Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

足が太くなる原因とは?マッサージと股関節ストレッチが美脚への鍵

美しい脚の女性

モデルのようなほっそりした足に憧れる女性は多いですよね。しかし足はダイエットをしても中々効果が見えにくい場所であることも事実です。

運動しているはずなのに、食事を制限しているはずなのに、足が痩せないのはどうして?もしかしたら、足に負担がかかり、脂肪だけでなくむくみや疲労がたまっているのかもしれません。

上手にアプローチすれば足は必ず細くキレイになります!即効果のでる方法で、キレイな足を今すぐ自分のものにしましょう!

スポンサーリンク

1. 足が太くなる原因は色々

1-1. 脂肪

まずは単純に、足に脂肪がついている場合。体の脂肪がつく場所は人によって色々ありますが、基本的にはまんべんなく体中についているはずです。もちろん例外なく足にも脂肪はつきます。

『ひざの上のお肉』なども悩みの原因ですよね。これは、足の筋肉が少ない、足を動かすことが足りていないなどの原因が考えられます。また、脂肪は柔らかくすることで分解されやすくなるため、適度なマッサージも効果的です。

1-2. むくみ

むくみ ふくらはぎ

ふくらはぎや太ももの内側など、太さが気になる場所を触るとなんとなく固い気がする、という場合はむくみの可能性が高いです。

長時間同じ態勢でいた場合や、塩気の強いものを食べすぎた時など、体は水分をかかえこみ、これがむくみとなります。

むくみの恐ろしいところは、放っておくとどんどん脂肪へ変化してしまう可能性があることです。

ちょっとむくんでいるかな?と感じたら、その日のうちに対策をすることが大切です。むくみとり靴下などを上手に活用しながら、リンパマッサージをすることで解消できます。

関連記事

むくみとダイエットの関係とは?むくみ解消の4つのポイント

1-3. 脂肪+むくみ

脂肪も、むくみも両方という場合は、対応に一工夫必要となります。

脂肪を燃やすだけでも、むくみを解消するだけでも上手くいかないわけです。この場合は効率的に足を動かし筋肉を鍛えながら、むくみ対策を日々続けていく必要があります。

運動だけ行い、むくみ対策をしないと、少しずつ残っているむくみが脂肪へとどんどん変化し、真面目にダイエットをしても脂肪が減らないという悪循環に陥ってしまうのです。

基本的に、標準体重以上で足の太さが気になる場合は脂肪とむくみの両方へのアプローチが必要と考えた方が良いでしょう。

しかし、体重が軽くても体脂肪率の高い人などもこのパターンに当てはまる場合がありますので、どちらか判断がつかない、と感じる場合は両方からアプローチすることを心がけましょう。

2. 運動は2種類が効果的

2-1.有酸素運動

ジョギングをする女性

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、脂肪を燃やすためにも、むくみを軽減するためにも効果的なので、是非毎日の生活に取り入れるようにしましょう。

生活に少しずつなじませていき、1日の中で30分程度出来るようになることが理想です。

軽い有酸素運動であれば、やりすぎても『筋肉ムキムキ』になる心配はありません。

はじめは一駅分歩く、階段を使うなど毎日の生活の中で少しずつ足を動かす機会を増やしていきましょう。

有酸素運動を続けていて、なんだか足がムキムキになってしまったような気がするな、と感じた場合は筋肉ではなく足への負担が続きむくみがたまっていることほとんどです。

足を動かしたあとは触って確認することを習慣づけ、硬くなっていたらすぐにもみほぐすことを心がけましょう。

関連記事

下半身ダイエットはウォーキングだけでOK【秘訣は歩き方と時間】

2-2.ストレッチ

股関節 ストレッチ

筋トレではなくストレッチ?と思われた方もいるかもしれません。

筋トレも出来ると良いですが、足をキレイにするためには、たまにする激しい筋トレよりも毎日習慣的に行うストレッチの方が効果的です。

なるべく自分が負担に感じない程度の運動を積極的に取り入れる習慣をつけましょう。

ストレッチは血液循環を促し、筋肉を柔らかくする効果があります。血液循環が良くなれば全身の代謝が上がります。

また、筋肉が柔らかくなれば動きもしなやかに、更に有酸素運動の際に効率よく脂肪を分解することにも繋がります。

学生時代行ったことのあるアキレス腱伸ばしや、足を開き内ももを伸ばすストレッチなどと同時に、股関節のストレッチを取り入れましょう。

股関節が固まっていると、下半身全体に脂肪がつきやすく、またむくみも貯め込みやすくなります。

股関節を柔らかくすることが下半身痩せの鍵、と言っても過言ではないほど重要なことなのです。下半身の筋肉を柔らかく保つために、積極的にストレッチを行いましょう。

関連記事

女性が憧れる美脚になる方法【足裏ケアと筋膜ストレッチが鍵】

3. マッサージは運動より重要

3-1.マッサージの意味

足痩せで意識したいのは『脂肪を柔らかく保つ』ことと、『むくみを解消する』ことです。単純に運動をするだけでは、足が固くなるだけで中々美脚には近づけません。

実際に美脚の持ち主に足を触らせてもらうと一番分かりやすいですが、彼女たちの足は筋肉がついて引き締まっていても、とても柔らかいのです。自分の足と触り比べ、どれくらい違うか確認が出来ると良いですね。

1日分の足への負担は、その日のうちに解消することを目標としましょう。次の日まで持ち越した足の負担やむくみはどんどん脂肪に変わっていき、太い足を作り出してしまいます。

1日の終わりに足のマッサージでむくみや疲労の解消をする習慣をつけましょう。

自分で思っている以上に足には老廃物がたまっているものです。

また、同じ姿勢を長時間続けていると血液の流れも滞っています。足先から太ももまで、下から上に繋げて揉みほぐしてください。

関連記事

下半身ダイエット成功に効果的な運動方法と簡単マッサージ

3-2.最低でも片足10分

太ももマッサージ

例えばふくらはぎのむくみが気になる時に、ふくらはぎのみをマッサージするのはあまりオススメできません。というのも、足は足の指から太ももまで繋がっているため、一部分だけほぐしても他の部分がほぐされていなければ水分や脂肪が滞ってしまうのです。

慣れるまでは少し手間に感じるかもしれませんが、足の指~足裏・足の甲~ふくらはぎ~太ももと、下から上に向かって繋がるようにマッサージすることが大切です。

強めに押して痛みを感じる場合はそこにむくみや疲労がたまっています。そのため、その痛みを感じなくなるまで、を目安にすると効果的です。

しかし、これも慣れるまでは中々その変化が分かりづらく、適度な加減が出来ないこともありますので、片足10分を目安にしてみましょう。

できればお風呂上りの、体が暖かいときにするとより効果的です。

むくみだけでなく脂肪にもアピールしたい場合は、ぞうきんを絞る感覚で柔らかい部分をしっかり絞ってください。

押して流す、絞って流す、両方のアプローチが出来ると良いですね。

3-3.マッサージは強め

マッサージは、しっかりと強めにやることが大切です。押してゴリゴリする、張っている痛みを感じるくらいがベストです。

エステティシャンの言葉を借りるなら『アザが出来るくらい』。それほどしっかり押さえなければ、足の中の流れを整え、ほぐすことには繋がらないのです。

しっかりとリンパを流し、脂肪をほぐし足を柔らかく保つために、是非精一杯の力を込めてマッサージを行ってください。そのとき、皮膚の摩擦を軽減するため、必ずマッサージクリームやオイルを塗って足を触るようにしてくださいね。

上手くマッサージが出来れば、一度でかなり違いを感じることが出来るはずです。

意識して運動をしていない日でも、一日の生活の中で確実に足に負担がかかっています。その疲労をその日のうちに確実に取り除きましょう。

4. 足へのアプローチの効果的な取り入れ方

4-1.むくみとり靴下、ストッキングの活用

着圧ストッキング

近年、むくみとり靴下やストッキングが沢山販売されていて、ドラッグストアなどで手軽に手に入れることが出来ます。これらの着圧系商品は、むくみの解消はもちろん、そもそも足を『むくませない』という状態を作ることのできる優秀な足痩せグッズです。

一見普通の靴下に見える黒いシンプルなものから、少し締め付け力を抑えた就寝時用、太ももまで長さのある足全体用など、様々な種類が用意されています。

また、ストッキングなら仕事中も着用することができますね。シーンに合わせて日中、就寝時も、絶え間なくアプローチし足痩せを加速させましょう。

関連記事

足痩せダイエット法を学ぼう!効果的な運動・食事・グッズ・生活習慣

4-2.“かっさ”を活用する

マッサージをするための道具として“かっさ”という道具があるのをご存知ですか?

石で出来た本格的なものから、プラスティックで作られた簡易なものまであり、金額もピンキリです。

かっさを使うと手でマッサージを行うより簡単に強い刺激を与えることができ、より簡単に日頃の足のケアを行うことができます。

またかっさは足以外でも、顔や体など全身に使用することが出来るため、ひとつ用意しておくと大変便利なものです。

かっさを使用するときの注意点としては、力が入りやすくなるため、肌に傷をつけないように気を付けること。

また、皮膚が荒れている時などは使用しないことです。

マッサージは強めがベストですが、あまりにも強すぎると逆に体に悪影響を及ぼす場合もあります。手でするのであれば“力いっぱい”がベストですが、かっさの力を借りるなら、適度に気持ちのよい強さに調整することを心がけましょう。

関連記事

足やせに効果的なかっさマッサージのやり方【1日3分でむくみ解消】

4-3.積極的にデトックス

半身浴をする女性

体の中の悪いものを貯め込むことが、足を太くする最大の原因です。脂肪、むくみ(水分)、疲労など、とにかく貯め込まない生活を心がけましょう。

自宅での全身浴、半身浴をはじめ、定期的に岩盤浴に通うのも良いでしょう。積極的に水分を摂取したり、デトックス効果のある食材を毎日の食事に取り入れることも大切です。

デトックスには水分を排出する働きのある『カリウム』が効果的です。カリウムはブロッコリーやキウイなどに豊富に含まれていますので、是非生活に取り入れてみてください。

また、エステティシャンによるリンパマッサージ、デトックスマッサージなどは必要なポイントを確実におさえてマッサージをしてくれるため、とても効果が高く、また即効性があります。

プロに頼むことなので毎日とはいきませんが、月に1回、2週間に1回など、自分のペースで通えると良いですね。

プロによるマッサージに頼りきるのではなく、あくまでも日々のケアを自分で確実に行い、サポートとして上手に活用しましょう。月に1回の特別ケアより、毎日の少しのケアを続けることが美脚への近道です。

関連記事

いつものお風呂で体重減!ダイエットに効果的な入浴方法5選

まとめ

美脚を目指すなら『動かす』『ほぐす』『流す(出す)』の3つをバランスよく行うことが大切です。

そして、その3つがバランスよく出来れば、驚くほど足がキレイに細くなります。

特に見逃しがちなマッサージを積極的に行う習慣をつけると、あなたの足はみるみるうちに余分なもののない美脚に早変わりしますので、騙されたと思って是非今日から早速はじめてみてくださいね。

美脚用グッズに頼ることも一つの方法です。様々な面からアプローチを続ければ、1か月後にはあなたも美脚を手に入れることができます。上手に活用し、バランスの良い美脚生活を送りましょう。

ページトップへ戻る