ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

食べ合わせダイエットメニュー5選【効果的な理由とは?】

更新日: 2017年06月08日

この記事では食べ合わせダイエットについてその原理と効果を説明し、おすすめの食べ合わせを5通り紹介しています。

食べ合わせダイエットは食事の食べ合わせを工夫することで代謝を高めエネルギーの消費を促すダイエット法で無理な食事制限の必要がないため、ストレスを溜めることなく健康的にスリムを目指せると人気です。

スポンサーリンク

食べ合わせダイエットとは?

ダイエットには厳しい食事制限が不可欠であると考えられています。実際、摂取カロリーを減らしたり、糖質を制限したりすると短時間で目に見える効果が期待できます。

しかし、厳しい食事制限はストレスを生み、ダイエットが続かなくなったり、栄養が偏り体調が悪くなったりすることもあります。そのような問題を解決できるのが食べ合わせダイエットです。

食べ合わせダイエットは食事の食べ合わせを工夫するダイエット法です。

食べ合わせダイエットは栄養管理士である伊達友美先生が提唱するダイエット法で、食事に温かいものを取り入れたり、酵素を多く摂取したり、体に良いとされる油を利用したりして食事の組み合わせを考えることで理想の身体を目指すダイエット法です。

伊達先生の考案するダイエットでは、代謝を上げることで美しいボディラインを目指すため、無理に食事制限をし、摂取カロリーを抑える必要はありません。

食べ合わせダイエットは食べたいものを我慢する必要がないことや、ダイエット器具などを別途購入する必要がないことから綺麗な体を目指す人の間で人気となり、テレビ番組や雑誌でも紹介されています。

森三中の黒沢かずこさんはテレビ番組で食べ合わせダイエットに挑戦し、4か月で2.5kgの減量に成功しています。

食べ合わせダイエットの効果

ダイエット効果を実感する女性

食べ合わせダイエットでは代謝を上げることが成功のポイントとなっています。

代謝を上げることでどのような効果を期待できるのでしょうか。また、食べ合わせダイエットではどのようして代謝を上げるのでしょうか。食べ合わせダイエットのメカニズムをご説明いたします。

代謝とは?

代謝とは新陳代謝の略で、生物が外部から食事として摂取した栄養素をエネルギーとして利用したり消費したりすることを意味します。

代謝のうち摂取した栄養素で脳や臓器、筋肉、骨などを作る作用を同化作用と言い、逆に脳や臓器、体を動かすためにエネルギーを消費する作用を異化作用と言います。

異化作用はさらに生命維持のためにエネルギーを消費する基礎代謝、運動したときにエネルギーを消費する生活活動代謝、食事を消化吸収する過程で熱になってエネルギーを消費するDITに分けられます。

代謝とダイエット

ダイエットでは摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを多くする必要があります。そのため、ダイエットでは食事制限で摂取エネルギーを抑えることが重視される傾向があります。

しかし、基礎代謝、生活活動代謝、DITという異化作用を持つ3つの代謝を高めることでエネルギーの消費量を上げることができます。

食べ合わせダイエットはこの点に注目し、代謝を高めることを目指すダイエット法です。

食べ合わせダイエットで代謝アップのしくみ

栄養にいい酵素ドリンク

食べ合わせダイエットでは主に温かい食べ物、酵素、油がポイントとなります。

温かい食べ物を食べると臓器の動きが活発化し、代謝が高まります。また、摂取された栄養素をエネルギーに変える効果がある酵素を多く摂ると代謝が促されます。

さらに上質な油をとると体の働きが活発化され、体温が上がり、代謝を高めることができます。

このように、食べ合わせダイエットは代謝を高め、消費するエネルギーの量を増やすことを目的としています。

食べ合わせダイエットメニュー5選

それでは、具体的にはどのような食べ合わせが代謝を高めるのでしょうか?おすすめの食べ合わせを5つ紹介します。

1.焼肉+キムチ

焼肉とキムチ

筋肉を作るたんぱく質が多く含まれるお肉はダイエットにとって大切な食材です。

特に牛肉や豚肉の赤身が多い部位には、L-カルニチンという栄養素が多く含まれているため、焼肉を食べる時はヒレ肉やモモ肉を摂ることが望ましいです。

キムチには乳酸菌が含まれいるため、焼肉とキムチの組み合わせはダイエットに大変効果的です。

2.豚しゃぶ+エゴマ油

豚しゃぶ鍋

L-カルニチンは熱に弱い栄養素です。

豚しゃぶは豚肉をサッと熱に通す料理法のためL-カルニチンの効果を十分に得ることができ、おすすめの料理です。

エゴマ油を使ったドレッシングとともに豚しゃぶを食べると効果的でしょう。

3.お寿司+ガリ+汁物

お寿司

熱が加えられていないお寿司のネタには酵素が多く含まれています。酵素はダイエットに重要な栄養素です。

しかし、お寿司は冷たい料理であり、体温を下げてしまいます。

体を温めることで知られている生姜の甘酢漬けやお吸い物などの汁物をお寿司と組み合わせて食べることがおすすめです。

4.パン+グレープフルーツ

パンとグレープフルーツ

パンは炭水化物の中でもカロリーが高い食品ですが、ダイエット中でもパンを食べたい方にはグレープフルーツとの食べ合わせをおすすめします。

グレープフルーツにはビタミンCやクエン酸が多く含まれているため、グレープフルーツを食べるとダイエット中にパンを食べても心強い味方になります。

5.チョコレートやクッキー+ココア

美味しいチョコレート

糖質は過剰に摂取されると脂肪となってしまうため、ダイエット中は甘いおやつを我慢している方が多いです。

しかし、ダイエットを続けるためにはストレスを溜めないことが大切です。

甘いものを我慢できなくなったら、ココアと一緒に食べてください。ココアは体を温め、心を落ち着かせます。

食べ合わせダイエットの口コミは?

実際、食べ合わせダイエットを経験した方の口コミでは、食べ合わせダイエットは無理な食事制限をして体に負担をかけないため、リバウンドしにくいという意見が目立ちます。

摂取カロリーを抑えるダイエット法とは異なり食べ合わせダイエットは即効性を期待できないものですが、徐々に食生活を改善することで代謝を上げ太りにくい体質を作ることができ、ダイエットをやめた後も食事のバランスを考える習慣がつくためリバウンドすることが少ないようです。

また、食べ合わせダイエットはダイエット中、好きな食べ物を我慢する必要がなく、ストレスがたまりにくいダイエット法としても人気です。

他方、食べ合わせダイエットは献立を考えることが難しく、面倒に感じてダイエットが続かないという口コミもあります。

さらに効果が表れるのが遅く、ダイエットのモチベーションが下がってしまうという意見もあります。

食べ合わせダイエットは簡単で即効性があるダイエット法を試したい方よりも、ストレスを溜めずに食生活を改善し、体に負担をかけずにダイエットしたい方に向いているダイエット法です。

食べ合わせダイエットのメリット・デメリット

ストレスから解放された女性

食べ合わせダイエットの主なメリットとしては体質を改善を目指せること、体に負担がかかりにくいこと、ストレスがたまりにくいことを上げることができます。

摂取カロリーを制限する無理なダイエットは体に負担がかかり継続できないことも多いですが、食べ合わせダイエットは代謝を上げ消費カロリーを増やすことを目的としているため摂取カロリーの計算は必要ありません。

また、食べ合わせダイエットでは食べたいものを食べることができないというストレスがないためダイエットを途中でやめることなく継続できます。

他方、食べ合わせダイエットの主なデメリットは即効性が期待できないことと食べ合わせを考える必要があることです。

食べ合わせダイエットは摂取カロリーを制限せず、代謝を高めて消費カロリーを増やすダイエット法であるため、厳しい食事制限を課すダイエット法と比べて効果が表れるスピードが遅いです。

また、特別な食品や器具を別途購入する必要がないため多くの人が軽い気持ちで食べ合わせダイエットに挑戦しますが、栄養バランスを考え代謝を高める食べ合わせを考えることは難しく、効果が表れるまでにダイエットをやめてしまう人も多いです。

まとめ

食べ合わせダイエットの成功には代謝を高めることが大切です。

食べ合わせダイエットは代謝を高め、エネルギーの消費を促すことを目的に温かい食べ物や酵素、上質な油などを食事に取り入れるダイエット法です。

食べ合わせダイエットでは摂取カロリーを制限する必要がないため、ストレスなく健康的にスリムを目指すことができます。