Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

ダイエット中も安心!コンビニごはんの選び方とおすすめの商品12選

コンビニの様子

ダイエット中の食事に悩んでいませんか。この記事ではダイエット中、コンビニで食品を買う際に注意すべきポイントとローソン、ナチュラルローソン、セブンイレブンで買えるおすすめの商品を紹介しています。

ポイントを押さえるとコンビニでも太りにくい商品を買うことができますよ。極端な食事制限をせず、健康的に美しい体型を手に入れましょう。

スポンサーリンク

1.ダイエット中の食事管理

ダイエットではどのようなものをどれだけ食べても良いのか悩みませんか。ダイエット中の食事管理について説明します。適切な食事管理を行い、健康的に痩せましょう。

1-1.カロリーコントロール

ダイエットでは「カロリー」が低い食事をとることが重要視されています。カロリーとダイエットはどのように関係があるのでしょうか。

「カロリー」はエネルギーの単位です。

私たちは食事をすることによって摂取したタンパク質や糖質をエネルギーとして消費します。食事の量が多すぎるとエネルギーとして消費されなかった栄養は脂肪として体内に蓄積し、肥満になってしまいます。

ダイエットにおいては、摂取したエネルギーを表す摂取カロリーを消費したエネルギーを表す消費カロリーより少なくすることで体内の脂肪を燃焼し、スリムを目指します。

1-2.極端な食事制限は健康に害を及ぼす

ダイエットでは摂取カロリーを消費カロリーより抑える必要があるため、多くの人が食事制限を行います。

しかし、極端な食事制限はストレスをためるばかりでなく、体に悪影響を及ぼす可能性があるため、ダイエット中は栄養管理をきちんと行う必要があります。

特に、脳や体を動かすエネルギー源となる炭水化物や筋肉などを作り、体を構成するタンパク質はダイエットによる食事制限中に不足することが多いです。

炭水化物やタンパク質が不足すると体の機能低下につながり、さまざまな症状を引き起こす原因となります。

2.ダイエット中、コンビニで食品を選ぶ際のポイント

ダイエット中、コンビニで食品を選ぶときに注意すべきポイントを3つ紹介します。気軽にコンビニでごはんを買いたいときは参考にしてください。

2-1.糖質が多い商品には気を付ける

糖分が多いもの:ドーナッツ

コンビニで買うことができる商品には糖質が多く含まれているものがあります。

糖質は炭水化物に多く含まれる栄養素であり、体に摂取されるとエネルギー源として利用されます。

糖質を摂取しすぎるとエネルギーとして利用されなかった糖質は中性脂肪として体内に蓄積されるため、ダイエット中には糖質の過剰摂取には気を付ける必要があります。

2-2.栄養が偏らないようにする

コンビニで売られているお弁当やホットスナックは揚げ物や炒め物が多く、栄養が偏ってしまっている商品があります。

揚げ物や炒め物は脂質が多く、カロリーも高いため、ダイエットには適さない食品です。

どうしても食べたくなったら、胃腸の働きが活発化されていない朝食や食後の消費カロリーが少ない夕食は避け、昼食に揚げ物や炒め物を食べるようにしてください。

また、コンビニで売られている食品には野菜の使用量が少ないものもあります。

野菜に含まれるビタミンやミネラルは脂肪の燃焼に有効であるだけでなく、健康や美容にも効果をもたらします。

コンビニでごはんを買う際は野菜が不足しないよう、サラダなどを積極的に食べるようにしましょう。

2-3.添加物には気を付ける

食品添加物を多く含んだ商品には注意が必要です。

食品添加物とは食品の製造過程において加工、保存を目的として添加される調味料や保存料、着色料、甘味料、香料などを意味します。

食品添加物には依存性が強いものや血糖値の上昇を起こすものがあるため、ダイエット中は添加物が少ない商品を選ぶ必要があります。

3.コンビニで買えるおすすめの弁当

ダイエットに効果的なコンビニ弁当のイメージ

ダイエット中にコンビニ弁当が食べたくなったら、カロリーが低い商品や多くの食材が使用された商品を選びましょう。

カロリーが低い商品はダイエットに効果的で、食材が多く含まれた商品はダイエット中の栄養不足や栄養バランスの乱れを解消してくれます。

3-1.七穀ごはんといろいろおかずの幕の内(ナチュラルローソン)

七穀ごはんといろいろおかずの幕の内はたくさんの食材が使われた栄養バランスの良いお弁当です。

さまざまな種類のおかずが入っていますが、カロリーは311kcalに抑えられており、ダイエット中の人も安心して食べることができます。

3-2.熟成豚のジンジャーソースごはん(ナチュラルローソン)

熟成豚のジンジャーソースごはんはダイエット中にもお肉を食べたい!と思う人におすすめです。

ボリュームがあるお弁当ですが、カロリーは395kcalであり、栄養バランスを考えて野菜も添えられています。

3-3.にぎり六撰(ローソン)

定番のお寿司を6種類盛り合わせたにぎり6撰は260kcalであり、魚に含まれる栄養素も摂取できるため、ダイエットにおすすめです。

にぎり六撰では野菜が不足するため、サラダと合わせて食べるとよいでしょう。

関連記事

コンビニダイエットで-10キロ痩せる方法!忙しいビジネスマンでも出来る

4.コンビニで買えるおすすめのおにぎりと手巻き寿司

コンビニのおにぎり

おにぎりや手巻き寿司は脂肪分が少なく、ダイエット中も安心して食べることができる食品の一つです。

音楽プロデューサーのつんくさんは主食をおにぎりにしておかずを野菜メインにするおにぎりダイエットを考案し、2週間で4.1kgの減量に成功しています。

おにぎりや手巻き寿司には脂肪分が少ないですが、お米には炭水化物が多く含まれているため、食べすぎには注意してください。

関連記事

グルテンフリーダイエットの効果とやり方を解説!食べていいものは何?

4-1.手巻きおにぎり 紀州南高梅(ローソン)

梅おにぎり

手巻きおにぎり 紀州南光梅は164kcalであり、コンビニおにぎりの中でもカロリーが低いため、ダイエットに適しています。

4-2.手巻きおにぎり おかか(ローソン)

鰹節にはタンパク質をはじめとして豊富な栄養素が含まれています。手巻きおにぎりおかかを食べてダイエット中に不足してしまった栄養を補いましょう。

手巻きおにぎり おかかは168kcalです。

4-3.手巻寿司 鰹だし醤油仕立て納豆巻き(セブンイレブン)

大豆を発酵させて作られた納豆はビタミンB類を含んでいます。

ビタミンB類は糖質をエネルギーに変える時に必要な栄養素であるため、ダイエット中も摂取する必要があります。

手巻寿司 鰹だし醤油仕立て納豆巻きを食べてビタミンB類を摂取しましょう。手巻寿司 鰹だし醤油仕立て納豆巻きは172kcalです。

5.コンビニで買えるおすすめのパン

サンドイッチ

通常、パンには脂質や糖質が多く含まれています。

脂質や糖質の過剰摂取はダイエットに適さないため、パンを食べたくなったら脂質や糖分が少なく、カロリーが低い商品を選んでください。

5-1.ブランパン 2個入(ローソン)

ブランパンは含まれている糖質の量が一般的なパンと比べて少ないため、太る心配が少ない商品です。

ブランパンはカロリーも低く、1個68kcalです。栄養バランスが気になる場合はスープやサラダと一緒にブランパンを食べましょう。

5-2.ブランのアサイー&クランベリーパン(ローソン)

アサイーとクランベリーを使ったブランのアサイー&クランベリーパンは1個77kcalです。

5-3.レタスたっぷり!シャキシャキレタスサンド(セブンイレブン)

レタスたっぷり!シャキシャキレタスサンドは新鮮なレタスをふんだんに使ったサンドイッチです。

レタスたっぷり!シャキシャキレタスサンドはビタミンやミネラルを含むレタスを使用しているため栄養が偏る心配が少なく、ダイエット中にも安心して食べることができます。カロリーは225kcalです。

6.コンビニで買えるおすすめの麺類

麺類は炭水化物が多く含まれているため、摂取量に注意する必要があります。

また、麺類だけでは栄養が偏ることもあります。麺類を食べる時は摂取量と栄養バランスに十分注意してください。

6-1.海老とフォーのサラダ えび醤ソース(ローソン)

ベトナム料理のフォーはお米から作った麺です。フォーはカロリーが低く、海老とフォーのサラダ えび醤ソースも209kcalです。

海老とフォーのサラダ えび醤ソースには水菜や玉ねぎも使われているため、野菜も摂取でき、ダイエット中の栄養の不足を補うのにおすすめできます。

6-2.赤のスムージーのパスタ(ナチュラルローソン)

赤スムージーのパスタは263kcalであり、パプリカ、人参、トマト、玉ねぎを使用して作られたスープが特徴です。

まとめ

コンビニでごはんを買う時はカロリーや栄養の偏り、食品添加物などに注意して商品を選びましょう。

注意点を守ると、コンビニで買える食品だけでもダイエット効果を期待でき、実際、1週間コンビニの食品を食べることによって、ダイエットに成功したという声もあります。

ページトップへ戻る