Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

顔を痩せる方法!顔太りは簡単な運動とマッサージで改善できる

フェイスラインを気にする女性

体型は普通でも、顔が太っているとそれだけで損をしたようなイメージがありますよね。逆に顔がすっきりしていると、どのような人でもかっこいいなと感じるものです。

では、顔痩せしてすっきりとしたフェイスラインを得るためには、どのようにすればいいのでしょうか。そのように具体的に行動するとなると、どうすればいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは、そのような人のために、顔痩せするために有効な方法をご紹介していきますので、自分に合った方法を見つけて、きれいなフェイスラインを手に入れましょう。

スポンサーリンク

顔を痩せる方法

1.顔太りの原因を分析する

顔が太い原因については、筋肉のこり、歯のかみ合わせが悪い、無表情、ストレス、骨盤のゆがみ、代謝機能の低下、食べ過ぎといった理由が挙げられます。

この中のひとつでも当てはまっている項目があったら、原因の解消を行いましょう。中でも、筋肉のこりや無表情といった原因は、顔を動かす運動で解消する事ができます。

普段、表情筋のうち70~80%は使われていないそうです。これを頻繁に動かしてトレーニングすれば、引き締まった顔を手に入れる事ができます。

確かに、日常的に顔を動かす事が多く表情豊かな外国の人は、顔がすっきりしている人が多いですよね。顔の筋肉を意識的に動かして表情豊かになるように心がけると自然と顔も痩せてくるかもしれません。

顔がスッキリした外国人

また、食事は顔が太い原因に直接かかわってきますので、栄養面やカロリーを見直してみる事も大切です。そのようにして、原因を分析したら、それを改善する習慣作りに取り組みましょう。

一度、顔痩せに成功しても、リバウンドしてしまったら元も子もありません。生活習慣をきちんと整え、そこにジョギングなどを取り入れて太りにくい体質を身につけましょう。

2.口を動かして顔を引き締める

フェイスラインを効果的に引き締める方法として、口を動かすという方法があります。口を動かすと、それに合わせて口周辺の筋肉が動き、ダイエット効果が得られます。

では、口周辺を鍛えるために具体的に何をすればいいのかというと、口を「あ」と発音する形に開いてから「お」と発音する形に変えます。そうして、「あ」「お」と口を繰り返して動かす事で、効果的に口周りや頬を鍛える事が出来ます。

その他にも、あいうえお発音法があり、これは口を大きく開けて「あいうえお」の形に動かすだけで、口周りの筋肉を鍛える事ができます。あいうえお発音法では、口の形を意識して変えていきましょう。

いの発音をする女性

まず、「あ」であごを下にさげるように意識しながら口を大きく開けます。「い」では、えらを意識して口を横に大きく広げましょう。「う」では、筋肉をゆるめるように弛緩させます。「え」の時は、舌をあごの方へと伸ばす事で、下あごのトレーニングを行う事ができます。「お」は、「う」と似ていますが、「う」ではあごの筋肉を引き締めたのに対して、「お」は口の左右の筋肉を使うイメージです。

このようにして、あいうえお発音法を行う事で、筋肉をトレーニングし、顔の引き締め効果を得る事ができます。

3.ガムを噛む

ガムを噛む運動は、あごを鍛える上で有効なトレーニングになります。前歯、左の歯、右の歯と色々な部位でガムを噛んでいると、次第にあごが疲れて来ると思います。

ガム

これは、あごの筋肉を効果的に使用しているからで、フェイスラインを引き締める上で効果的です。

噛むという動作をする事で満腹中枢も刺激されるので、食事制限や、あごを動かして顔のラインを整えるためにガムを噛む習慣を身につけましょう。

4.リンパマッサージ

リンパマッサージを行うと足や顔のむくみが解消されます。またダイエット効果もあり、痩せやすい体質になる事ができます。

顔痩せするために知っておきたいリンパ節は、耳下線リンパ節、顎下リンパ節、鎖骨リンパ節の3つです。

耳下線リンパ節は、耳と頬骨の間辺りにある部分で、ここをマッサージすると顔痩せ効果があります。

顎下リンパ節は、顔の一番下の部分で、鎖骨リンパ節は鎖骨の上にあります。

この3か所を重点的にマッサージすると顔痩せ効果を得る事が出来ますので、覚えておきましょう。

リンパマッサージ

女優の桐谷美玲さんも時間がある時にリンパマッサージをしているそうです。あの美しさを形作る土台にはリンパマッサージがあったのですね。

顔痩せ体験談

前述の顔痩せする上でマッサージするべき3つのリンパ節は、そこを押してみるだけでリンパが滞っているかどうかが分かります。

私の場合、顎下リンパ節と鎖骨リンパ節を押すと痛みがあり、リンパの流れが停滞している事が分かりました。

元々猫背で顔が前に出ている状態になっていたので、この部分に負担がかかっていたのかもしれません。自分の身体で痛みを伴う部分を調べる事で、ある程度自分の身体の状態を知る事ができます。

パソコンを使う猫背のビジネスマン

顔が太っている人は、日頃の運動量、姿勢、食習慣など、どこかに悪い部分がある場合が多いと思いますので、まずは原因を特定して悪い部分の矯正を行いましょう。

顔痩せ法のメリット・デメリット

エステに通うとなると高額な料金がかかる場合があります。これは、顔痩せを行う上でのデメリットのひとつでしょう。

これに対して、リンパマッサージやジョギングなどはお金もかからずに自分で手軽に行う事ができるので、この点はメリットのひとつだと思います。

また、顔痩せを行う上で、どうしても食べる事が止められないという人は、食べながら顔痩せをするという方法があります。

これは、利尿作用のあるものを食べれば、身体の中を水分が巡り代謝の活性化にもつながるので顔痩せ効果が期待できるというものです。

利尿作用のある食品としては、大豆食品やスイカ、トウモロコシ、コーヒーや紅茶といったものがあります。

スイカ

また、食べている時に食品をよく噛む事で、あごが鍛えられ顔痩せ効果を得る事もできます。よく噛むと満腹中枢も刺激されるので、食べ過ぎないようになるというメリットがあります。

このように、食べながら顔痩せトレーニングを行うという方法もありますので、自分なりの顔痩せトレーニング方法を編み出して、効果的な顔痩せを目指しましょう。

成功のポイント

顔痩せを成功させるポイントとしては、顔痩せ運動や食習慣を継続していけるかどうかにかかっていると思います。また、猫背や運動不足、高カロリーの物を食べ過ぎる食習慣など、自身の悪い点を特定して、マイナスをプラスに持っていく努力を行う事も、顔痩せを成功させる上で重要なポイントです。

脂肪がつきやすい人の特徴として、代謝機能が低下しているという点が挙げられます。代謝の活発な人は、腸で脂質が脂肪酸とグリセロールに分解され、その一部がエネルギーとなるため、体内に脂肪が蓄積されにくくなります。そして、代謝機能は、運動を通して活発化させる事ができます

まとめ

顔痩せに成功すると若く見える、自信がつく、小顔に見える、といったメリットがあります。顔痩せを行うには、簡単なものから複雑なものまで様々なものがあり、どれをすればいいのか悩んでしまいますよね。

それらを色々と試してみる事で、自分なりの顔痩せプログラムを作り出し、積極的な気持ちでトレーニングを行えると良いですね。

食べ過ぎに注意するなど食生活に気をつけたり、生活リズムを整える事も顔痩せする上で重要な要素です。深酒や睡眠不足に陥っていないか、姿勢は正しいかどうかなど自身の生活リズムを見直し、顔の痩せた自分の姿を想像してトレーニングに励みましょう。

ページトップへ戻る