Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

スープダイエットとは?正しい1週間のレシピと継続のコツを紹介

脂肪燃焼スープ

数ある食事系ダイエットの中でも即効性のあるダイエット方法がこのスープダイエットです。短期間での減量が可能である優れものダイエットです。

「食べれば食べるほど痩せる」と言うキャッチコピーで有名になったこのダイエット方法を私の実体験を元にご紹介します。

スポンサーリンク

スープダイエットとは?

このスープダイエットは別名「脂肪燃焼ダイエット」とも呼ばれています。

もともとは、心臓外科手術を受ける患者さんのために、安全にそして急速な減量を行うために開発されました。

このダイエットは急速な脂肪燃焼を行います。そのため以下のレシピで作られるスープがメニューの中心になり、NG食品が決められています。

決められた食品を摂取する事で体内で化学反応が起こり、それで脂肪燃焼を促すと言うわけです。

以下がスープの基本レシピです。

  • 玉葱3個
  • ピーマン1個
  • セロリ一本
  • キャベツ半玉
  • ホールトマト1缶
  • チキンスープの素1個

これらの野菜を食べやすい大きさに切ってスープの素とホールトマトを一緒に大きな鍋に入れます。

材料がひたひたになるくらいの量の水を入れて10分程煮て、野菜が柔らかくなるまでの硬さになれば完成です。

塩、こしょう、チリソース、カレーパウダーなど好みに応じて味付けしてよいのですが、塩分には気をつけましょう。

一日何度でも好きなだけこののスープを食べて下さい。

これを一週間続けます。

そして1日~7日目、サイドメニュー的に食べれる食品があります。

  • 1日目:フルーツを食べてもOK(しかしバナナは除く)果汁100%のものならジュースも可。
  • 2日目:油を使わない野菜料理を食べる事が出来ますが、スイートコーンは除きます。夕食にならベイクドポテトを食べてもOKです。
  • 3日目:フルーツと油を使わない野菜を食べてもOK、しかしベイクドポテトは除く。
  • 4日目:スキムミルク500mlとバナナを食べる。
  • 5日目:350g~700g程度の赤身の牛肉もしくは鶏肉を食べる煮魚でもOKです。そして最大6個のトマトを食べましょう。スープは最低一杯は食べます。そして体内から尿酸を排出させるために8杯の水を飲みます。

簡単ですよね?しかし注意事項があります。以下の点は厳守してください。

  1. アルコールは禁止。もし飲んでしまった場合は24時間おいてやり直しです。
  2. 甘味料も禁止です。
  3. 飲み物は水かブラックコーヒー、お茶のみです。
  4. カロリーゼロの人工甘味料も禁止です。
  5. 夕食は必ず最初にスープを1皿以上食べること

これがスープダイエットのすべてです。

一度大鍋で作ってしまって冷蔵庫に入れておくと便利です。たっぷりの量を作りましょう。好きなだけ食べれるのですから。

スープダイエットの効果

このダイエットの効果は何と言っても大幅な減量が1週間で出来ると言う事です。

しかしそれだけなら摂取カロリーを制限する事で可能なのですが、このスープダイエットは減量だけでなく、多くの栄養がとれるので日々の健康にもよいのです。

カレンダー、1週間

スープの材料と毎日のサイドデニッシュが厳密に決められているのは、この食物同士が体内で起こす化学変化を狙っているからです。

これらの食品を決められたように摂取すると体内の脂肪が燃焼されそれに伴い体重が減っていくと言う仕組みだそうです。

スープダイエットのクチコミ評価

やはり大幅減量に成功した人が多いようですが、「過酷だった」と言う意見も多く見られます。スープはトマト味でさらにセロリの風味がかなりきついのでこれらの食品が苦手な人は1週間続けるのが難しく、スープをなかなか食べれなくなるようです。

一方、トマト味のスープが好きな人にとっては問題なく1週間食べ続ける事が出来て、狙い通りの減量効果もあげれたようです。

スープダイエットのメリット・デメリット

メリットはルールさえ守れば確実に痩せれると言う事です。

自分で面倒なカロリー計算や栄養を考えなくてもいいのはメリットです。

きちんとした減量メニューを考えるとなると知識もいりますが、スープダイエットは決めれた事をやるのみなのがメリットです。

デメリットはスープに飽きる事です。3日もたつと正直臭いだけでもうげんなりすると言う事がありました。しかしサイドメニューと言う救いと言うかお楽しみがあります。

飽きた女性イメージ

そして決められたメニュー以外のものを食べれないので、1週間は外食出来ません。

3食を自宅で取るのが難しいと言う方にはデメリットかも知れませんが、お弁当として持っていく事も可能ですし1週間の事なので周囲にカミングアウトしてしまえばよいかもしれません。

スープダイエット成功のポイントは継続できるか

成功のポイントはひたすら1週間後の痩せた自分をイメージして自分を鼓舞して頑張る事です。

そして最近はスープのアレンジバージョンも出てきているので、どうしてもこのスープの味がだめな人は試してみてもよいと思います。

トマトスープと材料

また、大事なポイントはやはり「食べる量」と「継続」です。

食べれば食べるほどいいので3度の食事だけでなくオヤツもスープ!と言うくらいの気持ちで食べた方が良いでしょう。

幸いダイエットの敵である空腹感はないですし、最初の3日間を乗り切れば減量効果を実感できるのでゴールまで継続できるでしょう。

「最初の3日を絶対乗り切る!」と言う強い気持ちでいれば成功の確率はかなり高くなると思います。

  • 必ず決められたレシピで決められた食品を食べましょう。スープは食べれば食べるほどよいので、お皿を変えたり、盛り付けを変えたりして乗り切りましょう。
  • 3日目くらいから効果が必ずあるダイエット法なのでぶれずに継続しましょう。

スープダイエットの体験談

私はスープダイエットをもう4回はやっています。

1回目はなんと3キロの効果が出せました。

運動なしで1週間3キロは大きいですよね。

もともとトマトスープは苦手ではなかったのですが、セロリは得意ではなかったため、毎食1杯が精いっぱいでした。

食べたいだけ食べてもいい、食べれば食べるほどいい、と言われてもなかなか口に出来ませんでした。

セロリ

2回目は1回目から半年あけてやってみたのですが、その間に日常的にセロリを食べるようにしていて、セロリ嫌いを克服していたので2回目は1回目より毎日たくさんのスープを食べる事が出来ました。

そして肉を食べてよい日は、その肉をスープに投入して食べたところ大変美味しくてこの日は5杯も食べる事が出来ました。

その甲斐あってか2回目は4キロ痩せる事が出来ました。

3回目は母も巻き込み一緒にやってみました。

しかしトマトスープ自体が苦手な母は途中でリタイアしてしまいました。

それでも頑張った最初の3日で、それまで過食気味だったのが収まり食生活に気をつけるようになり、その後は乱れた食生活をしなくなったので、これも成功と呼べるのではないかと思います。

3回目、4回目は旅行の後や短期留学のあとで少し増えた体重を元に戻すためにやりました。

まとめ

スープダイエットはしんどいようで実はかなり楽だと思います。

何よりも効果は絶大です。1週間で「気持ち」も変わります。

特にダイエットして痩せたいと思ってない人にもおすすめできます。

最近は週末3日バージョンなども出ているようなので、ちょっと食べ過ぎが続いていると言う人にも試してみる事をオススメします。

ページトップへ戻る