Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

更新日:

実録!たかの友梨でダイエット方法【ガチの効果と勧誘の感じを報告】

エステ店の施術室イメージ

※画像はイメージです。実際の店内とは異なります。

大阪府大阪市北区の阪急グランドビルにある、たかの友梨ビューティクリニックでのダイエット体験談です。

TAKANO式キャビテーションというマシンを使ったコースの体験でした。

結果的には大満足です。

私は今までいくつかのエステサロンでダイエットのコース体験をしてきたので、たかの友梨ビューティクリニックのよかったところをご紹介します。

わたしは常に脚と太ももとお尻がパンパンで洋ナシ型の体型が気になっていました。親や彼氏からもプヨプヨとか、ブタさんって呼ばれていました。

塩気が好きなことや運動を全くしなくなってしまったことなどから、年々むくみやセルライトが悪化してしまい、冷えや便秘もひどくなりました。

昔から上半身と下半身の差が気になっていて、このずんぐりむっくりな身体をなんとかしたいと思っていました。

最近は夕方になるとむくみが酷くて脚を出すのが恥ずかしいので毎日ジーパンにTシャツです。昔はスカートやワンピースも履いてたのにな、と悲しくなります。

なんとかしたいと思って決心し、エステの体験に行きました。

もちろん水着や着たい服を着られるようになるのが目標です。

たかの友梨ビューティクリニックは体験料3000円でキャビテーションというマシンをたっぷり50分間当ててくれるということで気軽に行くことができました。

スポンサーリンク

お試し体験コース!実際にいってみました

申し込みはネットが簡単

まずは体験の申し込みをします。申し込みはインターネットもしくは電話で可能です。インターネットだと申し込み日の1週間後が最短の体験日になります。

前日の17時頃に店舗から電話をしてくださっていたのですが、出られなくて17時15分頃にまたかけてきてくださりました。

前日の電話確認では、生理と被っていないか、薬の服用はしているか、日焼けはしていないか、妊娠中ではないか、未成年もしくは学生ではないかの確認をされました。

未成年もしくは学生の場合、体験当日に保護者への電話が入り、許可が出てからの体験になるそうです。

最後に体験日の時間の確認をして、お待ちしていますとのことでした。

必需品は持ち物は忘れずに

体験当日の持ち物についてです。

本人確認のため、身分証が必要です。免許証 or 保険証で大丈夫です。忘れてしまうと体験が受けられなくなってしまうので要注意です。

入店からカウンセリング~辛口で感想いいます

当日はドキドキしながらサロンに向かいました。たかの友梨ビューティクリニック梅田店は、阪急梅田駅から徒歩2.3分の阪急グランドビルにあります。23階です!

エレベーターを降りるとすぐに看板とドアがあったので全く迷いませんでした。ドアを開けると数人のスタッフに挨拶され、名前と予約時間をいうとすぐに個別の部屋に案内してくれました。

スタッフは20~30代くらいの方が多く、みなさん笑顔で対応してくだりました。

個別の部屋に入ると、カウンセリングを先にしますねと案内され、飲み物は何が良いかを聞かれました。私のいったところでは冷たいリンゴ酢、お水、あたたかいごぼう茶から選ぶことができました。

リンゴ酢もごぼう茶も気になるけどごぼう茶をお願いしました。

カウンセリングでは悩みを全部話しました。数年前からむくみが酷くなり、夜になるとむくみで痛みを伴うこおがあるということや、太ももの裏側にセルライトが増えて、お尻や足全体が冷たくなってしまっていること、便秘にも悩まされていることを相談しました。

キャビテーションよりも他に合ったコースがあるかもしれないので、まずはキャビテーションの体験をしてその時に身体の状態を見て他のコースもご案内しますねといってくださりました。

カウンセリングシートには、名前、住所、年齢、気になる点、服用している薬、病気の有無などを書きました。

カウンセリングは15分程度で終わりました。エステサロンによっては30分ほど説明があったりするので、比較的短く感じました。

気になることや不満な点はあまり無いのですが、少々お待ちください。といって部屋を出て行く回数や時間と、個別の部屋なのにドアを閉め忘れることが何度かあり、少し気になってしまいました。その他はとてもよかったです。

施術前の着替えと準備

着替えとロッカールームについてです。ロッカーは4桁の暗証番号を自分で決めて施錠するものでした。

着ているものは全て脱いで、紙ショーツを履き、バスタオルをお風呂上がりのときみたいに巻いてソファでお待ちくださいとのことでした。

紙ショーツは紐パンで少し恥ずかしかったですが、身体のラインを写真に撮るので、見えやすいようにしているそうです。仕方ないですね。

ソファで待っている間は、リンゴ酢、お水、ごぼう茶が置いてあり、施術前にデトックス効果を上げるためたくさん飲んでくださいねと言われました。

実はリンゴ酢も気になっていたので、飲めてよかったです。酢なのでかなり酸っぱいのかなと思っていたんですがすごくおいしいかったです。飲みやすくて買いたくなりました。

スタッフさんがきて、体重計に乗りました。体重計では、体重、体脂肪率、水分量、基礎代謝量などが測れます。

そのあとは、施術をする個室に移動しました。移動する間には、メイクルームやトイレなどがありました。

キュビテーションでの施術!スタッフの感じ良し

ついに施術の時間がきました。

ベッドにうつ伏せになって寝てください。と言われ、寝転んで待っていました。

キャビテーションの機械を用意してジェルを塗り、まずはじめに左のふくらはぎ、その次に左の太もも、その次に右のふくらはぎ、その次に右の太もも、最後にお尻を両方当てていきました。

1箇所あたり10分ほど当ててくださりました。他のエステサロンよりもすごく長く感じました。

また、他のエステサロンでキャビテーションを受けた時は、超音波の音が骨に響いてキンキンとうるさいくらいに音がなっていたのですが、たかの友梨ビューティクリニックのキャビテーションは全く音がなりませんでした。それにはかなり驚きました。

あの音が結構辛いので今回はとてもよかったです。

キャビテーションは痛みも全くなく、あたたかいので、痩身ではなくリラクゼーションなのかな?と思ってしまうほどです。

キャビテーション中に眠ってしまうと効果が減ってしまうので、起きていてくださいと言われました。事前に説明はされていましたが、施術が始まると数分に1回はスタッフさんがお話をしてくれたので、寝ずにすみました。気遣いが素敵ですね。

まるで銭湯のような充実施設

施術後のシャワーと着替えについてです。

施術後はシャワールームに案内されました。全て脱いで入って、出てきたら棚から新しいバスタオルを取って拭いて、ロッカールームで着替えてフロントに戻ってきてくださいと言われました。

他のサロンでも何度かシャワールームに行ったときは簡易式の狭いシャワールームがほとんどでした。ですが、たかの友梨ビューティクリニックはシャワーは3つあり、温泉もあり、サウナもありと、まるで銭湯かのようでした。正直ここが一番驚きました。

気になる施術の効果は?

施術後にもう一度体重を測りました。基礎代謝量が少し増えていて、体重は0.5kg減っていました。

ただ、体重を測る直前にトイレに行ってしまったので、あまり参考にはならないかもしれません。

ふくらはぎも目に見てわかるほどスッキリしました。終わった後はサイズを測ってくれなかったのですが、明らかに減っていたように思いました。

勧誘なしで好感度アップ

施術後のカウンセリングについてです。

たいがいのエステサロンではここで勧誘されます。今までにきつい勧誘もうけてきたので覚悟して席に座りました。

まずは今日の結果や、どのような体質なのか、どこをどれだけ減らせば理想になるのかを教えてくださりました。そのあとにどんなメニューが合っているのかを教えてくださりました。3.4コースの中から選ぶのかなと思っていたら、メニューが多すぎて数える余裕がありませんでした。

勧誘は、コースを紹介してくださったあとに、「ぜひお家でご検討くださいね!」というものだけでした。

「え、それだけでいいの?」とびっくりしてしまいました。

コースだと値段が高くなってしまうのですが、フリーチケットというものがあり、最低5万円から購入できるとのことでした。

フリーチケットは5万円分の金券なので、毎回好きなメニューを選んで受けることができます。それならはじめやすいかもしれませんね。

勧誘され過ぎると通いたくなくなるのですが、今回はすごく通いたくなりました。

今までいったエステサロンの中で一番気に入ってしまいました。体験だけ行ってみるのもオススメです。

ページトップへ戻る