らし、腸内環境をきれいに

食事を抜いた時間は、内臓を休ませることができます。現代人は過食、飲酒、ジャンキーな食事など、胃腸を酷使しすぎています。

腸の働きは、消化、吸収、排せつの3つですが、食事を抜くと、腸は排せつのみに集中できます。すると溜まっていた老廃物、宿便が排せつされ、腸内が驚くほどきれいになります。

2.デトックス効果が高い

断食をすると、体の毒素の排出を促します。毒素(食品添加物、薬品、貴金属などの有害物質)は主に脂肪にたまると言われています。

断食は、脂肪を燃焼させてエネルギーにすることで毒素を排出します。

3.免疫効果が高まる

断食により腸内環境が整うと、免疫力の担い手である血液中の白血球などが活性化します。同時に断食中は、普段食べ物の消化に使われているエネルギーが、免疫系と組織再生のプロセスに回り、免疫力が向上し、弱っている細胞も正常に生まれ変わりやすくなります。

白血球は空腹状態の時の方がずっと活発に病原体やウイルスなどを攻撃します。空腹時と満腹時の白血球の活動のその差はなんと二倍以上とも言われています。

4.ポジティブ脳になる

腸内環境がきれいになると、「セロトニン」というホルモンの分泌がさかんになるという報告があり、情緒を安定させ前向きにします。

セロトニンの不足による現代人のうつ病が深刻ですが、それぐらいメンタルヘルスに大きな影響を与える物質です。

また、断食により体内の脂肪が分解される際に、「ケトン体」が分泌されますが、これが脳に良い働きを与えます。

リラックスをさせるα波を出し、幸福ホルモンと言われるβエンドロフィンが増えるといわれています。常に明るく、楽しく、前向きな気持ちになれるのです。 

5.美肌効果

断食をすると、体の中に溜まった老廃物が排出され、便秘が解消し、腸内環境が整い、そして新陳代謝も促進されます。

その結果、吹き出物や肌荒れを改善し、驚くほど透明感のある肌によみがえります。

スキンケアには気を遣い、お金をかけている人も多いでしょう。しかし、肌の美容は、体の内側から行う方が効果的です。断食なら、お金もかけずお肌もつるつる。実際、断食による美肌効果を実感する声は多く上がっています。

上記以外にも、肩こりや腰痛が改善された、風邪をひきにくくなった、不眠症、生理不順が治った、など色々な報告がされています。断食の奥の深さを感じますね!

関連記事

ファスティングとは?本当の目的と効果、正しい方法まとめ

簡単に始められる!プチ断食の3つ方法

カレンダーと時間管理

胃腸を休ませるのに必要な時間は、16~18時間です。まずは半日断食から始めてみましょう。

なお、断食の際は、意識して水分を補給するようにします。第一に、脱水症状を防ぐこと、そして、老廃物の排出を促し、デトックス効果を高めるためです。

1.半日断食・朝食抜き

前日の夕食を食べた後、翌日の朝食は抜いて、昼食まで食事を摂らない方法です。18時間のプチ断食を頑張ってみましょう。例えば、前日の夕食を午後7時に終えたら、昼食は翌日の午後1時となります。

朝食を食べないことは不摂生というイメージはありますが、一番始めやすい方法です。私たちの体は夜中から朝にかけて吸収と代謝を行い、朝からは排泄モードに入っているため、本来、朝は軽めの食事で体に負担をかけないスタートに慣れているからです。

2.半日断食・夕食抜き

朝はしっかり食べないと学校や職場で力が出ないので無理という人は、思い切って夜だけ食事を抜くことをオススメします。例えば、昼食を12時にとったら、夕食は食べずに翌日の6時に朝食、昼食が13時なら翌日7時に朝食というやり方です。

その際、夜は早く寝てしまうことで何かを食べたくなる気持ちを抑えるようにするなど工夫は必要です。どうしても、現代人は夜に過食しがちで、胃腸は休む間がありません。夕食抜きは理にかなった方法と言えるでしょう。

3.一日断食

半日断食がうまくいったら、次は一日断食にトライしてみましょう。家庭で手軽にでき、しかも安全で効果的な方法が一日断食です。土日の週末や休日等を利用して行えば、仕事や学業にも支障なく実行出来るでしょう。

一日断食は、一週間のうち自分が決めた一日を断食します。朝起きてから寝るまで、水分以外は何もとらない方法です。水分はできればミネラルウォーターでたっぷり1.5リットル~2リットル程度は補給し、リラックスしながら行いましょう。

断食を終えた翌日は食事をとります。ただし、いきなり普通の食事に戻すと胃腸がびっくりしてしまいます。リバウンドにも気を付けないといけません。一日断食をしたら、一日かけて普段の食事に戻しましょう。

一日断食後はできれば五分粥(米に対して水10倍で炊いたおかゆ)に梅干し、次の食事は全がゆ(米に対して水5倍)。その次の食事で普段の食事の半分量といったふうに、少しずつ食事を普段通りに戻していくと、体にも優しく、リバウンドしにくい体になっていきます。

関連記事

リバウンドしない!ファスティング・プチ断食ダイエットのやり方

プチ断食中の注意事項

Diet mistakes

  • 水分は意識的にたくさん摂るようにしましょう。水分は余分な老廃物を体外へ排出するのを促します。
  • 水だけでつらい場合は、果物か野菜のジュースを飲みましょう。場合によっては飴をなめるのもいいでしょう。
  • アルコールの摂取は控えましょう。アルコールはカロリーが高い上、消化に負担がかかり、せっかくのプチ断食の効果を半減させてしまいます。
  • 断食はストレスがたまり、イライラもつのりますので、できるだけ仕事のない日を選んで、楽に始めましょう。
  • 激しい運動は控えましょう。血糖値が下がっている中での激しい運動はとても危険です。心臓や脳にも負担をかけます。なお、歩いたり、軽度の有酸素運動をする程度なら、脂肪燃焼を促進し、リフレッシュにもなるのでおすすめします。
  • プチ断食は、自己流で3日以上続けることはやめましょう。3日以上するときは、専門家の指導の下、安全に行うようにしましょう。
  • 断食中のエネルギー源は脂肪の燃焼ですが、実は筋肉もわずかに燃焼させてエネルギーにしています。

脂肪7、筋肉3の割合で燃焼すると言われています。筋肉量が減ってしまうと代謝が落ちていきますので、プチ断食終了後は、筋トレをするようにし、タンパク質、プロテインで補いましょう。たとえば断食で2㎏やせたら、運動で0.5㎏戻すような意識が必要です。

断食指導をする道場、団体、施設

断食道場

より効果的に、より安全に断食をするなら、プロによる指導の下で体験してみるのはいかがでしょうか。

全国には様々なスクールや施設があり、リラクゼーション的なプチダイエットから、滞在型の本格的断食や、医学的療法、はたまたお寺での修行まで、実にバラエティに富んでいます。

1.ECURA

通いでできる断食プログラムを提供中。「からだが喜ぶ内臓メンテナンス」と称し、単なる絶食ではなく、デトックス、厳選したファスティングドリンクを中心に、カスタマイズした多彩なプログラムにより、カウンセリング指導を行う。

ECURA
〒107-0061 東京都港区北青山3-7-3
TEL:03-3409-1077
公式サイト:http://ecura.jp/

2.大阪ファスティングダイエット協会

酵素飲料を飲みながら行うミネラルファスティングを中心とし、カウンセリングや3か月のファスティングダイエット教室などメニューも色々。ファスティングマイスター養成講座もある。

大阪ファスティングダイエット協会
〒573-1105 大阪府枚方市南楠葉1-13-5 サウスコート102
公式サイト:http://www.fastingdiet-oosaka.info/lecture.html

3.アイウェルネス 伊豆断食道場

滞在型施設。富士箱根伊豆国立公園の大自然に囲まれ、ゆったりとした時間を感じながら、全個室完備で気兼ねなく断食を実施。マッサージなども組み込まれ、心と体もリフレッシュできる。

アイウェルネス 伊豆断食道場
〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1737
TEL:0557-54-0011
公式サイト:http://www.izu-wellness.com/

4.リフレッシュの森(埼玉県児玉郡)

滞在型施設。森の自然に囲まれた環境の中で、酵素断食、半断食など無理のないコースで、フレッシュヨガをはじめ、キレイなボディーラインを作るベリーダンスなども取り入れたバラエティに富んだプログラムを提供。

リフレッシュの森(埼玉県児玉郡)
埼玉県児玉郡神川町矢納526
TEL:0274-52-6888
公式サイト:http://danjikidiet.com/

5.信貴山断食道場

大阪と奈良の県境、信貴山で開設以来40年余り、「断食・食養・精神修養」の道場として実績がある。ヨガ、山歩きなどもプログラムに組み込まれるが、あくまで修養道場としての要素が強く、ストイックな内容になるが、効果については体験者からの絶賛の声が高い。

信貴山断食道場
〒636-0832 奈良県生駒郡三郷町信貴山西2-102
TEL:0745-73-2507
公式サイト:http://www.danjiki.or.jp/index.htm

6.公的断食施設 五色県民健康村健康道場

医学博士の指導の下、医学的断食療法を行う滞在型施設。最大20日間のコースがある。毎日の診察や、心電図、血圧、血液検査による体のチェックも怠らず、極めて慎重な医学管理の下行うので安心。

公的断食施設 五色県民健康村健康道場
〒656-1331 兵庫県洲本市五色町都志大日707
TEL:0799-33-0535
公式サイト:http://www.fyu.jp/dojo/

7.健考増進施設はなまき 健考館

滞在型施設。「本格メディカル断食」は、医師監修のもと、カウンセリングと予備検診、予備断食などをしっかり行った上で、一人ひとりの目的や体力、健康状態に合わせて断食内容を設定する医学的断食療法プランと、リラクゼーション効果もあるプチ断食コースもある。温泉、鍼灸、よもぎ蒸し、ヨガなど癒しの要素もたくさん。

健考増進施設はなまき 健考館
〒028-3182 岩手県花巻市石鳥谷町松林寺3-81-13
TEL:0198-46-1212
公式サイト:http://www.kenkounoyakata.com/

8.大本山成田山新勝寺(断食参籠修行)

あくまで断食道場での修行の目的は、お不動さまの御加護のもと、不動の信念と心身の鍛練を体得すること。市川團十郎など有名人も多数参加。灯明料、寝具使用料として2泊3日 5,000円、4日目以降は追加1日につき1,000円ずつ加算とリーズナブル(最大6泊7日まで)。

大本山成田山新勝寺(断食参籠修行)
〒286-0023 千葉県成田市成田1番地
TEL:0476-22-2111
公式サイト:http://www.naritasan.or.jp/index.html

まとめ

プチ断食、いかがだったでしょうか。

できる範囲で無理なく気軽に始められ、すぐ効果が出て、しかも始める前よりもっともっと健康になっているという、言うことなしのダイエット方法ですね。

また、プチ断食をすることによって、現代人がいかに過食しすぎているかということに気づき、胃腸の負担を減らすことの重要性と、それによって得られる健康について実感できる機会になることは間違いありません。

スリムになって、心もカラダもきれいなれる、プチ断食を今すぐトライしてみましょう。