Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

縄跳びダイエットの方法【事前準備と効果的な時間・回数・時間帯】

縄跳びをする女性

近年の健康志向などの影響もあって、今やダイエット方法は数多く存在しています。そんな数あるダイエット方法の中でも特にオススメするのが縄跳びダイエットです。

縄跳びダイエットは、必要なものは縄跳びだけ、場所も取らずに体力がつき、さらに痩せることができるというメリットの多いもの。

これからダイエットしたいけど何を始めればいいかわからない、効率よく痩せたいという方はまず縄跳びを手に取ってみてはいかがでしょう。
努力し続ければきっと望み通りの結果が得られますよ。

スポンサーリンク

1.縄跳びダイエットの効果について

そもそも縄跳びダイエットとは、具体的にどんな効果があるのか説明します。
主な効果は全体運動ならではの体力の向上と、筋肉の増量です。

体力は一定の年齢を過ぎると衰えるばかりですから、向上するのはいいとして、ダイエットを目的とする人には筋肉量が増えることをあまりよしとしない人もいるでしょう。

筋肉が増えることは体重が増えること、だと思う方も多いのですが、実際に減らすべきなのは脂肪であって筋肉ではありません。

むしろ筋肉質でも痩せていて綺麗な身体を持っている人は多いです。

縄跳びによって基礎体力をつけ、筋肉をつけることで新陳代謝を良くし、カロリーの消費を促す。これが縄跳びダイエットの根本にあるものです。

カロリー消費量が増えれば脂肪はつきにくくなりますし、飛び続けることで無駄な脂肪が燃焼されつつ痩せることができます。

一番効果が出ると言われるのは下半身。
太ももやふくらはぎなどの細くなりにくい部分が引き締まって、ほっそりと綺麗な曲線になるのがこのダイエットの一番の魅力かもしれません。

2.縄跳びダイエットを始める前に大切なこと

縄跳びダイエットに必要な物

まずはじめに縄跳びを用意すること。これは言うまでもありません。

多くの人は、縄跳びを用意して飛ぶだけでいい、と思っていると思いますが、意外と準備運動などの前準備も大切です。
なのでここでは縄跳びをする前に大切なことを3つ紹介します。

2-1.ストレッチの重要性

1つ目のストレッチについて説明します。

縄跳びというのは全身運動です。突然痩せよう、飛ぼう、と思って始めても、普段使わない筋肉を使うわけですから、筋肉痛は当たり前です。

日頃運動をしていない方はほぼ確実に筋肉痛になると思ってください。

しかし、ストレッチをするとこの筋肉痛を和らげることができます。
特に筋肉痛になりやすいふくらはぎ、普段使わない手首、太ももの付け根や足の裏の筋肉などはよくほぐしておきましょう。

筋を伸ばすのことが大切です。縄跳びは体のバネを使って飛ぶので、筋を傷めないためにもよく伸ばしましょう。

2-2.水分補給は最初と最後に

ペットボトルの水を飲む女性

2つめは水分補給。

数十分間飛ぶだけ、と思っていても季節によってはかなり汗をかきます。もしたとえ涼しくても縄跳びは全身運動ですから、体力をかなり消耗します。

意外なことに縄跳びはウォーキングやジョギングよりもカロリーを消費するハードな運動なのです。

体の調子を整え、血液を上手く循環させるためにも水分は必須。あまり飲みすぎても動くときに辛いので、縄跳びを始める前はコップ1杯ほどの水を摂取しましょう。
もちろんスポーツドリンクならなお良いです。

縄跳びが終わって少しすると水分が体から出ていき、汗が出てきたり、心音の上昇を感じるようになります。

体は出ていった分の水分を取り戻す必要がありますから、最初と同じように水を摂取しましょう。
汗を大量にかいた場合は塩分補給も忘れないように。

2-3.続けるという覚悟

最後3つめは、覚悟です。

毎日数十分の縄跳びダイエットは、数十分だからこそ長くできると思われがちです。

しかし、実際は「数十分だけ」のために外に出るのが億劫になったり、効果が表れないとやってもやらなくても同じだと諦めてしまうケースがあります。

どのダイエットでも言えることですが、そう簡単に効果は現れません。
なかなか目にみえる効果が現れなくても、諦めずに続ける覚悟をもってダイエットをしましょう。

毎日時間を決めてチェックをつけたり、家族や友達の協力を求めるなどするのもいいですね。

3.縄跳びダイエットの効果的なやり方

それでは縄跳びダイエットの方法を説明します。

3-1.飛び方はあるの?

二重跳びをする女性

縄跳びダイエットには、特別な縄跳びの方法は必要ありません。
無理して二重跳びなどはしなくていいのです。ただ飛ぶだけいいんです。

しかし、人によっては飽きてきてしまう人もいるでしょう。
そういった場合は普通の縄跳びをやりながら、後ろ飛びや短距離の走り縄跳びなども取り入れると消費カロリーも増えて効果的です。

ですが、それはあくまでダイエットを運動として楽しめる人や、飽きてしまった場合です。
普通にダイエット目的の人は、垂直に、体全体を意識して飛ぶことを心がければ十分です。

3-2.どれくらい飛べばいいの?時間は?回数は?

縄跳びダイエットで大切なのは、回数ではなく時間です。

ジョギングでも、どれくらいの距離を走ったかではなく、どれくらいの時間を走ったかが大切なのと同じことです。

重要なのは動作がゆっくりでも少しでも長く跳び続けること。

運動に慣れていない人や、はじめてダイエットに取り組むという人は10分間飛び続けることを最高目標として、はじめてみましょう。

初めはすぐに疲れて足が止まってしまうかもしれませんので、1分や2分続けて飛び、1分休憩するなど、自分のペースをつくって行きましょう。

休みを入れつつ合計で10分飛ぶを最初のうちは繰り返してください。

縄跳びの消費カロリーは10分で約100cal近く消費できます。
たったそれだけかと思うかもしれませんが、これがかなり効果的で、一度運動をすればカロリー消費のサイクルができて食べても太りにくい体ができあがります。

もちろん飛ぶ回数や人によって個人差はありますので、あまり消費カロリーを気にせずに長く飛ぶことだけを考えましょう。

3-3.どの時間帯にやるのがオススメ?

運動する時間を確認する人

縄跳びダイエットは、場所を取らずにどこでもできることが魅力。
なので暇があったときにやる、というのが一番ベストです。もちろんやる気があれば無理のない程度で1日に何度やっても構いません。

しかし、何時何分にどのくらい、と決めたほうがメリハリもついて続けやすいのも事実です。
なのであえて言うならば食事の前をおすすめします。

朝食でも昼食でも夕食の前でも構いません。大事なのは食事の前に運動をするということです。
なぜなら、空腹で運動をすることで体の余分なお肉からエネルギーを供給し、カロリーを消費することになるため、痩せやすくなるのです。

食事をしたあとでは血液が食べ物を消化するために胃に集まるため、運動しても血液が循環しにくく、気持ち悪くなったりしてしまうので、もし食後にやるのなら1時間以上空けてから運動を始めましょう。

4.効果が現れる時期

縄跳びダイエットで効果が出た様子

それではいつ効果が現れ始めるのかというと、それは個人差があるので一概にいつとは言えません。

しかし、1、2週間続けていけば足が引き締まるような感覚があるはずです。

縄跳びダイエットは慣れてからが勝負どころです。
それを維持し、なるべく長いあいだ飛び続けうることができるように心がけていきましょう。1ヶ月もすれば徐々に体重が落ちていくはずです。

なかなか効果が現れない場合は体重を計るのではなく、太もものサイズやお腹周りなどを測ってみましょう。引き締まって細くなっているはずです。

細くなって体重が増えたなら、それは筋肉が増えた証拠。これからはさらにカロリーを燃焼しやすくなるので、諦めずに続けてみましょう。

停滞期に入って体重が落ちなくなったなら、食べるものを見直してみたり、空き時間でできるちょっとした運動なども試してみると、停滞期から抜け出しやすくなります。

一度停滞期に入ったからいって辞めることはオススメしません。もし停滞期を脱したらそこからはあっという間に理想の体重に落ち着くはずです。
なにより、続けることが大切ですよ。

5.メリットばかりの縄跳びダイエット

縄跳びダイエットについて理解していただけたでしょうか。

縄跳びダイエットのメリットは手軽に、いつでもどこでもできることです。
しかも続けさえすればかなりのカロリーを消費できますし、体も引き締まって綺麗に痩せることができます。

それだけでなく体力の向上や健康にもよく、筋肉がつくことで太りにくい体質ができあがります。

自分に合わないと思ったら、すぐにやめられるのもこのダイエットの良さです。

もし気軽にダイエットを始めたい、と思うなら、様々なメリットのある縄跳びダイエットに挑戦してみましょう。

ページトップへ戻る