Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

二重あご解消法!4つの原因別の解消のコツ

二重顎を気にする女子

自分の顔にできた二重あごを見てしまった時、かなりのショックを受けますよね。シミやシワを見つけた時と同じか、もしくはそれ以上かもしれません。太って見えるだけならまだしも、老けてまで見えるからタチが悪いというものです。

どうすれば解消できるのでしょうか。

二重あごができる理由と原因を、少しでも追及解明することができれば解消までの道のりもそう遠くないはず。ただ太っただけが原因とはいえない二重あご。そこには決して侮れない現代社会が抱える問題も見え隠れしているのです。

スポンサーリンク

1.二重あご解消法~できてしまうわけも考えよう~

1-1.脂肪が原因

二重あごに気づいた瞬間、誰しも頭をよぎるのは「太ってしまった!」という焦りも混じった残念な気持ちではないでしょうか。もちろん肥満が原因でも二重あごになります。

脂肪は顔にもつきますし、個人差があるものの、それが1番現れやすいのがあご部分。そして、あごに脂肪がついてしまうほど太ってしまった時は、おそらく体全体も太り、体重が増加してしまっていることが多いはずです。

では、単純にダイエットすれば二重あごも解消されるのでは?と思いたいところですが、あごについた脂肪は、体を動かす運動をしたり食事制限をしたりといった、通常のダイエットでは効果が現れるのに時間がかかるようなのです。

あごについてしまった脂肪を一刻も早く解消したいのなら、即効性を求めるのならば、通常のダイエットをするだけではダメです。

通常のダイエットに加え、さらに二重あごのための、顔の筋肉の運動やマッサージを組み合わせて行うことが効果的といえます。

関連記事

たった1日3分で嫌な二重あごを解消できるエクササイズ

1-2.むくみが原因

朝起きた時、顔がむくんでいる経験があるかと思います。顔のむくみの原因は、水分の取りすぎだったり、リンパや血液の流れが滞っていたり、とたくさん考えられます。

顔のむくみ

リンパや血液の流れが悪くなると老廃物の排出も滞ることになります。
その結果、顔全体がむくんで見えたりするのです。

むくみが原因の二重あごの時は、まず何よりも生活習慣の乱れなどを見直すことが大事です。就寝前に水分を取りすぎたりしていないか、食事で塩分を摂取しすぎてはいないか、お酒を飲みすぎていないか・・など、今一度自分の生活習慣を見直してみてください。

1-3.たるみが原因

太ってもいないのに、なぜか二重あご。そんな人いませんか?
実は私もこのタイプ。顔はむしろ面長で、どちらかというとほっそりとした顔なのに、なぜかあごだけがりっぱな二重あご。太っているわけではないのにどうして二重あごなんだろうと悩んだ時期もありました。

そんなタイプの人の二重あごの原因で1番多いのが、このたるみではないかと言われています。

顔についてしまった脂肪を1番認識しやすいのは、先に話したとおり、あご部分ですが、あご以外にも脂肪はつきます。はっきりわからなくても、顔のいたるところにどんな人でも多少は脂肪があるものです。
その顔に少しずつついてしまった脂肪が加齢とともに重力によってあごに集中してしまうのが、たるみです。

二重顎を気にする女性

顔も筋肉で支えられていますが、その筋力も年齢とともに衰えていきます。筋力が衰えてくることで、顔の脂肪も支えられなくなり、たるみができてしまうことになるのです。

たるみが原因の二重あごの時は、1番の脂肪が原因の場合と同じように、マッサージや顔の筋肉を鍛える運動がとても効果的になります。

マッサージの内容や顔の筋肉の運動については、のちの項目の自分の体験談の中で詳しくお話しさせていただきます。

関連記事

二重あごに救世主!舌回し体操でスッキリ解消

1-4.スマホが原因

先日何気なくみていたテレビで特集していた話にあったものです。

最近若い女性の間で二重あごの人が急増しているという内容の特集でした。確かに取材を受けている女性のほとんどが20代くらいの女性で、しかもまったく太ってもいないのに、みなさん二重あごになっていました。

原因はスマホの使い過ぎだというのです。

スマートフォンを見る女子

今手元にスマホがあるという方、ぜひスマホを触ってみてください。気づかないうちに、スマホを見つめるその顔が下を向いて、あご部分が首元近くまで来たりしていませんか?

短時間の行為なら、さほど問題にならないのかもしれません。問題はスマホに夢中になり、その姿勢を取り続けてしまうことです。
下を見るという同じ姿勢を取り続けることで顔の脂肪があご部分に集中してしまい、そしてあごにしわができ、結果としてそれが二重あごにつながっているという結論でした。

スマホは現代社会が生み出したすばらしいコミュニケーションツールですが、使い方を間違えるとこういう負の一面も生み出してしまうということも頭に入れておかなくてはいけません。

スマホが原因の場合、同じ姿勢でスマホを使用し続けない。目線を下にしすぎないなどといった予防策につきることになります。

2.二重あご解消に成功した実践記

二重あごを解消したいと思った時、まずは自分がどのタイプの二重あごなのかを知る必要があります。

私は自己解析をした結果、自分の二重あごの原因は先に書いた2番の「むくみ」と3番の「たるみ」だという結論に至りました。

まずむくみ解消のために、生活習慣の改善に取り組みました。

たるみに効果的と言われているマッサージですが、顔をマッサージすることで、血流やリンパの流れをよくすることにつながります。このマッサージがむくみの解消にも一役買いそうだったので、マッサージだけは忘れず毎日続けることにしました。

睡眠前のお手入れ時間に、自分の手でゆっくりマッサージしてみたり、顔痩せグッズの美顔ローラーなども使ってみたりしました。

美顔ローラーを持つ女性

顔の筋肉の運動は、とにかく顔じゅうの筋肉を動かすということが1番効果的だとわかったので、いろんな表情をおおげさにすることで、普段使わない顔の筋肉を動かすことを意識して取り組みました。

顔の筋肉を鍛えるという感覚が大事です。その他に、「あいうべ体操」という口元の筋肉を大きく動かす運動も効果的だとわかったので、これも合わせて取り組みました。

2-1.二重あご解消法のメリット・デメリット

解消法に取り組んでみての1番のメリットは、生活習慣の改善ができたことです。

むくみは顔だけでなく、体全体にも悪影響をあたえるもの。見た目を気にすることも大事ですが、生活習慣の改善を意識することで、健康についてまで考えるようになったことが、結果としてよかったと思います。

寝る前にとる水分を控えてみたり、お酒の摂取量も控えるようになりました。またむくみの1番の大敵である塩分。これはかなり意識するようになりました。
家族の食事を作る立場なので、家族にとってもいい影響につながったと思うと嬉しく、これからも続けなくては…と強く意識するようになりました。

顔の筋肉の運動も楽しく取り組めていることがメリットの1つです。

普段動かすことのない筋肉を動かす表情は、はっきり言って変顔だったりします。それはなかなか人前ではできないので、家の中で思いっきり変顔をするのがある意味ストレス発散となって、かなり楽しいのです。これはぜひみなさんにおすすめしたいところです。

「あいうべ体操」は後から知ったのですが、口呼吸を治すことにも大きな効果があるらしく、歯医者さんでも奨められました。

私は普段から口呼吸をしていたので、口の周りの筋肉と、舌を動かすこの運動が顔のたるみにも口呼吸にもいいと知り、「こんな一石二鳥の運動はない!」と毎日欠かさず取り組んでいます。

取り組み始めて3ヵ月ほど経ちましたが、二重あごがなくなったとは言いませんが、以前に比べると目立たなくなってきた気がしています。

デメリットを強いて言うならば、マッサージです。リンパや血液の流れ、それは見てわかるものではないため、少しやみくもに顔をマッサージしている状態です。

2-2.二重あご解消の成功のポイント

二重あごの解消の1番のポイントは、二重あごには原因がいくつかあるということを知ることです。

そして、その原因にあった対策をとることが何より大事で、ただやみくもにダイエットしてもなかなか解消できないのです。

まとめ

まずは自分の二重あごの原因を探ってみてください。

むくみやたるみが原因の場合は、必ず1つだけでなく、いくつかの対策を同時進行で進めてみてください。原因に合った対策法ならば、続けることできっと効果が現れてくると思います。

ページトップへ戻る