ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

DHCプロティンダイエットはまずい?体験者が気になる味や効果を解説

更新日: 2016年12月06日
DHCプロティンダイエット いちごとバナナ イメージ

CMでも話題のDHCプロティンダイエットですが、CMのように挑戦した人みんなが痩せることができるのでしょうか。1食分にはダイエット中には嬉しい栄養成分もたっぷり含まれています。

ですが、味がまずい、満腹感がない、というマイナスな本音もあります。今回DHCプロティンダイエットについて、基本的なことから私の体験談まで、試していない人には1度は読んでほしい内容を書いてみました。

スポンサーリンク

DHCプロティンダイエットとは

DHCプロティンダイエットとは、普段の食事をプロティンに置き換えることによってダイエットするという、オルビスのプチシェイクなどと同じ、いわゆる置き換えダイエットです。

朝昼夕の食事を1日2食を限度にプロティンに置き換え、必要な栄養素を摂りつつカロリーは抑えて健康的に痩せるというものです。

ビタミン11種類、ミネラル11種類も豊富に含まれているため、ダイエットにはありがちな栄養不足も補えて、健康的にスリムを目指すことが出来ます。

さらに、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、ポリフェノール、オルニチン塩酸塩、食物繊維と、美容に関心がある方なら必ず聞いたことがある女性には嬉しい成分も含まれています。

これだけの栄養成分が含まれているにも関わらず、1食分のカロリーが178kcal以下というのがすごいところです。

普通の食事で同じくらい栄養成分を摂取しようとすると、食事量が大幅に増え、それに伴ってカロリーも増えるはずです。

例えば、私は女性なので葉酸に注目してみました。

代表的な食品としてほうれん草と比較してみましょう。DHCプロティンダイエットには葉酸は1食分180~含まれています。

それに対し茹でたほうれん草には100gに110~含まれています。100gはだいたい2束です。ですので、ほうれん草で180~摂取しようとすると約3.3束です。ほうれん草は茹でるとかさが減りますが、毎日3.3束食べるのは大変です。

DHCプロティンダイエットなら1食分飲むだけでいいですし、その他の栄養成分も摂れるので優れているといえます。

作り方はとても簡単で、購入したDHCプロティンダイエットの粉を1袋、水350mlに溶かすだけで1食分が完成します。

専用のシェーカーも売られていて、これにはどこまで水を入れればいいか、目盛りが書かれているため、とても便利です。

シェーカーは私も購入ましたが、入れてよく振るだけ、そしてそのまま飲めて洗い物もこれだけと、非常に楽をさせていただきました。

シェーカーは1個305円(税込み329円)とお手頃なので、DHCプロティンダイエットを試すならぜひ一緒に購入してみてください。

DHCプロティンダイエットはインターネットだけでなく、ドラッグストアやコンビニでも買えるので、とりあえず1袋だけ試してみたいという方でも簡単に手に入ります。

値段は公式HPだと1食あたり約336円と記載されていますが、その他のインターネットサイトではもう少し安く手に入るようです。

DHCプロティンダイエットの効果は好みで別れる

DHCプロティンダイエットの効果は、1食178kcal以下という驚きのカロリーの少なさによって1日のカロリー摂取量を減らすができることです。

私の大好物、みんな大好きハンバーグで比べてみると、ハンバーグは120g(1個分)あたり268kcalも含まれています。普通1個では足りませんよね。さらにご飯も食べるとなると、カロリーも相当な量を摂取しています。それを178kcalに抑えられたら体重が減るのは当然だと思います。

DHCプロティンダイエットの口コミを検索してみると、好評な意見と不評な意見と分かれますね。

好評な方は、
「味がおいしい」
「腹持ちがいい」
という意見が多いです。

一方不評な方は、
「甘すぎて飲めない」
「すぐお腹が空くので結局他にも食べてしまう」
「値段が高い」
という意見が多いです。

味の好みや食の細さは人それぞれなので、DHCプロティンダイエットは向き不向きがあるということですかね。

また、それらを我慢できるくらいの固い決意を持っている方が成功できるということでしょうか。

DHCプロティンダイエットの体験談

私も実際にDHCプロティンダイエットを体験したことがあるうちの一人です。

私は2年前頃に30食分のセットのものを購入しました。

理由は彼氏(現在:夫)にぽっちゃり体型を指摘されたからです。いつもお腹の肉をつまんでくるので腹が立ち、つまめないように痩せてやろうと思い購入しました。

正直に結果を申し上げると、体重は変わりませんでした。それどころか、ストレスが溜まっていきました。私には向いてなかったようです。

30食なので、1日1食置き換えて1ヶ月続けてみることにしました。

夕食に脂っこいものを私はいつも食べるため、夕食をDHCプロティンダイエットに置き換えることにしました。

味はいちごミルク味、ココア味、コーヒー牛乳味、バナナ味、ミルクティー味の5種類です。

プロティンを飲んだことがない私は、DHCプロティンダイエットを初めて飲んでみた感想は「マズッ!?」でした。

こんな人工的で粉っぽい飲み物、飲めるわけがないと思いました。

CMではおいしいと謳っているのに、全くおいしくありませんでした。初日ですでに続けられないと思いましたね。

飲み物が不味い様子

5日間違う味を飲んでみて、いちごミルク味とバナナ味がまだ飲めるかなと思いました。

私は大の甘党だからこの味がよかったのかもしれません。

逆にミルクティー味は吐き気を催しながら飲んでいました。私は市販のミルクティーも好きではないので、この味は受けつけなかったです。

もう一つ、満腹感は感じなかったです。

始めのころは我慢すれば慣れてくるかなと思い、空腹に耐え、お腹が空いて眠れないという状況も耐えていましたが、全く慣れませんでした。

なので、DHCプロティンダイエットを飲んだ後に買ってきた惣菜を食べたりしていました。

そんな感じだったので、1ヶ月後の体重は変わっておらず、空腹と睡眠不足とおいしくないものを我慢して続けたというストレスだけを感じる結果となりました。

ちなみに私の仕事はちょくちょく動き回る仕事で、通勤も徒歩25分くらいかかるため、プラスして運動するということはしていなかったです。

運動も取り入れたら変わっていたのでしょうか…。

どちらにせよ、DHCプロティンダイエットは私には続けるのは苦痛だったので、30食分飲み終えたらそれ以降は今までどおりの生活に戻しました。

DHCプロティンダイエットのデメリットと注意点

体験した私が言えることは、満腹感を感じないのでさらに食べてしまう、そしてダイエットしているはずなのに逆に太ってしまう可能性があるということです。

プロティンはタンパク質が主成分となっています。このタンパク質を過剰摂取すると体内で消化しきれず、脂肪となり体内に蓄積されます。

私のように朝昼と普通の食事をし、夕食にDHCプロティンダイエットを飲んでその後惣菜を食べていると、1日に必要なタンパク質の量をオーバーし、脂肪となる可能性が高いと思います。

タンパク質は筋肉を作る成分としてとても有名です。ジムで鍛えた後にプロティンを飲むという話を聞いたことがあると思います。

筋肉に働きかけるため、DHCプロティンダイエット中に運動をしていないと効果が望めず、飲むことを止めていつもの食事に戻すと摂取したカロリーを消化できない身体になっているためリバウンドしてしまうのかもしれません。

DHCプロティンダイエット中は余計なものを食べない!
リバウンドしないためにある程度運動もする!
これをすると、DHCプロティンダイエットの失敗の危険性を減らせるはずです。

まとめ

DHCプロティンダイエットを成功させるには、空腹に耐えることが大事と言えると思います。

あと、個人的にあの味はおいしくないので、おいしくなくても耐えられる人、もしくは味が好みな人。これも成功には必要です。

私にはDHCプロティンダイエットは向いてなかったようですが、成功した人は確実にいます。

口コミを見ても成功している人はたくさんいるので、本当に向き不向きがある商品だと思います。

私の体験を見て「私はこうはならない!」と思う方、ぜひ試してみてください。きっと成功するはずです。