ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

キャベツダイエットで-4キロに成功した方法【効果的で失敗しないコツとは?】

更新日: 2017年06月08日
キャベツ

無理な食事制限はしたくない、運動するのは時間がないし続けられない。そんな悩みを持った方は多いのではないでしょうか。

ストレスなく綺麗に痩せられる方法を探して実践した結果、私が辿り着いたのがキャベツダイエットでした。

調べる程に驚くキャベツの力。美味しくて栄養たっぷりなキャベツのおかげで、無理なく3ヶ月で4キロ減量に成功しました。忙しい方、面倒くさがりな方でも続けられるキャベツダイエットについてご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツダイエットとは?

通常の朝、昼、晩の食事をする前に生のキャベツをよく噛んで食べるだけと言う簡単なダイエット方法です。

キャベツを食前に食べる事で、食欲を抑え食べ過ぎを抑え摂取カロリーを減らす事ができます。

一度に食べる量はキャベツ6分の1個。

ほぐしてみると結構な量になりますが、カロリーはたったの40kcal。バタークッキーたったの1枚分と同じカロリーというから驚きです。

バタークッキー

季節、場所を問わず手に入り、しかも量の割に低価格という、コストがかからない魅力的な食材でもあります。

キャベツはクセの無い食べやすい野菜なので、ノンオイルドレッシングで味にバリエーションを持たせながら続ける事ができます。

オイル入りのドレッシングやマヨネーズはダイエットが終わるまで我慢しましょう。

キャベツダイエットの効果

満腹中枢という言葉を聞いた事がある方も多いでしょう。満腹中枢とは脳にある器官で、食事によって血糖値が上がるのを感知し身体に必要なエネルギー量かを判断する働きがあります。

『これ以上エネルギーはいらないな』と満腹中枢が判断すると、食欲が止まり満腹感が得られます。

咀嚼する事によって満腹中枢を刺激し、より満腹感を得る事ができます。

キャベツダイエットでは、生のキャベツをよく噛んで食べる事で満腹中枢が刺激され、余分に食事をしすぎる事を防ぐ事ができるのです。

キャベツ

満腹中枢が血糖値の上昇を感知するまでには約20分かかるので、よく噛む事を意識しながらゆっくりと食べましょう。

また、キャベツには栄養素が豊富に含まれています。特に、ビタミンCの含有量はずば抜けて豊富で、キャベツの葉3枚で1日に必要なビタミンCが補える程。ダイエット中でもビタミンCまでたっぷり取れるというわけです。

他にもビタミンA、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B9、ビタミンU、ビタミンK、カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛..このように妊娠中の方にも嬉しい栄養たっぷりな野菜である事が一目瞭然です。

笑顔の妊婦

ダイエット中は栄養バランスが偏りやすく、お通じなどの体調も変化しやすいので、まさにキャベツは健康的なダイエットの強い味方と言えます。

キャベツダイエットの口コミでの評価

では実際にキャベツダイエットをしてみた人の感想を聞いてみると、

  • 食事の前に山盛りのキャベツを食べる事で満足感が得られた
  • ゆっくりと食事する事でお腹がいっぱいになる

という声が目立ちました。

やはり時間をかけてよく噛み、ゆっくりと食べる事が重要です。

また、ノンオイルのドレッシングやコンソメ顆粒、顆粒のだしを上手に使って飽きない様な工夫をする事が長く続けられる秘訣のようです。

キャベツダイエットの体験談

私は3ヶ月間のキャベツダイエットに挑戦しました。朝昼晩の食事の前にキャベツ6分の1個を千切りにしたものを食べるだけの簡単なダイエットです。

私は大食いな方なので、6分の1個よりも多く食べる事が多かったように思います。

キャベツだけではやはり飽きてしまうので、コーンやトマトを入れて彩りをよくしたり、レンコンなど歯ごたえを楽しめるものを混ぜたりすることで食べ飽きないようにしていました。

コーンサラダ キャベツ トマト

ドレッシングは5種類準備して、その日の気分で変えたり、自作のドレッシングを作ってみたりするのも楽しんで続けられた理由の一つです。

食べるときは15分を意識して一口につき50回は噛むように数えながら噛んでいました。慣れてくるとよく噛む事が普通になり、15分ちょうどでキャベツを食べ終わるようになりました。

食べ終わると結構お腹が膨れて、満足感があります。

よく噛んでいたせいか、頬や顎のラインも少しスッキリしました。

時々、外食などでキャベツを食べられない日もありましたが、あまり深く考えない事にしていました。

3ヶ月キャベツダイエットが終わるまでは体重を計らない事に決めていたのですが、3ヶ月経って体重計に乗ると4キロ減っていました。

体重を測る女性

キャベツ以外のダイエットは全くしていなかった為、痩せても2キロぐらいだろうと思っていたので驚きです。

キャベツダイエットが終わってからも意識的に野菜を食事の前に取るようになり、リバウンドもしていません。

よく噛む習慣がついたので暴飲暴食する事も無くなりました。

キャベツダイエットのメリット・デメリット

メリット

キャベツダイエットによるメリットは、なんといってもよく噛む習慣がつくこと。

これはダイエット終了後も無意識に続けられるので、ストレスを溜めることなく、食べ過ぎるのを防ぐ事が出来ます。

しかもキャベツは1年を通して安価で手に入るので、無理なく続けられてリバウンドもほとんどありません。

栄養価も豊富で、食物繊維やビタミンがたっぷりです。

食事の量を減らして食べないダイエットをすることでストレスが溜まり、ダイエットが終わった途端にリバウンドしてしまうなんて事もありません。

デメリットと対策

デメリットには運動や食事制限によるダイエットに比べると効果がわかりにくい事が挙げられます。

急激な体重変化が見られないので、長期的にダイエットをしたい方向けのダイエット方法と言えます。

また、キャベツを食べた後に満腹感は得られるのですが、腹持ちはあまり良いとは言えません。

キャベツを食べた後の通常の食事に、腹持ちの良いものを加える事でお腹がすいてしまうのを防ぐ事ができます。

そして、キャベツには不溶性食物繊維が含まれていますので、摂り過ぎには注意が必要です。

不溶性食物繊維は水に溶けない性質を持っています。

 便秘で苦しむ女性

水分が少ない場合、コロコロとした硬い便になり便秘の原因にもなってしまいます。それを防ぐ為にもたっぷりの水分と一緒に摂るようにしましょう。

まとめ

キャベツダイエットは、お金がかからず、手軽に続けられます。

食べる事を我慢するダイエットではないのでストレスが溜まらずダイエットを成功させやすいです。

ダイエットというと、食事制限や運動など【頑張らなければならない】というイメージがあります。

確かに食事療法や適度な運動をすれば間違いなくダイエットにはなります。しかし、キツい食事制限は続かないし、仕事で運動する時間もないと言う方は結構多いのではないでしょうか。

無理な食事制限は身体に負担がかかりますし、運動を長期間続けるのは意外と大変です。

急激に痩せる無理なダイエットではなく、無理なく美味しく食べられてストレスの溜まらないキャベツダイエットを試してみてはいかがでしょうか。