Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

韓国式コルギで効果的に小顔矯正する方法

コルギを受ける女性

体型は太くはないのに顔だけが大きいのはなぜ?なかなか顔だけがやせない…そんなふうに思ったことはありませんか?

顔の筋肉は非常に薄く、ただ鍛えたりすれば痩せるわけでもありません。またダイエットで成功して贅肉は多少とれたけど大きさは変わらないということもあります。すべての答えは頭蓋骨にあります。頭の形が顔の形に比例するのは事実です。

欧米人は頭が高くそのため骨格も立体感があるのに対し、日本人はハチがでて四角くいのが特徴です。また現代はストレスや首の酷使によってより頭が広がってる人が多いです。頭と骨を正しく矯正し、理想の顔に少しでも近づけましょう。

スポンサーリンク

骨を矯正するコルギ美容法とは?

韓国発祥のコルギは骨に直接はたらきかけ、骨格を矯正していく美容法です。もともとコルギは健康のために行われていた療法で、顔に行えば理想の骨格にすることができるのではないかと始まったのです。

韓国、北韓屋村

その効果が有名になりメスはいれたくないけど顔をかえたいという女性が増え、日本でもそのコルギ美容法が10数年前から入ってきました。

日本では骨にたいする意識が低く、筋肉や肌にたいしての手技が多いためコルギサロンを行ってるとこは少なかったですが、近年その効果が話題となりコルギをとりいれてるサロンも増えました。

顔が大きくなる原因として骨がひろがることがあげられます。アンバランスな筋肉の使い方により、骨はどんどんズレて下に下がりさらには横にひろがっていきます。数ミリ単位の世界とはいえ骨がズレれば見た目も悪くなり、さまざまなトラブルも引き起こします。

そこでコルギ美容法は年齢や癖により広がってしまった骨を本来あるべき場所へ矯正していく美容法です。

コルギの効果的なやり方を体験

最初に筋肉をゆるめていきます

骨にアプローチする前に筋肉をゆるめることで柔軟性がでるそうです。ストレスや考えことが多かったりすると耳の上の側頭筋とよばれるところが硬くなり、少し押されるだけで痛く感じます。ちなみに私はだいぶ痛かったです…

頭皮が硬ければ背中、顔と周辺一体がこっている可能性が高いです。こりがとれればむくみもとれることから私はデコルテまわりのケアもお願いしました。

デコルテのマッサージ

顔の筋肉は使われてるところと使われてない部分があり、日ごろから表情に変化がないとより硬くなるそうです。目の周りの筋肉はかなりこっていたようで涙がでるほど痛かったです。

顔全体の筋肉は目輪筋、口輪筋、顎下骨筋など代表的な筋肉から細かい筋肉まであわせて30種類以上もあります。そのなかで実際使われてる筋肉はおよそ全体の30パーセントといわれています。

さらに表情が乏しい方であれば30パーセント以下となるわけですが、長時間のデスクワークやコミュニケーション不足などにより現代は表情筋をバランスよく使っているひとは少ないです。

筋肉が硬くなれば周辺の血流が悪くなり、どんどん老廃物が蓄積されやすい環境になります。一度老廃物が脂肪細胞とくっついてしまえばとれるのは簡単ではありません。

それに表情がより乏しい人は、しわやくすみといった美容トラブルにもつながるので表情筋をゆるめて損なことはありません。

眉間のシワを気にする女性

プロによりハンド手技でも十分ですが、より効果をだしたい場合はEMSなどによる電磁波で筋肉に働きかけるのもひとつです。EMSは普段使わない、動かせない細部の筋肉にまでアプローチできるため簡単でより効果をだせる方法のひとつです。

コルギ体験

とにかく痛いです。時間もかかりました!深呼吸しながら頭をギューっと押さえて、離したらまたギューっと押さえての繰り返しです。頭の骨は通常なら呼吸とともに広がったり閉じたりを繰り返しているので、施術者と受けてる人があわせて呼吸をするのがポイントなのですが、何度も深呼吸をするので少し疲れます。

途中骨の縫い目の縫合部分を指で押されながら引き上げられるのですが、これは気持ちよかったです。頭がうえにあげられると同時に目がつりあがる感覚が忘れられません。

韓国コルギ

疲れがたまるとハチとよばれるところがでっぱってくるそうです。頭と顔の形は比例するので、ハチがでれば自然と頬骨が横にひろがってきます。とにかくこのハチをけずるのに私は時間がかかりました。

頭の施術が終われば顔にうつります。顔は頭より痛いです。あごの骨、鼻、頬、おでこと細かく修正されました。とくに頬のひろがりが気になっていたのでそこを重点的にやってもらいました。顎の骨はすぐに中にはいるそうで顎のラインははっきりとだしてもらいました。

リンパマッサージ

リンパの流れが全体的に悪い人は左側の鎖骨部分が痛くなるそうです。首の冷えもあり、滞りまくりの私は激痛で、とくに耳下のリンパと脇の下のリンパ、デコルテの下を念入りにほぐしながら流してもらいました。

リンパのエステマッサージ

リンパは流れが血液よりも遅いので、かなり時間をかけてもらいました。

リンパ自体は皮膚のすぐしたにあるため本来なら刺激を与えなくても流れるのですが、私の場合筋肉による疲労もありかなり硬くなってしまっていたので、筋肉を緩めるのと同時にリンパの刺激も行うようにしました。

ちなみに、リンパとは静脈が体の汚れを回収しきれず、あまったものをさらに回収する器官のところです。

老廃物をためないことにこしたことはありませんが、現代社会では冷えやストレス、スマートフォンやパソコンの普及によりそれは非常に困難であります。

なので、脂肪細胞と老廃物が結合しないように日ごろからリンパの流れを促進することが大切になっていきます。

顔のリンパはすべてこめかみから耳の後ろをとおって耳下リンパ、液化リンパと流れていきます。どんなに顔だけアプローチしても滞ったままだ全く意味がありません。まずは顔のリンパをこめかみまで流し、頭をほぐし、首からデコルテにかけてしっかり流すことが重要になっていきます。

とくに現代の人は頭が固くなってリンパ管がとおる道も狭くなっているので、耳をつまんでひろげるマッサージをとりいれるのもひとつです。

コルギのメリットとデメリット

コルギはとにかく痛みが出やすい美容法なので肌がうすい人は確実に赤くなります。なので近日中に予定がある人は避けたほうがいいです。

骨にアプローチすることで即効性がありその日のうちに目に見えて効果があるのが特徴です。1~3回くらいまでは目に見えて効果がわかるのですが、大体コルギはコースになっているので5回目くらいから効果がわからなくなります。そんなに値段も安くないので少し飽きてしまうのがデメリットとして感じます。

ただ続けることで小顔効果だけでなく、肌トラブルも改善されます。血流がよくなるのでくすみやクマ、場合によってはにきびなども改善されます。

体のコルギも同時に行えば血液の生成機能も高まりより新陳代謝もあがって早く効果をだすことができるそうです。

顎周りをすっきりさせるにはデコルテのリンパマッサージが効果的です。これもすぐに目に見えて実感できるのですが、所詮は水分を移動させてるだけなので普段からためないように心がけることが必要です。

また、首やデコルテは自分でも簡単にできるのでわざわざ高い金額を払ってでもやる必要はなく思います。

首、デコルテのセルフマッサージ

表情筋をゆるめる手技については、いろんなサロンでオイルを使って流したりと行ってますが肌摩擦による刺激もあるためあまりお勧めできません。オールハンドで行うよりも機械をあわせて行ったほうが肌の刺激には優しいでしょう。

顔やせの成功のポイント

  1. ストレスをためない
  2. 姿勢を崩しすぎない
  3. リンパマッサージ
  4. プロに矯正してもらう
  5. EMSを使用する

まとめ

どんなにプロにやってもらっても自分自身が普段の生活でしっかりケアしないことには根本改善にはつながりません。矯正も1度やるだけではすぐに戻ります。特に顔は筋肉も薄く、形状記憶を認識してくれるまで時間がかかります。

顔は頭とつながっているため、ストレスや睡眠による影響も高いため疲れがたまることにより骨は下がり横に広がります。そういった骨の動きは蓄積されていき目に見えてわかるころにはかなりの時間がたっているはずです。

脂肪は頑張れば必ず落ちますが、骨の大きさを戻すには時間もお金もかかることを忘れずに毎日のケアをしっかり行えば痛い思いもせず顔の大きさに悩まされることもなくなるはずでしょう。

ページトップへ戻る