Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

下半身デブ解消!簡単な筋トレと代謝UPで足を細くする方法

膝の上の脂肪をつまむダイエットしたい女性

単純に「体重を落としたい!」というのに比べて厄介なのが部分やせです。特に、足やせはなかなか難易度が高いと思われているようです。

ひたすらジムで鍛えても変な筋肉がついてしまって逆に太くなってしまった。「食べないダイエット」を続けるとお肉は落ちても、足が貧相になってしまった。足やせについてのお悩みはつきません。

足やせのポイントは、適度で、かつ、足のキレイなラインを意識した筋肉づけを行っていくことと、基礎代謝をアップさせ、むくみをとることの2つです。この2点を忠実に、そして、継続的にアクションを取っていけば、確実に足やせは実現できるはずです。

スポンサーリンク

足を細くする方法

私が実施した方法をご紹介する前に、世間的に有名な足を細くする方法をいくつかご紹介しましょう。

足やせもそうですが、ダイエットは1日や2日で即効性があるというものはほとんどなく、継続的、そしてある程度の期間を必要とするものです。ですので、その方法が「自分に合っているか」という点も極めて重要なのです。ここでご紹介する方法も参考にされて、自分に合った足やせ方法を見つけてみてください。

太ももリンパマッサージ

まずは、いきなり運動はちょっと・・という人に朗報な、リンパマッサージです。最初に、足やせのポイントのひとつに代謝アップがあるとご紹介しましたが、まさにこの部分を実現する方法です。

お風呂上りなどの体が温まっている時に、足のリンパがある太ももの付け根や膝の裏、むくみやすい足の裏などを優しくマッサージしていくことで、老廃物を排出し、血行をよくするものです。お気に入りのアロマオイルを手に取って行えば、リラックスした気分でできそうですね。

関連記事

ふくらはぎ痩せ!筋肉太り・むくみ・セルライトに効果が高いマッサージ3選

スクワット

次に、正統派な運動で!という人のためのスクワットです。これは、アメリカでも足やせとお尻やせに効果的という評判の高いもので、毎日100回ぐらいずつ、スクワットを行うというもの。

とはいえ、テレビを見ながらでもできますので、思ったほど負荷もなく続けることができるでしょう。100回を1日のうち何回かに分けて実施してもOKですので、まとまった時間が取れない人のも向いていますね。

関連記事

ダイエット効果UP!30日スクワットチャレンジの正しいやり方

最近ではすっかり定着した、ホットヨガのスタジオでも、美脚に特化したクラスが開講されているようです。代謝力もアップし、カロリー消費と引き締め効果も期待できるホットヨガですので、少々お金がかかるものの、検討の余地がありそうですね。

その他、様々な「足やせ法」があふれていますが、共通しているところは、全身ダイエットに比べて、それほど大きな消費カロリーを必要としないため、ダイエッターとしても取り組みやすい部位である、ということです。そう考えると、取り組み甲斐が出てきます。

私の足やせ体験談

私も、どんなダイットをしてもなかなか足が細くならない・・と悩んでいました。割とスポーツは好きだったので、毎週末バスケや水泳、加圧トレーニングなど、おそらく普通の人よりも多く運動はしていたはずです。しかし、不思議なことに「下半身デブ」の名にふさわしい、イタイ体型でした。

上半身はMサイズの服でいけるのに、下半身はLサイズじゃないと入らない・・・。さすがに危機感を感じた私は足やせについて徹底的に研究し、アクションを起こしました。

まずは、運動ですが、がむしゃらに運動をしてもダメだ、ということにすでに気づいていたため、理想の足とはどういうものか、という「あるべき姿」から考えました。それは、ただ棒のように細いだけの足ではなく、しなやかに引き締まった状態の足でした。

自分の足をみると、足首は細いのに、ふくらはぎがプヨプヨ。そして、太ももの前側の部分にしっかりと脂肪が乗っている状態でした。しかも、その脂肪はいつでも触るとヒンヤリと冷たかったのです。

膝の上の脂肪をつまむ女性

そして、その脂肪の部分を指でつまみあげるとボコボコが・・。昔から冷え症気味だった私の足太りの原因は、血行の悪さによって脂肪が固まって、セルライトができていたことと、ふくらはぎや太ももの裏をほとんど使わない運動ばかりをしていたため、その部分の筋肉が発達しなかったことだと確信しました。

そこで、これらをなんとか少しずつでも解消していく方法を考えました。

まずは、簡単な筋トレを毎日10回1セットを3セット行うことにしました。これは本当に簡単な方法で、やろうと思えば通勤の電車の中でもできます。

まず、かかと同士をピッタリとくっつけて、なるべくつま先を外に広げていき、まっすぐ立っていられるギリギリの状態までもっていきます。その状態で、壁でも椅子でも、電車のつり革でもよいので、何かにつかまり、少しずつかかとを上げていくのです。3秒少しだけかかとを上げたら降ろし、また上げる・・というプロセスを繰り返していきます。

ポイントはかかとを決して離さないようにすることと、前かがみや腰がそらないように意識することです。

方法はカンタンですが、最初はかなりツライかもしれません。しかし、これでふくらはぎが鍛えられていくという実感が分かり、私の場合は期間として、始めてから1週間程度でふくらはぎが少しずつ引き締まっていくのを感じました。

さらに太ももについては、寝る前に、膝を立ててベッドに横になり、バレーボール程度の大きさのビニールボールを太ももに挟み、そのボールをじわじわと太ももの力だけで押しつぶしていき、5秒キープするという運動を1日あたり10回繰り返し行いました。

血行というところでは、地味なことではありますが、毎日シャワーで済ませていたのを、きちんと湯舟につかるように切り替え、湯舟の中で太ももを中心にマッサージをしました。音楽をかけながら、楽しくリラックスしながら行いました。

結果的にこういったことをほぼ毎日実施し、1ケ月後には、一回り分ぐらい足が細くなり、スキニージーンズを履いても見苦しくない足を手に入れることができました。足先の冷え症も解消されたようです。

実践した足やせダイエット法のメリット・デメリット

この方法は、今でも続けています。そのおかげで、今でも体重とともに足のラインもキープできています。

この方法のメリットは、どれもこれも心がけ次第で簡単に、一円のお金も使わずに続けることができる点です。

スクワットや足のバタバタ運動も効き目はあるでしょうが、毎日続けるとなると、イヤになってしまうこともあるでしょう。

紹介した方法であれば、基本的に空き時間にできるので、オススメです。しかし一方で、誰かに強制されなければ続けられない、という人には不向きな方法かもしれません。

運動の負荷の問題ではなく、何かをコツコツ毎日続けるというは、簡単なようで習慣化するまでが非常に難しく、多くのダイエッターが道半ばで諦めてしまうのも、実は継続することが面倒くさくなってしまう、本当に効果が出るのかが疑問で、即効性を求めてしまうという点にあります。

コツコツ続けるのはムリ・・。本当に効果が出るのか、不安・・。という人には、ジムのようなところに通ってパーソナルトレーナーをつけて、強制的にでも「やらざるをえない状態」に自分を追い込む道を選んだ方が、お金はかかっても効果と満足度は高いかもしれません。

パーソナルトレーナーを付けたジムのトレーニング

期間やそれに投下した費用はどうであれ、ダイエットの基本は愚直に継続することです。自分に合った方法は何か、しっかりと見極めましょう。

足を細くするダイエット法で成功するポイント

成功のポイントは、どの方法を選ぶにしても理論的に、そして自分の足の状態をよく知ってからダイエットに取り組むということです。

がむしゃらな運動に効果はありませんし、自分が求める足やせが何かを定義せずにゴールは目指せないので、よく自分を体を観察して、不足しているところ、多すぎるところ、その原因を分析していく必要があります。

まとめ

足は、体の中で一番老廃物が溜まりやすく、かつ、むくみやすいところであると同時に、日常生活の中でなかなか鍛えにくい箇所でもあります。ぜひ意識的に毎日少しずつのエクササイズと血行の促進で、美脚を手に入れましょう。

ページトップへ戻る