Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

エアロバーを筋トレダイエット法【エクササイズ効果まとめ】

ダイエット器具イメージ

ダイエットはしたいけど、わざわざジムに通うまでもないし、エステって感じでもない、食事制限は不健康だし、そんな風にお考えの方にお勧めしたいのが空き時間を利用したご家庭で出来るダイエット器具を使ったエクササイズです。

とはいえ一般的なダイエット器具といえばどっしりとご家庭の中の大切なスペースを占領してしまいご家族からはうとまれる存在になりがち、そんなお悩みを一気に解消してくれ更に大きな効果が期待できるのがエアロバーです。

スポンサーリンク

エアロバーで効果的に全身ダイエット

運動が苦手で食事制限はしたくなかい人にお薦めのダイエット器具エアロバー。少し前にブームになったダイエット器具ですのでご存知の方もいらっしゃることでしょう。

このエアロバーはいたってシンプルなダイエット器具です。約1.5メートルほどの炭素繊維で出来たとてもよくしなるバーの形状で、それを両手で持ってブルブル振るだけという非常にシンプルな使用法です。二の腕や腹筋・背中など身体の中の多くの筋肉を刺激しシェイプ、引き締めが可能です。

1日たった6分間のエクササイズで全身の引き締め効果が期待できるエアロバーはテレビを見ながら音楽を聴きながらなどいわゆる『ながら』トレーニングができるので忙しい現代人にピッタリです。また、暮らしの邪魔にならないコンパクトさも魅力です。

音楽を聴く女性

使い方もとても簡単で、バー中央のグリップを握り両端がしなるように動かすことで効果的に筋肉トレーニングができます。特に重さがある器具ではないので余計な負荷をかけることなく上手に振るだけで簡単にあらゆる部分の多彩なトレーニングが効率良くできるということで女性にもとても人気のダイエット器具です。

トレーニングの仕方によりその効果は背中・肩・腹部・腕後部・背中全体・上腕全体・ヒップ・太股・胸部など様々なパーツに現れます。最近ではネットで購入しようとすると「品切れ」の文字も目にしますのでゲットできればラッキーかも知れません。

エアロバーの正しい使い方

では気になるエアロバーの具体的な使用方法ですが、トレーニングに要する時間は1日の中でほんのわずかな時間で一般的には6分間ほどのエクササイズといいます。

やり方はエアロバーの中央部にあるグリップ部分をしっかり持てばトレーニング開始。簡単に言えばその本体の持つ『しなり』を利用して勢いをつけてビヨンビヨンと振るだけなのですが、「運動メニュー」や「回数」「振り方」「持ち方」などをほんの少し変えただけで実際に効いてくる部位や鍛えられる筋肉の部位が変わってくるというちょっと不思議な感覚のするトレーニング法です。

一般的に筋トレといえば腕立て・腹筋・背筋・スクワット等、自分の身体そのものや体重を利用したトレーニング方法が多いのですが、それらはかなり体力的にきつかったり単純作業で飽きてしまうことがあります。ダイエットは『継続』が一番なのにそんな気持ちが折れてしまい易いのが昔ながらのいわゆる『筋トレ』だったんです。

腹筋運動

エアロバーのようにコンパクトで手軽なダイエット器具で楽しみながら継続的に全身運動ができるというのは、少し眉唾ものの様に感じられる方も少なくはないと思いますが、きっとご自身でこのエアロバーを手に取りひと振りして使ってみたとき時、始めてそれを実感できるのかも知れません。

エアロバーで期待できるダイエット効果

あの長細い板状のバーをビヨンビヨン振るだけでどの部位に負荷がかかり引き締め効果があるのかは、実際にまずは自由に振って頂けばお解りになると思います。自由に振ってみてその動きがご自身の身体のどこかの筋肉を刺激して「効いてる」とすぐに実感できるはずです。

最初はなかなか上手にバーを揺らすことが出来ない方もいらっしゃるでしょう。何を隠そう私も身体ばかりが動いてバーが全く動かない所から始まりました。でもやっていくうちにコツもつかめてきてエアロバーを振ることに慣れてきたら、それぞれの部位の筋肉に合う動かし方を試してみて下さい。

腕だけで動かしている様な印象なので意外に思われるかもしれませんが、腕はもちろんのこと、腹筋・背筋までやり方次第では鍛えることが可能です。

二の腕をメジャーで測る女性

特に二の腕のたるみが気になる方にはエアロバーは最適でお勧めの器具です。他のトレーニングやエクササイズでも少し難易度が上がり大変さの割にはなかなか効果が見られない二の腕や腹筋・背中に刺激を与え効率的に鍛え引き締めることができます。

エアロバーを使ったトレーニング法実践編

エアロバーの使い方はただ振るだけと言いましたが、それだけでは効果的に効いて欲しいところに効く訳ではありませんので、私は鍛えたいパーツごとのエアロバーのそれぞれの動かし方を取り入れエクササイズしてみました。

例えば胸部を鍛えたいと思えばトレーニングエアロバーのグリップを上から握り腕を胸部の前に軽く伸ばしてバーの左右の先端を前後にしなるように動かします。この時脇をしめて前後に動かすのは上腕三頭筋の負荷が半端無いので軽く肘を曲げた状態で行ってみて下さい。

背中と肩のトレーニングをしたい場合は、エアロバーを頭の上で持ち上下にしなるように振ります。上腕全体のトレーニングには両手の平を自分側に向けてエアロバーを握り胸の前で前後にしならせます。胸部の時と似てはいますが握り方を変えただけで効いている部位が全く違うのをお解りになるはずです。

腹部のトレーニングならエアロバーを胸部の前で上から握る様に持ち上下にしならせる動きをします。この時腕はできるだけ固定している感覚を意識してお腹の力だけで振るように心掛けます。

ヒップ・太腿には、膝をやや開き気味に曲げ中腰でエアロバーが胸部の前で左右にしならせます。腕を固定し腰の捻りだけで振ると効果的です。最後に腕後部や背中全体を鍛えるためにエアロバーを腰の後ろにまわし舌から握り上下にしなるように振ってみます。

下半身太り

これらのトレーニングを一通りやってしまうと実にキツイ全身運動になってしまいますので、ご自分の身体とよく相談しながら適度に行って下さい。慣れて来ると楽しくなってしまいついやり過ぎなんてことにもなりかねませんから翌日の筋肉痛に悩まされたりしない様充分気を付けて下さい。

私は辛く感じない様1日に鍛えるのは2か所まで、つまり1日2パターンの動きを心掛けて楽に動ける時は3パターンに挑戦する程度で止めることにしていました。

私自身は健康的に気になる部分の引き締めを楽しみながらできたので絶対お勧めです。

エアロバーダイエットのメリット・デメリット

筋トレのための器具というとどうしても大掛かりでお部屋に置くのには抵抗があります。その点エアロバーならコンパクトですみっこに置いておけば邪魔になるものではありませんので自宅での全身運動を、とお考えの方にはお勧めの運動器具です。

デメリットとしてはなかなか上手に動かすことが出来ないという方も少なくない様で充分なトレーニング効果を実感する前に挫折してしまう可能性もゼロではないという点です。

エアロバーダイエットの成功ポイント

ダイエットを語る時必ず声を大にして言うのが「継続こそ力なり」です。

ちょっとした空き時間に短時間でも毎日続けることが大切なので、常に手の届く場所に置いておきましょう。

無理はせずにポイントを絞って適度な負荷を感じながらトレーニングしましょう。

まとめ

手軽でコンパクト、簡単かつ全身を鍛えることができる優れもののダイエット器具であるエアロバーを是非上手にあなたのエクササイズにも取り入れてみて下さい。

ひとつの器具で揺らし方や揺らす位置、握り方を変えるだけで鍛えられる部位が変わって来るのですから、ある意味とてもお得なダイエット器具です。

ページトップへ戻る