ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

青汁ダイエットで-3kg痩せたコツとは?効果的な飲み方や副作用も解説

更新日: 2017年06月01日
青汁を飲む女性

昔はまずいと有名だった青汁ですが、今はおいしく改良されており、しかもダイエットに効果的。飲みすぎには注意ですが、プチ断食の際に食事の代わりに青汁を飲むととても健康的にスリムを目指せます。

そして青汁にはダイエット効果だけでなく、女性の悩みを解決してくれる嬉しい成分も含まれている飲み物です。

そこでここでは、実際に青汁ダイエットで痩せた著者が、ダイエットを成功させるコツや青汁の効果、気をつけたい副作用を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

青汁とは?

青汁は、昔からCMなどでよく見ますよね。「まずい、もう一杯!」という『キューサイ青汁』のCMから、あまり美味しくはないけれど健康に良いというイメージがあります。

青汁を飲んで不味い顔をする人達

しかし、青汁がまずいのは昔の話。今は飲みやすい、しかもお手頃の青汁が多くなっているのです。しかも、多くのモデルも愛用しているというくらい、ダイエット中にも最適の飲み物なのです。

青汁にもいろいろな種類があり、昔ながらのイメージの粉末状のものから、ブリックパックに入った飲料までいろいろとあります。

粉末状の青汁は、多少青臭さがあるものもありますが、『サントリー極の青汁』などのように抹茶味のものが増えており、飲みやすくなっています。

それでも飲みにくいという場合、ヨーグルトやジュースに混ぜて飲むと一層飲みやすくなります。

また、最近ではフルーツと青汁を混ぜた『ビューティーマニア フレッシュフルーツ青汁』などが多くのフルーツも入っていて、味もフルーツジュースのように甘くて飲みやすいです。

粉末の短所としては、粉が混ぜにくいというのがあげられます。水に混ぜてもだまになってしまうことが多くあるので、よくかき混ぜましょう。シェイカーがついているものも多いので、ぜひ利用してください。

ブリックパックは、粉末よりも飲みやすく製造されているものが多く『紀文 豆乳入り おいしい青汁豆乳入り(2016/12/10現在は販売を終了しています)』のように、豆乳が入っていてまろやかになっていたり、『エルビー やさしい青汁』のようにヨーグルト風味のものもあります。

お値段は、だいたい一杯30円から150円くらいと幅広いですが、酵素入りだったり、豆乳入りだったりと、青汁に付属する成分が違っていますので、値段とともにそちらも参考していただければと思います。

青汁の効果・効能

青汁の効果としては、やはり野菜不足を補える点でしょうか。青汁の原材料として一番有名なケールは、ビタミンA、カルシウムが豊富で、抗酸化物質のルテインとメラトニンは特に豊富です。

青汁の栄養素

ほかの原材料となるクマザサや明日葉も食物繊維やビタミン、ミネラルが普段の生活で野菜を採るよりも多く摂取できます。 野菜を普段摂れていない方はもちろん、野菜を普段食べている方も栄養分を補う形で飲むといいと思います。

また、最近はオリゴ糖や酵素が含まれている青汁も多いので、身体の中からキレイを目指したい方、ダイエット中のサポートにもつながります。

更に栄養分を足したいという方は、牛乳やヨーグルトを混ぜて飲むと、カルシウムがより多く摂取できたり、乳酸菌が摂取できたりします。

青汁の口コミでの評価

青汁の口コミは、やはり青汁独特の色合いに動揺してひるんでしまった人が多いようです。ただ、飲んでみるとお茶みたいでおいしい、意外と甘い、という意見が多かったです。

青汁を美味しそうに飲む男性

やはり『キューサイ 青汁』のCMのイメージで飲みにくいという印象の方が多いのだと思います。

今の青汁は上の『サントリー極の青汁』のように抹茶風味のものがあり、特に『お茶村 神仙桑抹茶ゴールド』はお茶の風味が強く、青汁よりもお茶の感覚で飲むことができて飲みやすいという口コミが多いです。

ただ、口コミで多いデメリットは混ぜにくい、だまになりやすい、というもので、やはりシェイカーを使用するのが一番だと思います。

青汁の体験談

私が青汁を飲もうと思ったのは、ダイエット目的でした。当時、私は子供を出産したばかりで、産後太りが酷く、何とかしてダイエットできないものかと悩んでいました。

お腹をつまむ女性

ただ、授乳もしていたのでプチ断食などはできない、ダイエットで栄養不足になっては困る、と悩んだ末に決めたのが青汁でした。

私が選んだのは『ふるさと青汁』でした。マイケア ふるさと青汁はミネラルやポリフェノールが豊富な明日葉がメインに入っており、オリゴ糖も入っているのでお勧めです。

インターネットで注文しましたがすぐに届きました。税、送料別の3800円で、一箱30袋とおまけの14袋が入っており、約一か月半分入っているのはお得だと感じました。

味は、少しえぐみのある抹茶という雰囲気でした。

やはり混ぜにくさだけはどうにもならず、水などで飲むとだまが浮いて飲みにくかったです。ですので、私は飲むヨーグルトと混ぜて飲んでいました。

ヨーグルトと飲むと、多少のだまがあってもヨーグルトのとろみに混ざって飲みやすくなりますし、乳酸菌との相乗効果もあります。

また、意外な飲み方ですが、市販のポタージュスープに混ぜて飲むと、ほうれん草のポタージュのように飲みやすくておいしかったです。

結果、ダイエット中の補助に青汁を飲んだことで体重も3キロほど落ち効果的でした。

現在はプチ断食と併用して、栄養分を補う点で青汁を飲用しています。

ただ、混ぜにくさとえぐみが嫌で、現在は『エルビー やさしい青汁』を愛用しています。『マイケア ふるさと青汁』よりは効果が薄いかと思いますが、それでも栄養補助の安心さと、飲むヨーグルトのようなおいしさから愛飲しています。

青汁の副作用や危険性

青汁の副作用としては、私の体験談でもいったとおり、飲みすぎると当然ですが、トイレが近くなります。また、食物繊維を取りすぎると逆に身体によくないので、それも注意が必要です。

お腹が痛い女性

青汁は栄養補助食品であるため、野菜の代わりになどと飲みすぎても野菜の代わりにはならないので注意してください。

また、ワーファリンという血液凝固を防ぐ薬を飲んでいる方は青汁を飲んではいけません。青汁に含まれるビタミンKという栄養分は、血液凝固の効果があるので、ワーファリンの作用を阻害してしまうといわれています。

それと、腎臓病の方も、青汁の中に含まれるカリウムという成分が多く含まれているため青汁を控えるようにしてください。

カリウムは腎臓病の方が多く摂取してしまうと高カリウム血症になり、不整脈の原因になる危険があるそうです。

青汁ダイエット成功のポイント

青汁は、足りていない野菜の栄養分が多く取れ、ダイエット中にとてもいいです。

大幅なダイエットに挑戦したい方は、プチ断食として、一食または二食を青汁に置き換えると特に効果が早くあらわれると思います。

青汁と緑の野菜

ただ、青汁をただ飲むだけだと空腹になりやすいので、ヨーグルトのトッピングにすると小腹も満たされてプチ断食が少し楽になります。

また、私が行ったスープに混ぜて飲むのも、プチ断食には最適ですし、飲みやすいのでお勧めです。

ただ、副作用の項目でもお話ししましたが、青汁は野菜不足を補うためのものです。野菜を全くとらず、青汁だけにするのは危険ですので注意してください。

青汁を飲む目安としては一日一杯から二杯ほどです。

それ以上は便秘を引き起こしたり、飲みすぎでアレルギー症状が出てしまう場合もありますので、過剰な摂取は控えるようにしてください。

まとめ

色々と青汁について書かせていただきましたが、青汁はダイエット中に効果的というだけではなく、野菜不足を補えるなどの様々な効果があります。

今の青汁は飲みやすいものが多いですので、ぜひ試してダイエットを楽しんでください。