Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

ふくらはぎが太くなる理由は3つ!【効果的ダイエット法で細くできる】

ふくらはぎをマッサージする女性

ふくらはぎは人の身体の中で特にシェイプアップしにくい部位の一つです。女性は、ミニスカートを履く機会も多いのに目立ってしまうため悩んでいる方も多いですよね。

ダイエットしてもなかなか細くなってくれない、それがふくらはぎです。理由によってアプローチの仕方が変わってきます。太く見える理由と有効な対策方法を実体験を元にまとめました。

ふくらはぎが太い!細くしたい!細く締まったふくらはぎ、憧れますよね。しかし体質によって効果的なふくらはぎダイエットが違ってくるのはご存じですか?ふくらはぎが太くなる理由は主に三つです。

スポンサーリンク

1.筋肉がついて太く見える

ふくらはぎはもともと約70%が筋肉です。しかし筋肉を落とすのは脂肪に比べて容易ではありません。

筋肉を落とすには、その筋肉をなるべく使わない事です。そうすれば筋肉は脂肪になり、脂肪は方法さえ間違わなければ落とすのは難しくありません。そうは言っても、何も引きこもって筋肉を落とせと言うわけではありません。

筋肉そのものの量はそんなに個人差があるわけではありません。付く量にも限りがあります。つまり量ではなく筋肉が張っているためにふくらはぎが固くなっており、太っているように見えてしまうのです。その筋肉の張りは使い過ぎによるものがほとんどと言われています。

筋肉質なふくらはぎ

筋肉の使い方(歩き方や、立ち方)が悪いと足に負担がかかります。そして強い負荷がかかっていると筋肉が張ってしまい、どんどん逞しくなっていくわけです。

なのでこのタイプの方は、まずは正しい姿勢と歩き方をマスターするのが近道です。これだけで少なくとも今より逞しくなる事はありません。そしてすでについてしまっている筋肉に対しては、マッサージがとても有効です。

特にふくらはぎの内側の筋肉をもみほぐすようにマッサージをします。これをお風呂あがりなどに続けてみましょう。すぐにとは言いませんが、効果が出てくるはずです。

2.脂肪がついて太く見える

当然ですが、全体的にポッチャリしている人、肥満体型の人に多いのがこのタイプです。

そうなるとふくらはぎにだって脂肪がたくさんつきます。触ってみて、ふくらはぎがプルプルしたり、絞るようにひねってみて、凹凸が出来る人(セルライト)は恐らく脂肪が原因でふくらはぎが太くなってしまっています。

太った女性、ふくらはぎ

食事制限で身体全体の痩身をはかれば、ふくらはぎも少しは細くなりますが、とてもシェイプアップが難しい部位です。そうなるとやはり運動しかありません。

食事制限をして痩せたとしても、それでキレイなふくらはぎになる保障はありません。やはり食事制限とともに、ふくらはぎの筋肉を使う運動との並行で行くべきでしょう。

ふくらはぎを一番使う運動は「ウォーキング」です。特別な機器はいりませんし、外を歩くだけでいいので気軽に始められますね。しかし、歩き方が正しくないと、上記の筋肉質のふくはらぎのように、変に逞しくなってしまう可能性もあるので注意してください。

3.むくみが原因で太く見える

むくみと言えばかなりの女性が多少は悩む問題ではないでしょうか?足がむくむと実際以上の太さに見えてしまいます。その解消方法を知るには、まずはむくみの原因を知る事が大切です。

  • 塩分過多
  • 筋力の低下
  • 冷え症
  • 疲労
  • ストレス
  • ホルモン異常
  • 睡眠不足
  • アルコールの摂取が過多
  • 血行不良
  • 同じ体勢で一日何時間も過ごす

これらが原因と言われています。当てはまるものがある方は、まずその見直しが優先です。しかしむくみで太くなっている場合は、比較的簡単に細くする事が出来ます。マッサージを毎日続けるだけでかなりの効果があります。

ふくらはぎをマッサージする女性

足首から膝に向かって押し上げるようにマッサージしてみてください。リンパマッサージのイメージです。足裏の湧泉(ゆうせん)というツボを押すのも効果的です。

私が実践した方法

私の場合は「脂肪」と「むくみ」の両方で太くなっていました。なのでまずは食事制限で一日のカロリーを1600カロリーに抑えて、夕食の後、家の周りのを歩く事にしました。一日30分ほどです。

そしてその後、お風呂の中で「粗塩」でふくらはぎをマッサージして、洗い流してラップを10分していました。

これを続けて2か月ほどでふくらはぎの周りが3㎝ほど細くなりました。

メジャーでふくらはぎを測る女性

私が実践したマッサージはとても簡単です。

  1. 椅子に座る(姿勢を正して両脚の膝も必ず揃えるのがポイント)
  2. 息を吸いながらかかとを上げる(つま先は地面についたままにしてください)足の甲ときちんと平らにする感覚です。
  3. 息を吐きながらかかとを下げていく。

これを10回で1セットとして、1日に3セット、慣れてきたら7セットくらいやっていました。

しかし3㎝からは絞っていくのが難しく、カイロプラティックの脚の歪みを取るコースにも通いました。10回ほどでしたが、実はO脚だった事がわかり私にはかなり有効でした。

実践したダイエット法のメリット・デメリット

私がやってみた方法のメリットは(カイロプラティックをのぞき)お金をかけず、家で気軽に実践できる事です。その分強い気持ちを持って毎日やらないといけませんが、気軽試す事が出来るのは大きなメリットでした。

むくみを取る事でスッキリして、寝つきに時間がかっていたのがスッと眠れるようになったのは嬉しいサブ効果でした。

そして3cmから減らない事で、理由は他にもあるのではないかと思い、カイロプラティックサロンに行ったら、自覚はなかったのにO脚気味だと言う事がわかったのも私にはメリットでした。見た目だけではわからない歪みもあります。

カイロプラティックの施術の様子

デメリットは効果が出るのに時間がかかる事です。そのため毎日続けていくのが辛くなる事があるかも知れないと言うのがデメリットと言えばデメリットでしょうか。

ふくらはぎ痩せ成功のポイント

ふくらはぎダイエットはそう簡単に結果が出るものではありません。特に生活習慣と大きく関わっている場合はまずそこから治していかないといけないからです。しかしたった1cm細くなっただけでも、それ以上に痩せて見えるのがふくらはぎです。

そして続けていけば絶対に効果は出てくるので、まずは2か月、あきらめないでコツコツ続けていく事がポイントです。

アプローチの仕方は沢山ありますが、まずは自分の身体を向きあい体質を知って、その上で自分に一番合っている方法を試してゆく、これが一番大切な事ではないかと体験を通して感じました。

ふくらはぎが太かったり、逞しくてなかなかミニスカートを履くのに勇気がいるという方も多いと思うのですが、少し細くなる、少し引き締まるだけでもかなり痩せて見えるのがふくらはぎです。なので勇気をもって「露出」する事も大切だと思います。

ミニスカートを履いた女性

見られて痩せると言うのはふくらはぎに限った事ではないですが、積極的に見せる事で自分の意識も変わりますし、歩き方なども気をつけるようになるので、これも脚痩せのポイントではないでしょうか。

そしてこれらのどの方法を試しても効果がない方は、一度私のようにカイロプラティックに行ったり、接骨院で骨格診断をしてもらうのもよいかもしれません。

自覚がないだけでO脚、X脚、と言う可能性があるので、この場合は矯正するとかなり見た目で変わってきます。

そして頑固な脂肪には、美容整形クリニックで「脂肪溶解注射」なども効果的だと言われています。私はカウンセリングだけ受けて、症例を実際に見せてもらったのですが、確かに驚くほど結果を出している方も沢山いらしゃいました。

脂肪吸引ではないので、メスを身体に入れるわけではないので、外科美容施術に抵抗のある方も、これならある程度気軽に受けれるのではないでしょうか。特にセルライトが沢山出ている方に有効のようです。気になる方は、一度カウンセリングをうけてみるとよいでしょう。

自分一人の力では結果を出すの難しいと感じたら、外野に助けてを求めることは悪い事ではないのではないでしょうか。痩せたが勝ち、キレイになったが勝ちです。

ページトップへ戻る