ダイエット魂

痩せたい人を応援するWEBマガジン

豆乳おからゼロクッキーの効果を4カ月ダイエットを実践して試してみました

投稿日: 2017年05月07日
豆乳おからゼロクッキー

ビードットラボの「豆乳おからゼロクッキー」は、豆乳、おから、こんにゃくを配合したクッキーです。

カロリーが低いながらも、パサパサのおからクッキーと違って、サクサクでおいしいクッキーです。

これを食事に置き換えて、大豆パワーと満腹感を得ながらの置き換えダイエットに挑戦する人が増えています。

ヤフーショッピングではダイエット部門で1位を続けている商品。おいしいから続けられるのですが、果たして実際の効果はどうなのかを検証してみました。

スポンサーリンク

豆乳おからゼロクッキーとは?

「豆乳おからゼロクッキー」は、豆乳、おから、こんにゃくが入っている、カロリーが低く、ダイエット中のサポートにもなるクッキーです。

砂糖不使用なので「ゼロクッキー」だそうですが、サクサクの食感で、甘みもそこそこあります。

大阪府大阪市の株式会社蒲屋忠兵衛商店が販売しています。ダイエットや美容を目的にした、ビードットラボシリーズから、出ている人気商品です。

豆乳おからゼロクッキーは1袋500gです。

味はシーズンによって季節の果物などが加わります。

1袋に10種類のクッキーがランダムに入っています。例えばプレーン、パンプキン、ココア、レーズン、抹茶、紅茶、黒ゴマ、アーモンド、マカデミア、ストロベリーです。

ひとつひとつの味の個性は、それほど強くありません。

原料はクッキーなので、小麦粉とマーガリンが入りますが、砂糖は使われていません。砂糖の替わりに低カロリー甘味料、還元麦芽糖水あめを使用しています。

サクサクのベーシックタイプと、硬めのハードタイプがあります。
ベーシックタイプは1枚当たり約22キロカロリーです。これを7枚ぐらい食べると、ご飯一杯分という計算です。
ハードタイプは1枚約15キロカロリーと低いです。硬く焼いたクッキーで、カリカリした感じです。

割れたクッキーなどが一緒に入ったお得な詰め合わせは、1キロ入りが約3000円と、安く販売されて人気です。

ダイエット中のサポート食品として、この値段はリーズナブルです。楽天やヤフーショッピングのダイエット部門で1位をとるなど、ダイエットをする人たちのお財布にもやさしい価格設定です。値段が安いこともあり、累計2億枚を販売しているそうです。

購入は楽天市場、ヤフーショッピング、ぐるなび店、ポンパレモール店と大阪市の本店になります。

食べ方は空腹時に、牛乳やコーヒー、紅茶と好きな味のクッキーをポリポリ食べるだけです。ゆっくり食べること、水分をとることで、満腹感があります。

豆乳おからゼロクッキーを愛用しているタレント、モデルさんは多いようです。

イメージモデルを務めるのが熊田曜子さんです。
素晴らしいプロポーションですよね。

熊田さんは「何か食べたくなった時のために持ち歩いています」とブログで報告しています。太らないために続けているようです。

タレントの安西ひろこさん、喜田彩子さんもおからクッキーを愛用したことを、ブログで報告しています。

効果・効能は?腹持ちの良さがウリ!

豆乳おからゼロクッキーの成分表示

豆乳おからゼロクッキーは、おからとこんにゃくでお腹で膨らみ、満腹感が出ます。

原料の大豆は、豆腐や納豆に代表されるヘルシー食品です。これをたっぷり含んだクッキーで、腹持ちもよいというのが売りです。

1枚20キロカロリーほどで、自分で食べる量が調整できます。

味も甘く、満腹になるのでストレスがありません。こんにゃくは食物繊維が豊富な食材で、ぽっこりお腹解消にも期待できます。

クッキーの味が豊富で飽きずに食べられ、こんにゃくが入っているので触感もサクサクです。これを食事に置き換えていくことで、カロリーを抑え、ダイエットに利用していくものです。適度な運動などで、さらに効果があがります。

10キロ痩せに成功した人も!味も高評価

豆乳おからクッキーゼロを食べて、1カ月に2キロずつ体重を落とし、10キロのダイエットに成功した人がいます。

昼食に豆乳おからゼロクッキーと無糖のコーヒーと牛乳にし、夜もおかずと豆乳おからゼロクッキーにしたそうです。

おやつとして食べていたり、小腹がすいた時に利用したり、携帯しているなど、ダイエットや、スタイルの維持に工夫して使っているようです。ダイエット食品ながら、味がなかなかおいしいと、口コミでも高評価です。

豆乳おからゼロクッキー体験談!2キロ痩せたが…

豆乳おからゼロクッキー 実物

豆乳おからゼロクッキーとの出会いは、「ダイエット中の食品」を探していた時に、楽天でセールスしていたので、買ってみたのがきっかけです。

ダイエット中のサポート食品(クッキー)として、安いことに魅力を感じたのですが、「味が心配だなあ」と思いました。

口コミの評価が「おいしい」と高かったこと、ダイエット食品で1位を取っていたこと、2億枚の累計販売実績などもあり、買ってみました。

本当においしいです。これで痩せたらこんなにいいことはありません。

私はベーシックタイプのサクサク感が気に入り、これを朝食代わりにしてのダイエットを企画しました。朝食は、ゼロクッキー6~8枚と大きめマグのカフェオレにしました。期間は3か月にしました。

食べる量は自由ということでしたが、6~7枚でお腹いっぱいになります。

最初の1カ月は、あまり効果を感じられませんでした。夕食の食べる量が多かったのかもしれません。いや、たくさん食べてしまうからこそ、このおから豆乳ゼロクッキーに頼って、満腹感を得ながら、痩せたいと思ったのです。

次の2カ月も毎朝、豆乳おからゼロクッキーにしました。2キロ痩せました。

夕飯など、作るのが面倒なときや、忙しい時も、豆乳おからゼロクッキーを食べて、紅茶などを飲むと、お腹いっぱいになります。でも1日に2回はちょっと寂しいので、それはこれまで数回しかやっていません。

毎日といっても、やはり飽きてしまうのがたまに傷です。太らないですが、痩せないので気持ちがトーンダウンしてきました。

4カ月目ぐらいから、朝食が豆乳おからゼロクッキーだけの日もあれば、クッキープラスほかのものという日、ほかのものだけという日もあって、まちまちになってきました。

それ以後の体重の減少はありません。痩せたというほどではないです。

食べ方がこれでは、効果を期待できないのは当然です。昼食、夕食、そして運動など総合的にみると、ダイエットとしては、不成功です。リバウンドはありません。

朝食の「ほかのもの」を無くして、きちんと食べていけば確実に効果は出ると思います。

おやつで利用する食べ方もあります。小腹がすいた時が食べるタイミングで、2、3枚とお茶を飲めば最適です。ダイエット中の食品と言う感じはせず、いつものおやつという感じです。

味がいいことと、カロリーが低いので、今も続けて購入しています。

糖分、油分の多いクッキーを食べることを考えると、成分は安全です。なんといってもカロリーが低いのが、精神的に罪悪感なく食べられます。

豆乳おからゼロクッキーの副作用や危険性

大豆には大豆イソフラボン、サポニン、レシチンなどの成分が入っています。

ゼロクッキーを食べ続けることの危険や副作用はないですが、これだけでは栄養が足りません。ほかの栄養と組み合わせを考えながら続けるのが良いでしょう。

また、カロリーが低くてもクッキーです。小麦粉やマーガリンが入っています。これだけ食べていてはいけませんし、おいしいからといって食べ過ぎもいけません。

まとめ

豆乳おからゼロクッキーを利用したダイエットで成功するポイントは、期間を決めて、しっかり食事に置き換えしていくことです。

味がいいので苦痛はないです。栄養や運動、エクササイズも取り入れて、食べながらダイエット効果をあげることに、役立てられる商品です。

また、豆乳おからゼロクッキーは、豆乳、おから、こんにゃくが入っていて、低カロリーながら、食べごたえがあり、満腹感もあります。

味も豊富で、10種類の味を楽しみながら、食事に置き換えたり、おやつとして利用できます。

クッキーを食べるだけと手軽なので、ほかの栄養を補いながら、ダイエットを続けていくことが大切です。