ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

チアシードダイエットで-3kgに成功【秘訣はホワイトチアシードの食べ方にあり】

更新日: 2017年06月08日
チアシード

スーパーフードの1つといわれているチアシード、なぜスーパーフードといわれているのでしょうか。それは、小さなゴマのような粒に驚くほどたくさんの効果が含まれているからです。

いったいどのような効果や効能があるのでしょうか?

また効果的な食べ方はどのようなものなのでしょうか。チアシードの効果から実際にダイエットに成功したホワイトチアシードの食べ方を紹介していきます。

スポンサーリンク

チアシードの栄養と驚くべき効果とは?

チアシードとは、チアという南米原産のシソ科サルビア属のミント植物の種子で、見た目はゴマのような本当に小さな粒状の食べ物です。

このチアシードは、ミランダ・カーなどのスーパーモデルや多数の有名人が紹介したことでスーパーフードとして海外で話題になり、日本でもモデルの道端姉妹やローラなどが紹介したことから、雑誌やテレビなどで特集され注目されている食材です。

チアシードは古代マヤ・アステカ時代から食べられていて、「小さじ1杯のチアシードと1杯の水で24時間走り続けられる」という言い伝えがあるほど、健康維持に欠かせないたくさんの栄養素が含まれている食物です。

走る女性

特に、体内で合成することができない必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれており、ダイエット中の栄養補助に効果があるとされています。

また、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の1つ、αリノレン酸が多く含まれていることも特徴です。

このような必須アミノ酸や必須脂肪酸はどれも現代人が不足しがちだったり、摂取するのが難しい栄養素であり、こうした栄養分をチアシードを食べることで補うことができるのです。

さらにチアシードには水溶性、不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。大さじ1杯のチアシードに含まれる食物繊維は、なんとレタス300g分と同量とのこと。レタス300gを摂取しようと思ったら大変ですし当然カロリーも気になります。

レタス

ですが、チアシードであればスプーン1杯で同じだけの食物繊維を摂取することができるのです。

このほかにもチアシードには、タンパク質やカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などが豊富に含まれています。こうした豊富な栄養分が「スーパーフード」といわれる理由なのです。

さらにチアシードは水に浸すと10倍以上に膨らみ、ぷるぷるなゼリー状になります。これはこんにゃくにも含まれるグルコマンナンと呼ばれるもので、人間が体内で消化することのできない食物繊維です。

ゼリー状に膨らんだチアシードを摂取することで、腹持ちがよくなり空腹感を抑えることが期待できます。こうしてみると、チアシードはダイエットにも効果的であることがわかると思います。

チアシードの口コミでの評価は?

実際、チアシードを摂ることによって、ダイエットできた、などたくさんの口コミがあります。

ダイエットに成功した女性

ダイエットは空腹との戦いでもあります。

その点、チアシードは摂取することによって満腹感があるので、、間食しなくなったり、食事の量が抑えられ、ダイエットに効果があるのではないでしょうか。

ダイエットにはホワイトチアシードがお薦め

チアシードにはホワイトチアシードとブラックチアシードがあるのですが、 オメガ3や食物繊維はホワイトチアシードのほうが高いといわれています。

またブラックチアシードにくらべて低カロリーで高タンパクなのがホワイトチアシードです。

ホワイトチアシード

ほかにも通常、オメガ3は熱には弱いとされているのですが、ホワイトチアシードに含まれるオメガ3は熱に強く、加熱して摂取しても栄養分を摂ることができると言われています。

そして、水分に浸したときの誇張率もホワイトチアシードのほうが大きいです。

ブラックチアシードが約10倍の誇張率に対して、ホワイトチアシードの誇張率は約14倍といわれています。

ですから、ダイエット効果を期待するのであれば、特にホワイトチアシードのほうがオススメです。

ホワイトチアシードのダイエット体験談

私自身、ホワイトチアシードを毎朝スプーン1杯摂取するようにして、3kgのダイエットにも成功しました。

チアシード自体はそのまま摂取することもできますが、無味無臭なので、いろいろな食べ物と混ぜて摂取することも可能です。

私はヨーグルトに入れたり、ジュースやスムージーなどの飲み物に入れて、ある程度の時間を置いてゼリー状になったものを摂取しています。

時間がなくても、最低10分以上は水に浸しておいたほうがいいようです。

チアシードとヨーグルト

また、ココナッツミルクや豆乳などに入れてプリンにすることもあります。それと、ゼリー状になる性質を利用して、ドレッシングに混ぜると、ジュレ状のドレッシングを作ることができます。

どんな使い方であっても、もともとの食べ物の味を邪魔することなく、ぷちぷちとしたタピオカのような食感を楽しむことができるので、いろいろな食べ方を試してみるのもいいと思います。

チアシードの食べ方!注意事項と副作用

チアシードはダイエットに効果的ですが、チアシード自体には10gで50kcalのカロリーがあります。

そのためチアシードの摂りすぎは、カロリーの摂りすぎにつながってしまうため、健康やダイエットに効果があるからといって、大量に摂取すれば、逆に太ってしまう原因にもなります。適量を摂ることが重要なのです。

チアシード自体は自然の食物であり副作用はないといわれています。

ただし、これまで述べてきたように、食物繊維が豊富であることから、大量に摂取することで逆におなかがゆるくなってしまうこともあるようです。

また、水分を吸収するという性質のため、チアシードを摂取したあとに水分を摂るようにしないと、逆に体内が水分不足になってしまうおそれもあります。

水分を含ませたチアシード

チアシードを摂取するときは、たっぷりと水に浸すか、水分も一緒に摂取するようにするといいでしょう。

チアシードはリバウンドしにくく続けやすい

チアシード自体には脂肪を落としてくれるというような効果はありません。

ですが、チアシードを適量摂取することによって満腹感を得られることから置き換えダイエットには最適といえます。

通常、ダイエットをすると、カロリーをおさえようとするあまり、必要な栄養分も摂取せず、肌や髪がボロボロになってしまったり、また食事量を無理に減らすことでリバウンドの可能性も高くなってしまいます。

ですが、チアシードであれば、豊富な栄養分を体内に取り入れつつダイエットができる上に、ダイエット以外の様々な効果も得ることができるのです。

当然、身体に負担をかけないことからリバウンドもしにくくなります。

チアシードドリンク(紅茶)

またいろいろな食べ方をすることで、飽きにくく、ダイエットが長続きするという効果もあるのではないでしょうか。

まとめ

このように、チアシードにはおどろくほどさまざまな効果があります。これだけ豊富な栄養分がありながら、ダイエットにも最適という食物は他にはなかなかないのではないでしょうか(ダイエット目的ならばホワイトチアシードがおすすめ)。

そして、ダイエットに効果があるというだけではなく、チアシードには多くの栄養素が含まれることから、毎日の健康にも期待できます。

その一方で副作用やデメリットが少ないことから、安心して摂取することができます。これがチアシードが「スーパーフード」といわれる理由ではないでしょうか。